1. トップ
  2. おでかけ
  3. ハリウッドの裏側にある駆け引きや不条理を描く舞台。

ハリウッドの裏側にある駆け引きや不条理を描く舞台。

  • 2018.9.5
  • 1398 views

ハリウッドの裏側を暴く、怒涛の人間ドラマ。

『サメと泳ぐ』

田中哲司(中央)、田中圭(左)、野波麻帆(右)が出演。生の舞台ならではの、テンションの高い掛け合いが堪能できそう。千葉哲也も映画会社会長役で登場する。

自身の体験やハリウッドの実話をもとにジョージ・ホアンが脚本・監督、ケヴィン・スペイシー主演で作られた1994年のハリウッド映画『ザ・プロデューサー』。これを舞台化し、ウエストエンドで話題を呼んだ戯曲が日本で初演される。演出を手がけるのは千葉哲也。キャストも充実の期待作だ。

凄腕だが暴君として恐れられる大物映画プロデューサー、バディ。新しく彼のアシスタントとなった脚本家志望のガイ。自身の企画を売り込むべく、野心に燃えるフリープロデューサーのドーン。3人を軸に、欲望と欲望がぶつかり合う、何とも壮絶なドラマが繰り広げられる。夢を生み出すエンターテインメント業界の裏側にある、駆け引き、不条理、絶望──。実力派の田中哲司が見せるバディの怪物ぶりが見ものだ。TVドラマなどで人気沸騰中の田中圭がガイを、彼と恋人となるドーンを野波麻帆が演じる。

『サメと泳ぐ』世田谷パブリックシアター(東京・三軒茶屋)日程:上演中〜9/9全席指定 ¥8,800、U-25シート¥4,800●問い合わせ先:サンライズプロモーション東京tel:0570-00-3337※9/11宮城、9/14〜17兵庫、9/20、21福岡、9/28愛媛、10/4広島にて公演あり。www.ktv.jp/event/sharks

*「フィガロジャポン」2018年10月号より抜粋

元記事で読む