石原さとみ主演「高嶺の花」最終回、番組最高視聴率11.4%でフィニッシュ!

9月12日に最終回を迎えた「高嶺の花」。石原さとみと峯田和伸の熱演が光った
撮影=神保達也

9月12日に石原さとみ主演の「高嶺の花」(日本テレビ系)が最終回を迎え、視聴率が番組最高の11.4%を獲得し、有終の美を飾った。これまでの最高視聴率は7月11日放送の初回で11.1%、直近となる9月5日放送の第9話は9.9%だった。(全てビデオリサーチ調べ、関東地区)

【写真を見る】涙ながらにスタッフへの感謝の気持ちを述べる石原さとみ

キャストたちの熱演や野島伸司の脚本に注目が!

本作は石原演じる天才華道家で家柄も由緒正しい、まさに“高嶺の花”の月島もも(石原)が主人公の純愛エンターテインメント。

結婚破談で心に傷を負い、芸術家としてもスランプに陥ったももは、とある商店街の自転車店主・風間直人(峯田和伸)と出会い、直人の優しい心に触れ、恋に落ちるストーリー。

脚本は野島伸司が手掛け、孤独に苦しみ傷付く主人公を熱演する石原の姿や、その主人公を大きく包み込む峯田、そして芳根京子、千葉雄大、戸田菜穂、小日向文世ら俳優陣の“怪演”も話題となった本作。

思わぬ伏兵!? 中学生のストイック過ぎる役作りに称賛集まる

最終回は、その驚くほどの勢いで進む展開と、予測不可能な複雑な構成に「どんな結末になるのか」に注目した視聴者が多かったようだ。

ももと直人は別れて永遠に会うことがないかと思われたが、ラストは再会を果たし、ハッピーエンドへ。

また、直人が気に掛けていた元引きこもりの中学生・宗太(舘秀々輝)が日本一周を達成し商店街に戻って来るシーンでは、見事な役作りで“激痩せ”した舘のプロ根性にも称賛の声が集まった。

10話で笑顔連発だった石原さとみ。撮影の感想は…

石原は、クランクアップのあいさつの際、実は第一声で「10話が一番(撮影していて)楽しかった! だってハッピーになったから!」とコメントしていた。(ネタバレ対策でカットしていたため、この記事で初出し)

その言葉の通り、10話はこれまでにないほどももの笑顔が大放出され、石原の美貌に改めてうっとりさせられる1時間となった。

10月10日(水)からは新ドラマがスタート!

10月からは、新垣結衣、松田龍平がW主演を務めるラブストーリー「獣になれない私たち」(10月10日(水)スタート、毎週水曜夜10:00-11:00※初回10分拡大)がスタートする。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。