1. トップ
  2. 名優対決から相思相愛に!?イッセー尾形「早く國村隼さんに会いたかった…」

名優対決から相思相愛に!?イッセー尾形「早く國村隼さんに会いたかった…」

  • 2018.9.4
  • 901 views
写真撮影時も2人で雑談をしていた國村隼(左)とイッセー尾形(右)
KADOKAWA

9月8日(土)に放送される「NHKスペシャル 未解決事件 File.07『警察庁長官狙撃事件 ドラマ 容疑者Nと刑事の15年』」(夜9:00-10:30、NHK総合)の試写会が行われ、國村隼とイッセー尾形らが登壇した。

【写真を見る】緊迫の取り調べシーンの裏でイッセー尾形が思っていたこととは?

同番組は、社会に大きな影響を与えた事件を検証し、事件の教訓を問うシリーズの第7弾。今回は1995年に起こった「警察庁長官狙撃事件」を2日に放送されたドキュメンタリーと、実録ドラマで描く。

ドラマで描かれるのは、刑事と容疑者の奇妙な関係

「地下鉄サリン事件」のわずか10日後に起こった「警察庁長官狙撃事件」。警視庁は、この事件がオウム真理教によるテロとして総力を挙げて捜査を行うも、難航する。

ところが、刑事の原雄一(國村)は、別の事件で服役中の中村泰(イッセー尾形)という70歳を超える老人が長官狙撃に関わった可能性があるとして取り調べていた。

今作の基になったのは、服役中の中村本人とNHKがやり取りした50通の書簡だったという。

制作統括の中村直文氏は、「2011年からこの番組を担当しておりますが、同年に中村からの手紙が送られてきました。獄中で“未解決事件”シリーズについて聞きつけた中村が、我々に『ぜひ、この事件を取り扱ってほしい』と送ってきたことが、この作品の制作のきっかけになっています」と明かす。

演出・脚本を務めた黒崎博氏は、國村とイッセー尾形の起用について「この作品が、『刑事と犯人』『いい人と悪い人』として描かれるものだったら、きっと僕は國村さんとイッセー尾形さんというキャスティングをしていなかったと思います。

2人が刑事と容疑者という関係を通り越して不思議な協力関係を築いていくような、ある種気持ちの悪いような構図の中で、現実と虚構の間を行ったり来たりする不思議な話を描きたいと思った時に、この2人にお願いしたいと確信を持ちました」と語る。

國村隼「イッセー尾形さんとのお芝居がまぁ~楽しかった」

國村は「この番組は、単なるドラマという枠には留まらず、報道局とドラマ制作がコラボレーションして作り上げているんですよね。それができるのはNHKだけではないかと思います」と感心。

さらに、イッセー尾形との共演について「イッセー尾形さんとのお芝居がまぁ~楽しかったです。イッセー尾形さんがどんどん中村に見えてきて、『こいつは何を考えているんだろう?』って考えながらドキドキできました。それと同時に原さんという人間が僕の中にも立ち上がってくるような感覚がありました」と感激した様子。

そして「このドラマは私にとっては得るものがたくさんあって、何ものにも代えがたい経験になりました」とコメントした。

イッセー尾形も「國村さんはすべてを受け止めてくれる大きな存在でした」と絶賛。

2人の関係については「國村さんは例えると航空母艦だなと思うんです。僕は中村として、航空母艦から飛び立って攻撃をするんですけど、結局そこに帰還するという、不思議な関係です。僕が一人のシーンでは、すごく孤独で、本当に早く戻って國村さんに会いたくて、恋しかったです(笑)。そんな気持ちが中村にもあったかもしれないですね」と強い信頼感を表現した。(ザテレビジョン)

元記事で読む