1. トップ
  2. インテリア
  3. 今までのインテリアをちょい足しでアレンジ☆簡単ちょい足し術をマスターしよう!

今までのインテリアをちょい足しでアレンジ☆簡単ちょい足し術をマスターしよう!

  • 2018.9.3
  • 21047 views

なんだか地味、つまらない、飽きてしまった…思い当たるアイテムがおうちにありませんか?

そんな時は「ちょい足し」をすることで、今までとは違った印象を楽しむことができるようになります。

ここではそんなちょい足しで表情が変わるアイディアをご紹介します。

飽きてしまったインテリアにちょい足しアレンジをしよう!

身近なアイテムでちょい足しをして

keiko Satoさん(@asasa0509)がシェアした投稿 -

なんでもないインテリアにプラスアルファを足すことで、ずいぶんと違ったイメージになるものです。

シンプルすぎる家具や、いまいちパッとしないキッチンも100均やホームセンターで手に入るちょい足しアイテムを使えば、一気にイメージを変えることができますよ♪

引き出しは取っ手部分を変えると大きく変化

☻‎nonchan☻‎さん(@nonono9128)がシェアした投稿 -

引き出しは、どんなおうちにも何かしらの形でありますよね。

その取っ手部分を変えることで、イメージをガラリとチェンジすることができます。

人気なのは、こんな風にネームタグ調のラベルを使用することですが、アンティークやガラス取っ手などでも可愛くなりますよ♪

ERIさん(@eririichi)がシェアした投稿 -

こちらのように、よくあるアイアンかごに木板のプレートを貼り付けるのも面白いですね。

どこにでもある普通のアイアンかごが、たったこれだけでオリジナリティ溢れるものになります。

SACHI-AREさん(@sachi.r2)がシェアした投稿 -

こちらは、ニトリや100均で買ったかごを棚に並べていたそうですが、表面だけに木板と取っ手を取り付けて見た目を大幅チェンジ!

高さがバラバラだったかごも、これですっきりと揃えることができます。

いつものグリーンも飾り方を変えて

yriiiiik815さん(@yriiiiik815)がシェアした投稿 -

いつもただ飾ってあるだけのグリーンも、たまには吊るして楽しんでみてはいかがでしょうか?

セリアに売っているランタンに詰め替え、同じイメージのブラケットに吊るすことで、カジュアルなフェイクグリーンもクラシックなイメージになります。

並べて置いていたものも用途を変えてみよう

あいさん(@and_a_plus)がシェアした投稿 -

何かと便利なファブリックかごも、鎖で天井から吊るすことで、ユニークで楽しいインテリアに変身しますよ♪

ガラス製品にはガラスフィルムがオススメ

ちくわさん(@chikuwa15)がシェアした投稿 -

窓やドア、棚扉などでガラス板が使われているお部屋には、ぜひガラスフィルムを試してみてください♪

いつものお日様の光やガラス板から覗く景色が、ずっと違ったものになりますよ。

ただの瓶じゃつまらない!もっと素敵なワンポイントを

ERIさん(@eririichi)がシェアした投稿 -

ただ飾っておくだけでも可愛いガラス瓶ですが、ずっとそのままだと飽きてしまいますよね。

そんな時は、ラベルやステッカーをプラスするのがオススメです。

調味料などを入れておく場合、ラベルを貼ることでカフェ風キッチンにも近づけます。

麻紐でぐるぐると巻いてみるのも可愛いですよね♪

そのまま飾っておいてもいいですが、麻紐の巻かれた瓶にぎっしりのドライフラワー、ビー玉なんかを入れて楽しんでみるのも素敵です。

収納扉部分にはシート・ステッカーでイメチェン

yriiiiik815さん(@yriiiiik815)がシェアした投稿 -

収納扉など扉部分はリメイクシートをプラスすることでガラリとイメージが変わります。

画像は、ブラックボードシートとラベルを貼ったカジュアルな壁掛けの小物ケースです。

リメイクシートの良いところは、飽きたら手軽に変えられるところですよね♪

ERIさん(@eririichi)がシェアした投稿 -

キッチン扉はキッチンの印象を決める要です。

木目のキッチン扉を再オーダーすることはできなくても、リメイクシートで木材調のキッチンを楽しむことができます。

さらにウォールステッカーを足して、お店のように可愛らしいキッチンに♪

塗装をして遊んでみるのも◎

yriiiiik815さん(@yriiiiik815)がシェアした投稿 -

単純に色を塗り替えてみるというのも、ちょい足しアレンジとしては賢いアイディアです。

白やベージュ、ブラウンなどが多い有孔ボードですが、もっと派手なカラーで楽しんでみませんか?

キレイな色の有孔ボードは、飾るものまで今までとは違う表情にしてくれそうです♪

シャビー加工をちょい足し

シャビー加工といえば塗装というイメージがありますが、やすりで削るだけでもできます。

今までのインテリア塗装を削ってみたり、もしくは好きな色を塗り直したあとに削って自分だけのクラシカルアイテムを作ってみるのも素敵ですね♪

小さなケースは木材をプラス

こちらは小さなプラスチックのケースだったのですが、木材と取っ手をプラスして全く別のアイテムに仕上げています。

しかもこちら、ほぼ100均の材料だけでできるそうですよ!

透明ケースは確かにそれだけでも可愛いですが、ちょい足しすることでヴィンテージショップで購入したような、アンティークボックスに変身するのは嬉しいですね♪

ステンシルがあると何かと便利!

Happiness+さん(@minimal._.white)がシェアした投稿 -

貼ったり削ったりとなんだか面倒くさそう…という方は、とりあえずステンシルを覚えておくのがおすすめです。

とても簡単に、アイテムを垢抜けさせることができます!

画像のようなシンプルなケースも、ワンポイントをつけることでデザイン性と機能性が揃います♪

まとめ

いつものインテリアに飽きたなら、ちょい足しイメチェンが一番簡単で確実な方法です!

まずは身近なものから、100均のアイテムを使うなどして始めてみてくださいね。

自分だけのインテリアを作って楽しみましょう☆

元記事で読む