1. トップ
  2. グルメ
  3. 京都・高瀬川の流れを目の前に、自家焙煎コーヒーとスイーツを楽しむ「喫茶 上る」

京都・高瀬川の流れを目の前に、自家焙煎コーヒーとスイーツを楽しむ「喫茶 上る」

  • 2015.3.2
  • 1202 views

古い町並みが続く、西木屋町通りにある「喫茶 上る」は、築約60年の古民家を改装した喫茶店です。22時半まで営業しているので、観光や夕食の後ふらりと訪れれば、をまた違った京都の夜を楽しむことができそうです。

窓の外に広がる穏やかな景色に癒されます

阪急河原町駅2番出口から南へ5分ほど歩いたところに、「喫茶 上る」はあります。古民家のよさを生かしつつ、ほぼすべてをセルフリノベーションした、ほっこりと落ち着きのある空間が魅力です。窓際の席は、すぐ目の前に高瀬川が流れていて、鴨や鷺などの野鳥を見かけることもあるほど、のどかな眺めを楽しむことができます。

芳醇な香りのコーヒーとスイーツ

こちらのおすすめは、コロンビア産など3種の有機豆を自家焙煎する「コーヒー」(500円)。オーダー後に豆を挽いてペーパードリップした、ブラックでもすっきりといただける1杯です。濃厚なバニラが香る「パリパリキャラメリゼのプリン」(400円)といった手作りスイーツが人気で、夕方からのお茶の時間を盛り上げます。

春には窓いっぱいに桜の花が咲き誇ります

2階の席へ上がると、窓一面に木屋町通りの桜並木が広がる和室があります。桜のシーズンには、目線と同じ高さで花を愛でることができる特等席です。2階席は現在準備中ですが、今年の開花時期に合わせてオープンする予定です。

趣ある界隈にたたずむ喫茶店で、高瀬川の静かな流れを眺めながら、のんびりとしたひとときを過ごしてはいかがでしょうか。