1. トップ
  2. ダイエット
  3. 残業を長引かせないために!全身をリセットするプチヨガ

残業を長引かせないために!全身をリセットするプチヨガ

  • 2018.9.6
  • 951 views
undefined
Cover image by Getty Images

一回頭をリセットしよう!

疲れてくると、仕事の効率もダウンしますよね。ちょっと息抜きにSNSをのぞいてみても、頭や目は使いっぱなし。質のいい休憩にはなりません。これからもう少し気合いを入れ直して残業を頑張るぞ!という時には、パソコンを再起動するように、いったん全部オフしてリセットしましょう!5分でできるオフィスヨガは、3つのポイントをおさえればOK!

1.下から上にストレッチする

1日中座りっぱなしでだと、足がむくむのはもちろんですが、エネルギーも下に溜まりがちです。そんな時は下から上に向かって順番にストレッチしていきましょう!

まず、足から。靴を脱いで、足先を窮屈から解放しましょう。つま先でじゃんけんをするように、グーチョキパーをつくります。次に足首を回したり振ったりして、緩めましょう。ふくらはぎは、アキレス腱を伸ばすストレッチや、立ったままつま先を天井に向けるだけでもOK。股関節周り〜お腹周りは、腰を回したり、戦士のポーズⅠで、足の付け根を伸ばします。次に肩周り〜首と、自分の知っているストレッチやヨガのポーズを使って、下から上に向かって順番に動かしていきましょう。

2.目の疲れをとる

長時間のパソコン作業で駆使する目は、こまめにケアすることで視力低下の予防にもなります。まずは、ぎゅ~っと目をつぶって顔全体を中心に寄せて、3秒キープします。吐く息と同時に顔の力と完全に脱力(この時も目をつぶったままです)。それを3〜5回繰り返します。そのあと、軽く目をつぶって、目の周りを押したり、ピアノを弾くようにタップしたりします。目の周りにはたくさんツボもありますから、自分が心地よく感じるように圧をかけましょう。

3.頭を完全にリセットする

まだまだ重い仕事が残っている…という時は、リラックスし過ぎても頭が働かず、効率が落ちてしまいます。シャキッとさせるには、頭にちょっと刺激を入れましょう。立ち上がり、足を肩幅に開きます。足の付け根から前屈して、手の力も抜いて脱力しましょう。脚の裏側がキツイという人は、手を太ももや膝に添えてもOK。目をつぶって、呼吸を繰り返しながら、そのままホールドします。だんだんと頭に血が上ってきますが、もう少し我慢。目にも圧がかかってきて、血が顔全体にのぼってきた感じがしてきたら、膝を曲げてゆっくりとしゃがんで脱力しましょう。目を閉じたまま顔を正面に戻して、頭から全身に血の巡りが戻っていくのを感じます。ゆっくりと立ち上がって目を開くと、ポーズをする前より目の前が少し明るく感じるでしょう。貧血気味という人は、椅子に座ったままの前屈でも十分効果を感じらます。

たった5分で、全身のメンテナンスが完了!あとは早く仕事を片付けて、早く帰って早く寝れたら1番ですね。ヨガでもストレッチでも、伸ばしたいところを伸ばしたり、心地よいことをするだけでOK。プチヨガをするだけで、グッと仕事の効率がアップするばす!

オリジナルサイトで読む