1. トップ
  2. 全然“ブレークダウン”できない!? NEWS全員出演で話題のドラマが第1位に【視聴熱ウィークリーTOP3】

全然“ブレークダウン”できない!? NEWS全員出演で話題のドラマが第1位に【視聴熱ウィークリーTOP3】

  • 2018.9.10
  • 254 views
9月3日~9日の「視聴熱」ドラマ ウィークリーランキングTOP3
KADOKAWA

Webサイト「ザテレビジョン」では、9月3日~9日の「視聴熱(※)」ドラマ ウィークリーランキングを発表した。

【写真を見る】“待ってました!”とばかりに小山慶一郎の登場が話題に

1位「ゼロ 一獲千金ゲーム」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系) 64882pt

9月9日に、最終回の手前である第9話が放送された。ついに勝者の条件である四つ目のリングを標(佐藤龍我)が獲得。あと一つが目前だった零(加藤シゲアキ)はがくぜんとするが、在全(梅沢富美男)の思い付きで20分の延長が全員に与えられる。なんとか決勝戦に進出した零は、標との一対一の心理戦「ブレークダウン」に挑む。

零は標が勝者となって1000億円を手にした後に企てている計画に仰天。それを阻止するために全力でゲームに挑み、零が勝利した。そんな中、在全が倒れ、グループの全権が零に渡ってしまうのを恐れた峰子(小池栄子)が、最後の対戦相手に名乗り出る。そのラストには、行方不明になっていた零の友人・ミツル(小山慶一郎)の姿が。

NEWSメンバーの友情出演として、増田貴久、手越祐也に続いて、ついに小山が登場。零の過去に関連し、命運を握る重要な役どころとなっており、次回16日(日)の最終回に期待が高まっている。

2位「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)39156pt

9月4日に放送された第134話では、鈴愛(永野芽郁)が娘の花野(山崎莉里那)を連れて律(佐藤健)の家を訪れた。2年ぶりに再会した鈴愛と律は近況を語り合う。

鈴愛は就職して間もなく津曲(有田哲平)の会社が倒産し、その後に発明した商品を律に紹介する。その中に登場した“鏡よ鏡”は、自分の顔を映すとイケメンの声で「きれいだね~」と言ってくれるというもので、声の担当が人気声優・小野大輔だったことにファンから驚きと喜びの声が上がった。

さらに、同日に放送された「うたコン」(毎週火曜夜7:30-8:15)にも注目が集まった。「“半分、青い。”と昭和歌謡!“朝ドラ”名曲SP」と題し、永野と主題歌を担当する星野源が共演。星野が主題歌「アイデア」を歌唱している時には、涙を流す永野の姿に視聴者から「もらい泣きした」との感想も。

そして、翌日9月5日には第135話で鈴愛の母・晴(松雪泰子)の病気が明らかになり、心配する声が上がった。

3位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)21718pt

2018年4~6月に放送された田中圭主演ドラマが、根強くランクイン。“おっさん”同士の恋愛を描き、放送終了後も視聴熱ランキングで上位を獲得し続けるなど、大反響となった。

初の展覧会「おっさんずラブ展~君に会えてよかった。~」が東京・GALLERY X BY PARCOで9月6日よりスタート。即日完売となったプラチナチケットを手に入れたファンが、撮影で使用された小道具、名シーンの場面写真展示など、ドラマの世界観を楽しんだ。ドラマの公式Twitterには「チケットが取れなかった皆様、本当にごめんなさい お詫びにちょっこし内部の様子をお届け」と写真が公開された。

同展覧会は地方巡回の要望も殺到したことから、10月6日(土)~21日(日)に大阪・hmv museum心斎橋、10月26日(金)~11月11日(日)に名古屋・パルコギャラリーでの開催が決定している。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事で読む