1. トップ
  2. 広瀬アリス、初のキャリアウーマン役に「せりふが過去一番難しい」

広瀬アリス、初のキャリアウーマン役に「せりふが過去一番難しい」

  • 2018.9.3
  • 2961 views
「ハラスメントゲーム」でヒロインを演じる広瀬アリス
(C)テレビ東京

10月15日(月)からテレビ東京系ほかで放送される「テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』」(毎週月曜夜10:00-10:54ほか)に広瀬アリスの出演が決定した。

【写真を見る】脚本家・井上由美子は「ハラスメントゲーム」にて待望の小説家デビューとなる

同ドラマは、主演の唐沢寿明がスーパー業界大手老舗会社の“コンプライアンス室”の室長・秋津を演じ、社内のハラスメント問題を解決していく姿を描く。

広瀬が演じるヒロイン・高村真琴は、秋津と二人しかいないコンプライアンス室に所属しており、自分の意見を持っていて、物おじせずに上司にも意見をすることができる、芯のある女性だ。

変わり者の秋津の言動に対してもツッコミを入れるしっかり者だが、その反面、自分のことになると無頓着な一面も持っているという役どころ。そんな唐沢と広瀬のやりとりに注目だ。

広瀬アリスコメント

――広瀬さんが演じる真琴はどんな役柄ですか?

台本を読み始めたころは、すごく無機質な女の子だなと感じていました。でも、監督といろいろ話をする中で、仕事が好きでビシバシ物事を言うけれど、自分の働く(マルオー)スーパーをとても愛しているということを聞き、無機質とまではいかないんだなと。

言いたいことをちゃんと言うところや、意思をしっかり持っているところはわりと自分と似ているのかなと思います。

――役作りで気を付けていることはありますか?

真琴は、せりふではある意味過去一番難しいかなと思います。難しい専門用語をたくさん並べ、業務的な言葉遣いでかなり早口で話すことが多く、これまでそういう役はなかったので、楽しみでもあり、もっともっと今よりも頑張らなきゃと。

これだけバリバリのキャリアウーマンを演じるのは初めてで、パンツスーツやストレートの髪型でのお仕事もほぼなかったので、かっこよくジャケットを着こなせるよう、すっと背筋が伸びます。また、今までにない役柄への挑戦になると思っています。

――本作のテーマはコンプライアンスですがいかがですか?

最近コンプライアンスは本当に頻繁に聞く言葉ですね。厳しい世の中になってきているのでタイムリーな作品になるのではないかと思います。ハラスメントやコンプライアンスという言葉は分かるのですが、大まかな知識しかありませんでしたので、今回のドラマを通して勉強できたらいいなと思いますし、みなさんにも知っていただければうれしいなと思います。

コンプライアンスと聞くと堅苦しいドラマだと思われるかもしれませんが、唐沢さん演じる秋津がすごくユーモアのあるキャラクターなので、そうはならないんじゃないでしょうか。

――見どころを教えてください。

人間らしいシーンがすごく多い作品なので、そこを楽しんでいただけたらなと。そして、色んなキャラクターの方たちが出てくるので、そこを楽しみつつ、私は20代のフレッシュな感じを出していきたいと思います(笑)。(ザテレビジョン)

元記事を読む