1. トップ
  2. 主人公2人の“過去”を真正面から描く!「dele」心震えるラストへ

主人公2人の“過去”を真正面から描く!「dele」心震えるラストへ

  • 2018.9.13
  • 583 views
いよいよ最終回を残すのみとなった「dele」
(C)テレビ朝日

山田孝之と菅田将暉がバディを組み、デジタル遺品とそれにまつわる人間ドラマをひもとく金曜ナイトドラマ「dele」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が、9月14日(金)に最終回を迎える。

【写真】謎の美女から圭司(山田孝之)に突然のキス&ビンタも話題に!

最終回では、圭司(山田)と祐太郎(菅田)がそれぞれ覚悟を決め、心の奥底に抱え込んできた壮絶な過去に決着を付け、これまでどこかおぼろげだった主人公2人へのフォーカスをぐっと絞り込み、見る者の喜怒哀楽を“総起動”させる物語を展開する。

そんなラストエピソードの脚本を手掛けるのは、シリーズ全体の原案・パイロット脚本を担当しているベストセラー作家・本多孝好氏。

「dele」の生みの親である本多氏は自らが脚本を書いた第1話および第5話でも、圭司&祐太郎の過去に断片的に触れてきたが、全8話の集大成として、2人の過去を真正面から描写する。

麿赤兒と大塚明夫という“ただ者ではない”雰囲気を持つ2人のゲストを迎え、圭司と祐太郎の心をえぐり出す物語をつむぐ。

物語は、祐太郎の妹の不審な死を巡り、入院先の弁護をしていた辰巳仁志(大塚)が死亡するところからスタート。

辰巳が「dele. LIFE」に死後削除を依頼していたファイルには、「祐太郎の無念を晴らす真実」を示唆する音声データが残されていた。

それを機に、あぶり出される祐太郎と圭司の過去。2人の過去には何があったのか、2人が出会うべくして出会った理由とは一体何なのかが明らかになっていく。

また、圭司と祐太郎の拠点である「dele. LIFE」が何者かに襲撃されるなど、かつてない展開が次々と巻き起こる。

そんな中、本作でたびたび大きな話題を呼んできた圭司&祐太郎による息をのむアクションもさく裂する。

圭司が“超絶車いすアクション”を、祐太郎が“2分半におよぶ1カットアクションシーン”を繰り広げ、気迫に満ちたクライマックスを盛り上げる。(ザテレビジョン)

元記事で読む