1. トップ
  2. 米倉涼子の元カレ!?役に向井理! 勝村政信との掛け合いも再来

米倉涼子の元カレ!?役に向井理! 勝村政信との掛け合いも再来

  • 2018.9.3
  • 515 views
米倉涼子主演の新ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」に豪華共演陣が集結
(C)テレビ朝日

10月よりスタートする米倉涼子主演の新ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の共演者が発表された。

【写真を見る】弁護士資格を剥奪されたスキャンダラスなヒロインを演じる米倉涼子

仲間となる弱小弁護士事務所集団を演じる面々に林遣都、荒川良々、安達祐実、三浦翔平、勝村政信、高橋英樹ら。敵対する大手事務所の弁護士役として、向井理と小日向文世が出演する。

高橋の役どころは、米倉演じる翔子が立ち上げた「京極法律事務所」の代表弁護士となる元大学教授の京極雅彦。貫禄のあるたたずまいとは裏腹に、実務経験ゼロのペーパー弁護士を茶目っ気たっぷりに演じる。

林が演じるのは真面目で優秀、だが真面目すぎて不器用な弁護士・青島圭太。翔子に徹底的に振り回される、頼りないホープ役となる。

勝村は上から目線のヤメ検弁護士・大鷹高志役。「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズ(2012~2017年テレビ朝日系)でもおなじみ、米倉との息の合った掛け合いを展開していく。

パラリーガル軍団の面々には荒川、安達、三浦ら。荒川は元ストーカーのオタク事務員・馬場雄一、安達が隠れハイスペックの元銀行員・伊藤理恵、三浦は顔も人もいいが少々おバカなホスト兼パラリーガル・茅野明を演じる。

この「京極法律事務所」チーム、林と勝村以外は全員、米倉とは初共演。米倉も「初共演の方が多く緊張していますが、台本の読み合わせも本当に面白くて楽しくて…! 皆さんと一緒にこれから約3カ月、いいチームを作りたいと思います」と語る。

向井理&小日向文世が米倉涼子と敵対!

そんな「京極法律事務所」の前に立ちはだかるのが、翔子もかつて所属していた大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」。

向井理が演じるのはそのエース弁護士・海崎勇人。根っからのエリート男で、実は翔子の元カレ…とのうわさもある役どころとなる。

小日向文世は代表弁護士で日本弁護士界のドンでもある天馬壮一郎役。人権派弁護士として知られる天馬だが、実はダークで非情な男で、元部下の翔子を法曹界から葬り去ろうと暗躍する。

さらに、鉄道オタクでもある翔子が足繁く通う鉄道バーの店員・神保有希役で内藤理沙も出演。緊迫感あふれる法廷とはまた違った、ホッと一息つけるシーンを見せる。

第1話あらすじ

翔子(米倉涼子)は敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込んでしまった失意の弁護士・青島(林遣都)に声を掛ける。弱者を救うための法律事務所で一緒に戦おうと言うのだ。

一方、退官の日を迎えた大学教授の京極(高橋英樹)も、翔子から一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?と誘われていた。

だが、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所をクビになっていた事実が判明する。

恩師の京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹(勝村政信)が突き止めた翔子の住所には「京極法律事務所」と記された表札と看板があった。

大鷹は調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がる。

その頃、翔子の元に向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわし、必死で無実を主張する一流企業の社員・安田の弁護を引き受ける。

痴漢事件は圧倒的に被害者が有利。弱者を救うと言っていた翔子も、青島から話を聞くや、売れない弁護士がやる、儲けの少ない案件だとバッサリ切り捨てる。

だが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変えた。(ザテレビジョン・文=青木孝司)

元記事を読む