スリッポンコーデ50選!この秋気になる【定番スニーカー・レザー・スウェードetc.】☆

今回は、スリッポンコーデをご紹介します。夏が終わればどんどん肌寒くなってくるけど、スリッポンなら足の甲まで隠れて秋冬にもぴったり。

カジュアルから大人っぽいデザインまでたくさんありますよ!定番のスニーカータイプのスリッポンから、レザー、スウェードなど、様々なスリッポンをご紹介します。

秋にぴったりなスリッポンを使ったコーデ50選!

スニーカータイプのスリッポン

出典:zozo.jp

定番のシンプルなスリッポンは何にでも合わせやすく重宝します。

靴の色に合わせたモノトーンのコーデで、カジュアルながら大人っぽい雰囲気に。

シンプルな装いに、トップスのロゴがよく映えていますね。

出典:zozo.jp

レースの施されたブラウスに、ナチュラルカラーのパンツを合わせて、女性らしい雰囲気のコーデです。

あえてスリッポンを合わせることで、レディ感をセーブ。

スリッポンは白黒配色でパキッとしているので、モードな印象も。

出典:zozo.jp

セーターにチェックのパンツを合わせたシックなコーデに、スリッポンでカジュアルな要素を少し取り入れればこなれ感を演出出来ます。

スリッポンとベレー帽の色をリンクさせればまとまった印象になりますよ。

出典:https://wear.jp/

スリッポンをどんなボトムスと合わせたらいいか悩んだら、まずはデニムと合わせてみましょう。

スニーカーほどスポーティーにならず、大人カジュアルに着こなせます。

トップスはレースやホワイトなど、可愛げのあるものだと女っぽさもアップしますよ。

出典:https://wear.jp/

レトロチックな水玉スカートにスリッポン合わせて甘さを抑えたコーデです。

スカートと靴の色が揃っているので、テイストの違うアイテム同士でもすんなりまとまります。

上半身は明るい色を持ってきて、軽やかに着こなしています。

出典:https://wear.jp/

デニムジャケットにスリッポンを合わせたカジュアルコーデですが、秋らしいブラウンのスカートやファーのバッグを合わせることで、こなれた雰囲気に仕上がっています。

カラーも落ち着いたもので揃えたのがポイント。ベレー帽、鞄、靴の色がリンクしていて全体がすっきりとまとまっていますね。

出典:https://wear.jp/

シンプルなコーデに、白いつま先が特徴のスリッポンが程よいアクセントになっています。

メンズライクなコートにスポーツブランドのスリッポンは相性抜群。

トップスにカラーを一点持ってくることで、グンと垢抜けた印象になりますよ。

出典:https://wear.jp/

あたたかな雰囲気のニットに、レザーのスリッポンでひとさじのスパイスをプラス。

独特なツヤ感がコーデに立体感を与えます。足に向かってトーンが濃くしていくことで、ワントーンコーデでものっぺりしません。

出典:https://wear.jp/

コーデをグンとクールにするスタッズ付きのスリッポンで、甘くなりがちなニットのほっこり感を払拭。

一気にこなれコーデに導きます。ボトムスはデニムでカジュアルさをプラスするのが◎。

出典:zozo.jp

キャンバスのスリッポンもグレーなら洗練された雰囲気に。

スニーカーの紐を抜いたようなデザインが新鮮で、ラウンドトゥは女性らしい雰囲気です。

ワイドパンツを合わせて、こなれ感たっぷりのコーデに仕上がっています。

出典:https://wear.jp/

マスタードイエローのスリッポンが、ワイドシルエットのデニムと抜群に合っています。

カジュアルな雰囲気ですが、トップスに柔らかなニットを合わせることで大人感をプラス。

ウエストのベルトがメリハリを出すポイントです。

出典:zozo.jp

秋らしさたっぷりのスウェード素材のスリッポンは、一結びしたデザインが特徴で足元を大人可愛い印象に仕上げます。

ロングカーディガンや落ち感のあるパンツなど、ハンサムライクなコーデにスリッポンがアクセントになっていますね。

出典:zozo.jp

ぱっと目を引くオリーブ色のスニーカーは、シンプルなコーデに一点投入するのが正解。

絶妙な大人カラーで全体をワンランク上のスタイルに導いてくれます。

足首を少し出せば抜け感が生まれ、軽やかな印象になりますよ。

出典:zozo.jp

コーデに抜け感を与えてくれる真っ白なスリッポンは、柄物のアイテムも軽やかに見せてくれます。

全体をネイビー&ホワイトで統一することで、クリーンで知的な雰囲気に。

バッグの持ち手がさりげないアクセントになっています。

