1. トップ
  2. レシピ
  3. お昼や夜食にもぴったり♪ あっさりねぎ塩で食べやすい「ねぎ塩豚丼」

お昼や夜食にもぴったり♪ あっさりねぎ塩で食べやすい「ねぎ塩豚丼」

  • 2018.8.30
  • 20475 views
「ねぎ塩豚丼」
料理:広沢京子 撮影:福岡拓

レモン汁でさわやかテイストな「ねぎたっぷり牛丼」

ホカホカのご飯に具材を盛り合わせるどんぶりは、調理しやすいお手軽料理。しかし1品料理のどんぶりは、栄養が偏りがちなイメージがありますよね。そこで今回は、野菜も摂れるどんぶり飯を紹介していきましょう。

ピックアップした「ねぎ塩豚丼」は具材に火を通すだけの簡単な手順なので、1度覚えてしまえば“十八番ご飯”にできるかも。食欲をそそる塩だれは多めに作って、ご飯に染みこませてもGOOD。消化液の分泌をよくして食欲を増進させる効果もあるねぎは、ガツガツと食べたいどんぶりにぴったりの香味野菜です。お昼ご飯や夜食にピッタリな「ねぎ塩豚丼」で、スタミナをしっかり補給してみては?

ねぎ塩豚丼

【材料・2人分】

豚バラ焼き肉用肉 180g、さやいんげん 4本、もやし 1/2袋(約125g)、温かいご飯 どんぶり2杯分、塩だれ(長ねぎのみじん切り 1/4本分、にんにくのみじん切り、塩 各小さじ1/4、ごま油、水 各大さじ1)、塩、ごま油、サラダ油

【作り方】

1. いんげんは斜め2cm幅に切る。もやしは熱湯でさっとゆでてざるにあけ、湯をきって熱いうちにボウルに入れ、塩適宜とごま油小さじ1であえる。器にご飯を盛り、もやしを広げのせる。

2. フライパンにサラダ油小さじ1を熱して豚肉を入れる。塩少々をふって両面をこんがり、カリッと焼き、1のもやしの上にのせる。

3. フライパンをペーパータオルでさっと拭き、1のいんげんを軽く炒めて2の肉の上にのせ、塩だれの材料を混ぜて回しかける。

レモン汁でさわやかテイストな「ねぎたっぷり牛丼」
KADOKAWA

(1人分758Kcal、塩分2.1g)

肉厚でジューシーな豚肉は、コクうま塩だれとの相性がバツグンです。これでもかというくらいたれをたっぷりかけていただけば、美味しさも倍増するはず。家計のお助け食材であるもやしには、食感のアクセントとかさ増し効果の役割が。短時間でサッとゆでれば、シャキッとした歯ざわりがそのまま残りますよ。(レタスクラブニュース)

元記事を読む