1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 新型アップルウォッチ「シリーズ 4」ディスプレイ大型化、心電図の記録も可能

新型アップルウォッチ「シリーズ 4」ディスプレイ大型化、心電図の記録も可能

  • 2018.9.13
  • 552 views

新型アップルウォッチ「シリーズ 4」ディスプレイ大型化、心電図の記録も可能

アップル(apple)が、日本時間の2018年9月13日(木)に開催した新製品発表会で新型アップルウォッチ「シリーズ 4(Series 4)」を発表した。日本時間で2018年9月14日(金)午前4時01分より注文受付を開始。9月21日(金)より、アップルストア、一部のキャリア、製品取扱販売店の店頭に並ぶ。

undefined
www.fashion-press.net

バージョンアップしたデザイン&新機能

ディスプレイ

ディスプレイサイズは40mmと44mmの2サイズ。シリーズ3から約30%以上巨大化。ウォッチフェイスのインターフェースカスタマイズが可能。旅行やフィットネスなど、シチュエーションに合わせて最適な情報を表示出来るように。

スピーカー

スピーカーの音量を50%増加。マイクは逆側に配置してよりクリアに通話が可能に。

新型S4チップ搭載

64bitのデュアルコア、新型S4チップ搭載。これまでと比べて2倍のパフォーマンスを発揮可能に。

革新的な健康機能を搭載

また新型アップルウォッチの大きな特長となるのは、革新的な健康機能だ。日々のヘルス管理からアクティビティ、緊急時の対応まで、幅広く対処することが出来る。

新型ジャイロセンサー

強い衝撃などを検出した際には、自動で緊急通話の提案。運動時にはより正確なデータを収集・記録する。

心拍数、心電図の計測が可能に

心拍数の計測に加え、心電図機能を初搭載。データを蓄積してグラフ化、健康状態の管理や医者との共有に。

ヨガやハイキングに特化した「フィットネス」新機能

フィットネス機能では、ヨガとハイキングに特化した新機能を追加。燃焼したアクティブカロリーと、運動時間を正確に追跡する。またランナー向けの機能では、測定時間が6時間まで強化された為、屋外のアクティビティをより楽しむことが可能に。

ナイキ、エルメスモデルも継続

ナイキ(NIKE)とエルメス(HERMÈS)のモデルも新デザインとなって登場。ナイキは、文字盤にマッチするピュアプラチナムとブラックのスポーツバンドを採用。反射する糸を使用したサミットホワイトスポーツループがアクセントとなる仕上がりだ。

一方エルメスには、エレガントなカラーブロックバンドのコレクションと、分針の通過と共に色が変わる専用の文字盤が新たに追加された。

【詳細】
新型アップルウォッチ「シリーズ 4(Series 4)」
予約受付日時:2018年9月14日(金)16:01~※日本時間
※au、DOCOMOでは、アップルウォッチ各社取扱店舗及び各社公式オンラインショップにて予約受付
※SoftBankでは、同社のアップルウォッチ取扱店にて予約受付
販売日:9月21日(金)
価格:GPSモデル 45,800円~/GPS + Cellularモデル 56,800円~

【問い合わせ先】
アップル
TEL:0120-993-993

元記事で読む