1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. ホラー観覧車 『怪談車』大阪・HEP FIVEに出現、地上106m逃げ場のない密室でホラー体験

ホラー観覧車 『怪談車』大阪・HEP FIVEに出現、地上106m逃げ場のない密室でホラー体験

  • 2018.9.13
  • 23090 views

ホラー観覧車 『怪談車』大阪・HEP FIVEに出現、地上106m逃げ場のない密室でホラー体験

大阪・梅田のヘップファイブ(HEP FIVE)は、ハロウィンイベント「史上最恐のHEP FIVE HALLOWEEN」を2018年10月1日(月)から31日(水)まで開催する。

undefined
www.fashion-press.net

地上106m逃げ場のない密室、ホラー観覧車 『怪談車』

目玉となるのは、ハロウィン期間限定のホラー観覧車 『怪談車』だ。地上106メートル、逃げ場のない観覧車の密室を舞台に、恐怖の物語が繰り広げられる。ストーリーは「ひとりぼっち」篇と「呪われた神無月」篇の2種類。それぞれの物語や世界観に合わせて、観覧車の外装・内装に演出を施し、視覚的にも恐怖度をアップさせる。なお、『千と千尋の神隠し』の主演を務めた女優柊瑠美が声優として参加するなど、音の演出もこだわり満載だ。

「ひとりぼっち」篇 ストーリー

主人公は、大阪万博が開催された1970年当時、小学5年生の女の子。両親とふたつ年上の兄の家族4人で、地元福岡から大阪にやってきた、とうれしそうに話すが…。その話は実は、彼女の空想だった…。実際には、事業に失敗した彼女の父は蒸発し、母親は自殺、兄は事故死。ひとりぼっちになってしまった女の子は、親類の家に預けられることとなり、ここ大阪へと連れて来られたのである。しかし、それを嫌がった女の子は迷子になり、そのまま行方不明に。女の子は、いまなお幸せだった福岡時代の思い出の中を彷徨っている。

「呪われた神無月」篇 ストーリー

かつて、10月は神無月と呼ばれていた。八百万の神が出雲大社へ集まり、日本各地から神がいなくなるためである。神無月になった瞬間、ある特定の場所では、異形の者や悪霊が現世へとやってくる。そこは、煩悩渦巻く現世と、深い闇に包まれた異界を結ぶ道。ここHEP FIVEには、その場所がある。それは地上108メートルの場所。唯一の異界へとつながる入り口。この観覧車は、神無月の時だけ、最高到達点が106メートルから108メートルになる。あなたはこの観覧車で、世にも稀な体験をすることになるだろう…

無料ハロウィンメイク体験も

さらに期間中は、無料でハロウィンメイクを楽しめるサービスや、ホラースイーツプレゼントといった企画も用意される。

【詳細】

ハロウィンイベント「史上最恐のHEP FIVE HALLOWEEN」
開催期間:2018年10月1日(月)~31日(水)
会場:大阪・梅田のヘップファイブ(HEP FIVE)
住所:大阪府大阪市北区角田町5-15

■ホラー観覧車 「怪談車」
開催時間:11:00~23:00(最終搭乗 22:45)※10/18は18:00より営業。
場所:HEP FIVE 7F 観覧車乗り場
乗車料金:800円 ※特別乗車料金
定員:4名
■「ホラースイーツプレゼント」
開催日程:10月20日(土)・21日(日)11:00~ ※プレゼントがなくなり次第終了
場所:HEP FIVE 1F・エントランスアトリウム
利用合計1,000円以上のレシート提示で、HEP FIVEオリジナル「もぎ取るくん」 2日間合計444個を先着順プレゼント。
■「ハロウィンメイクサービス」
開催日程:10月27日(土)・28日(日)11:00~20:00 ※最終受付19:30
開催場所:HEP FIVE 1F・エントランスアトリウム
参加費:無料(先着順の時間予約制)
※イベント内容は予告なく変更・中止する場合あり。

元記事を読む