1. トップ
  2. レシピ
  3. 【10分でできる「美腸スープ」レシピ】美肌、冷え予防、疲労回復etc.に効果あり!

【10分でできる「美腸スープ」レシピ】美肌、冷え予防、疲労回復etc.に効果あり!

  • 2018.9.7
  • 17079 views

夏バテで腸がお疲れ気味の人におすすめ!「MAQUIA」10月号では、野菜ソムリエプロのAtsushiさんが提案する「美腸スープ」をご紹介。水溶性食物繊維がたっぷり摂れる海藻スープのレシピをお届けします。

スーパー食材1

水溶性食物繊維がたっぷり摂れる
海藻を使ったスープ


Atsushi's Point

「水溶性食物繊維が多い海藻に不溶性食物繊維を含む食材も加えれば効果アップ。ミキサーで粉砕して加えると消化もスムーズに」

クエン酸やにんにくの硫化アリルで疲労回復

わかめとツナのスープ


材料(1人分)

乾燥わかめ 大さじ2(5g)

ツナ缶(ノンオイル) 1缶

すりごま 大さじ1

ごま油 小さじ1

ねぎ 好みの量

水 250mℓ


A

鶏ガラスープの素 小さじ2

酢 大さじ2
酒 小さじ2

しょうが(すりおろし) 小さじ1

にんにく(すりおろし) 小さじ1


作り方

1鍋で水を沸かし、わかめ、ツナを入れる。2Aをすべて加え味を調えたら、最後にすりごま、細切りにした長ねぎ、ごま油を加える。


美腸食材ーわかめ

水溶性食物繊維が多いわかめのほか、整腸作用があるマグネシウムが多いごまも使用。

梅干しをプラスして夏バテ撃退

ひじきとれんこんのスープ


材料(1人分)

乾燥ひじき 大さじ2(4g)

れんこん 中1個(150g)

梅干し 2個

水 250mℓ

万能ねぎ 少々


A

鶏ガラスープの素 小さじ1.5

酢 大さじ1

酒 大さじ1

塩 適宜


作り方

1ひじきは洗ってから水(分量外)で戻しておく。2れんこん、種を取った梅干し、水をミキサーにかけて細かくする。3 2を鍋に移し温め、Aを入れて味を調える。最後に小口切りにしたねぎをのせる。


美腸食材ーひじき

ひじきのほか不溶性食物繊維が多いれんこんも。消化をよくするためミキサーで粉砕。

コラーゲンやビタミンCで美肌効果も

刻み昆布と鶏肉のスープ


材料(1人分)

乾燥刻み昆布 5g

ごま油 小さじ1

しょうが(せん切り) 大さじ1

鶏骨付き肉 80g

ごぼう 1/2本(50g)

水 300mℓ

鶏ガラスープの素 小さじ1

ナンプラー 大さじ1

酒 小さじ2

レモン 1/4個

万能ねぎ 少々 

作り方

1刻み昆布は水で洗っておく。2鍋にごま油を熱し、しょうがを炒め、鶏肉、細切りにしたごぼうを加えさらに炒める。3水を加え、1も加える。4ひと煮立ちしたら、鶏ガラスープの素、ナンプラー、酒を加え味を調える。5最後にいちょう切りにしたレモンを加え、みじん切りにしたねぎを添える。


美腸食材ー刻み昆布

刻み昆布に不溶性食物繊維が多いごぼうも使用。コラーゲンを含む鶏肉と、その吸収を高めるビタミンCが多いレモンも。

しょうがの効果で夏冷えも予防

のりと大根のスープ


材料(1人分)

大根 6〜7cm(180g)

しょうが(すりおろし) 小さじ1

干しエビ 大さじ1

水 250mℓ

昆布だし(顆粒) 8g

塩 適宜

乾燥のり 2枚(6g)


作り方

1大根、しょうが、干しエビ、水をミキサーにかけて細かくする。2 1を鍋に移し温め、昆布だし、塩を加え、最後にのりをちぎって加える。


美腸食材ーのり

のりのほか不溶性食物繊維を含む大根、整腸作用があるマグネシウムが多い干しエビも。


MAQUIA10月号

撮影/sono〈bean〉 スタイリスト&料理アシスタント/竹中紘子 料理製作/Atsushi(@atsushi_416) 取材・文/和田美穂 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

元記事で読む