1. トップ
  2. 神回の予感!「dele」金城一紀脚本回は“史上最も深い闇”との対決

神回の予感!「dele」金城一紀脚本回は“史上最も深い闇”との対決

  • 2018.8.30
  • 736 views
「dele」一面雪景色と思いきや…人が!?
(C)テレビ朝日

8月31日(金)に放送される、山田孝之&菅田将暉W主演の金曜ナイトドラマ「dele」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)第6話で、山田&菅田によるキレ味抜群のアクションシーンが登場。

【写真を見る】ズームアップすると、切なくも美しい少女のご遺体が…!

本作のアクション監修も務める金城一紀が第6話の脚本を手掛け、「dele」史上最も“深い闇”を抱えた敵との対決が描かれる。

学校でのいじめを苦にしていたと思われる家出少女・石森純子(山田愛奈)の自殺という、ショッキングな展開から始まる第6話。

そんな物語のファーストカットは、雪に埋もれて眠るように死んでいる純子の姿だ。

「dele」の撮影は2018年春から初夏にかけてというスケジュールで組まれており、リアルな一面の雪景色をとらえるのは至難の業。

しかし、悲しくも美しい幕開けをどこまでも印象的にカメラに収めるべく、スタッフはまだ雪が残る地域を徹底的に洗い出し、新潟・魚沼市の雪山にたどり着く。

撮影ではドローンも使用するなど、深夜ドラマの枠を超えた壮大な雪山ロケが行われた。

第6話の脚本を手掛ける金城といえば、大きな評判を呼んだ「BORDER」(2014年ほか、テレビ朝日系)シリーズや最近では「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(2017年、フジテレビ系)など、圧巻のアクションシーンが多数出てくることも特色の一つ。

今回もご多分に漏れず、「dele」第1話でも話題となった山田の意表を突く“車いすアクション”&菅田のしなやかなアクションが登場。要所要所で物語をキュッと引き締めるアクションが展開される。

そして今回は圭司と祐太郎が「dele」史上最も深い闇を抱えた敵と対決。物語の先に待ち受ける“出口の見えない漆黒の闇”に、圭司と祐太郎はどう立ち向かうのか? (ザテレビジョン)

元記事で読む