1. トップ
  2. 夏の終わりに野外で『サマーウォーズ』!好評イベントが今年も開催

夏の終わりに野外で『サマーウォーズ』!好評イベントが今年も開催

  • 2018.9.13
  • 379 views
野外上映で、感動がよみがえる!
[c]2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

【写真を見る】フードやドリンクも充実!毎年大好評の野外シネマはこんな雰囲気

『未来のミライ』が大ヒット上映中の細田守監督の、初の長編オリジナルアニメーション映画『サマーウォーズ』(09)が、東京国立博物館にて9月21日(金)・22日(土)に「博物館で野外シネマ」として上映される。

16年に同館にて『時をかける少女』(06)の野外上映を開催した際には、1回の上映で6500人を超える観客数を記録。博物館の広大な敷地の中でバラエティに富んだ屋台のフードやドリンクを楽しみつつ映画を鑑賞できるということで、毎年大好評となっている本イベント。

会場では、スタジオ地図作品のオフィシャルグッズを取り揃える“スタジオ地図 SHOP”が出張オープンする。このSHOPで2000円以上購入すると博物館で野外シネマ2018限定のトートバッグが各日先着250 名にプレゼントされるそうだ。

また、池袋パルコにて開催中の「未来のミライカフェ」も野外シネマに出張オープン。細田監督作品で重要なモチーフである青空と入道雲を表現した、“あの夏の青空と入道雲ソーダ”や、『サマーウォーズ』をモチーフにしたオリジナルドリンクも販売されるそうで、コラボドリンクを片手に映画を楽しむことができる。

“あの夏の青空と入道雲ソーダ”
KADOKAWA

さらに『サマーウォーズ』のキャラクターが並ぶフォトスポットが本館池前に設置され、映画を観る前に、健二や夏希たちと一緒に写真を撮ることも。他にもサマーウォーズの舞台となった長野県上田市のブースなど、ファンにはたまらない盛りだくさんの内容となっている。

現在は、野外シネマのオリジナルポストカードがついてくる、トーハクオリジナルレジャーシートと入館料のセット券を販売中。夏の終わりの思い出に、野外シネマを楽しんでみてはいかがだろうか。

トーハクオリジナルレジャーシート
KADOKAWA

(Movie Walker・文/編集部)

元記事で読む