1. トップ
  2. “壁ドン”再び⁉新生「LDK」、今度は上白石萌音&杉野遥亮&横浜流星が三角関係に!

“壁ドン”再び⁉新生「LDK」、今度は上白石萌音&杉野遥亮&横浜流星が三角関係に!

  • 2018.9.6
  • 938 views
上白石萌音&杉野遥亮&横浜流星で映画「LDK」公開!
(C)「2019 L・DK」製作委員会

社会現象にもなった映画「LDK」(2014年)が、新キャストとともに帰ってくる――。

【写真を見る】杉野遥亮or横浜流星の壁ドン2連発!どちらがお好み⁉

映画「LDK 一つ屋根の下、『スキ』がふたつ。」(※正しくはLとDの間にハートマーク)が2019年3月21日に公開される。恋愛映画初挑戦の上白石萌音が、杉野遥亮&横浜流星というイケメン2人と同居。キスあり、バックハグあり、壁ドンありのドキドキ三角関係を展開する!!

葵&柊聖のラブ同居に玲苑が乱入⁉

映画「LDK」は、渡辺あゆによる人気コミックが原作。2014年に実写映画化され、劇中で柊聖役・山崎賢人が見せた“壁ドン”がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるなど、社会的な現象を巻き起こした。

今回描かれるのは、原作の中でも絶大な人気を誇る「玲苑編」。西森葵(にしもり・あおい)を上白石が、葵の恋人・久我山柊聖(くがやま・しゅうせい)を杉野が、柊聖のいとこ・久我山玲苑(くがやま・れおん)役を横浜が務める。

高校3年生の葵には、学校のみんなには言えないある秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖とナイショで付き合って、さらには同居をしていること!

そこにはこんないきさつが…。葵が柊聖の家で起こしたボヤ騒ぎで部屋をダメにしてしまい、柊聖はなんと葵の家で暮らすことに。最初はからかったり、ちょっかいばかりかけてくる“嫌なやつ”と思っていたけど、いつのまにか2人は惹かれあい、ついには付き合うことに!

恋人同士となり、みんなにはナイショでふたりきりのラブ同居をはじめた葵と柊聖。そんな中、突然アメリカからやってきた玲苑に秘密を知られてしまい、2人は大ピンチ!まさかの3人同居がスタートする――。

身長差33㎝⁉注目のキャスト陣

山崎をスターダムにのし上げるきっかけを作った前作に続き、今回も注目のキャスト陣が顔をそろえた。

大ヒットアニメーション映画「君の名は。」(2016年)の主人公・三葉の声で一躍注目を集めた上白石は、映画「ちはやふる」(2016年ほか)、ドラマ「陸王」(2017年、TBS系)など数多くの話題作に出演する実力派若手女優。

恋人・柊聖役の杉野は、デビュー2 年目にして映画「キセキ‐あの日のソビト‐」(2017年)をはじめ話題作に立て続けに出演。2015 年「第 12 回FINEBOYS専属モデルオーディション」でグランプリを受賞し、その抜群のスタイルと透明感で、ViVi「国宝級イケメンランキング」では2017 年下半期NEXT部門で堂々の1位に輝いた注目株だ。

上白石との身長差33㎝カップルが見せる“壁ドン”にも注目が集まる。

そして、柊聖のいとこ・玲苑を演じるのが横浜だ。主演映画「愛唄‐約束のナクヒト‐」(2019年1月25日公開)など俳優業も順調の横浜は、アーティストとしての一面も持つ。映画「キセキ‐あの日のソビト‐」で杉野とともに“グリーンボーイズ”としてCDデビューも果たし、今夏には満を持してソロでアーティストデビュー。10 月10 日には「今日もいい天気feat.Rover(ベリーグッドマン)/未完成」CD 発売も決定するなど、映画・ドラマ・舞台そして音楽などその活躍の幅を大きく広げている。杉野同様、今作では“壁ドン”に初挑戦!

「LDK」といえば、やっぱり“壁ドン”!。それぞれ今作で“初壁ドン”を経験したという上白石&杉野&横浜からコメントが届いている。

上白石は、「クランクインが杉野さんに壁ドンをされるシーンだったのですが、2人の息があっていないと壁ドンは綺麗に決まらなくて…廊下の隅の方で、タイミングや角度を何度も練習しているのはシュールだったと思います(笑)。しかも実際にされると思ったより顔が近くて心臓が止まりそうで、1シーン目から恋愛映画の洗礼を受けました」と撮影を回想。

杉野は「壁ドンのシーンでは、手の位置や角度、魅せ方を試行錯誤しました。そして上白石さんとは初共演でしたが、既に付き合っているという距離感から始まるので、その関係性を表現していくのが難しかったです」と、柊聖を演じた当時の心境も明かす。

そして横浜は、「大人気少女漫画映画の続編に参加できることにプレッシャーも感じましたが、とても嬉しく、ついに僕も壁ドンをやる日が来たんだなと思いました(笑)。初めての壁ドンだったので不思議な感覚でしたが、監督と相談しながら、原作に忠実に、かっこ良い壁ドンになったと思います」と感想を語る。

女子のあこがれが詰まった本作が再び社会現象を巻き起こすか!?旬なキャストによる新生“LDK”に注目!(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む