出典:zozo.jp

赤いバンダナと帽子がキュートなこちらのコーデは、シンプルなスリッポンを合わせて足元を軽やかに演出しています。

スカートの色は秋らしいブラウンカラーで季節感もプラス。

夏の終わりに秋を先取り出来そうなスタイルです。

出典:http://zozo.jp/

モノトーンコーデの抜け感となってくれるホワイトのスリッポンは、足首をちら見せすることでよりこなれた雰囲気に仕上がります。

ベレー帽とロングカーディガンが女性らしいカラーで、モノトーンのぱきっと感を中和しています。

出典:zozo.jp

星型のスタッズと厚底でトレンドライクな白のスリッポンは、デニムに合わせてとことんカジュアルに。

ロングカーディガンをさっと肩から羽織れば、大人っぽい印象にシフト出来ます。

バッグは黒をチョイスして全体をきりっと引き締めて。

出典:zozo.jp

グレーのワントーンコーデに、バッグとスリッポンの白がよく映えています。

ボトムスが柄物なのでワントーンでもぼんやりしないのが好ポイント。

バッグに巻いたスカーフ柄が、大人なアクセントになっていますね。

出典:zozo.jp

トレンチコートにあえてスリッポンを合わせることで、カジュアルながらすっきりと大人な雰囲気もキープ出来ます。

キャップでこなれ感をアップさせれば、よりトレンドライクな雰囲気に。

全体をベーシックカラーでまとめた、シンプルなコーデです。

出典:zozo.jp

柄の入ったスリッポンは、コーデのアクセントとして使うのに便利です。

深いグリーンのトップスにワイドパンツといった定番カジュアルコーデも、ワンランク上の装いになります。

ハットでリッチなポイントを作って、お洒落度をアップさせましょう♪

出典:zozo.jp

デニムとスリッポンの定番コーデも、リネン素材でさりげなく個性を発揮します。

なめらかな質感でデニムスタイルも女性らしい印象になっていますね。

アクセサリーでさらに女度をアップさせましょう。

出典:https://wear.jp/

ブラック&ブラウンのハンサムカラーに、スポーティなデザインのスリッポンを合わせてメンズライクなコーデに仕上がっています。

程よくボリュームのあるスリッポンが、スキニーパンツとも好相性ですね。

イヤリングで華やかなポイントもプラスされています。

出典:http://zozo.jp/

リボンの付いたポインテッドトゥのスリッポンは、黒なら甘くなり過ぎずコーデにアクセントを与えてくれます。

カシュクールのワンピースと合わせて、大人可愛い雰囲気に。

出典:zozo.jp

大振りのフリルがキュートなスリッポンは、スウェード素材で甘くなりすぎを防ぎます。

カジュアルにデニムに合わせることで、こなれ感を演出。

大人可愛いコーデに仕上がっていますね。

出典:http://zozo.jp/

柔らかなレザーで歩きやすさとお洒落さを兼ね備えたスリッポンは、レトロなワンピースと合わせて洗練された雰囲気に。滑らかな質感が上品な印象ですね。

アイテム数が少なくても、一つ一つがインパクト強めなので華やかに仕上がります。

出典:zozo.jp

編み込みがモードなレザースリッポンには、デニムジャケットでカジュアルダウンした着こなしがお洒落です。

首元のバンダナもこじゃれた雰囲気ですね。

ダークトーンなコーデなので、バッグで明るい色を投入して地味見えを回避しましょう。

出典:https://wear.jp/

辛口なライダースジャケットとカーキパンツの組み合わせには、ふわふわ感がかわいいスリッポンを合わせて柔らかな雰囲気をプラス。

バッグもファーのアイテムで統一することでまとまり感も生まれます。

トップスともカラーがリンクしているのでスッキリした雰囲気に。

出典:zozo.jp

カジュアル度の強いブロックチェックのスリッポンには、大人なロングコートを合わせてきれいめに仕上げるのが正解です。

コートの下に鮮やかなカラーのカーディガンを合わせれば、華やかさもプラスされコーデを格上げします。

その他のスリッポン

出典:https://wear.jp/

艶感がリッチなアニマル柄のスリッポンは、いつものコーデをワンランク上の仕上がりにしてくれます。

ブラウンカラーなら女っぽさもあり、アニマル柄でも毎日のコーデに取り入れやすいですよ。

トップスと色を合わせて、まとまり感を作りましょう。

出典:https://wear.jp/

タッセル付きのスウェードスリッポンなら、コーデをグンと秋らしくしてくれます。滑らかな質感でクラシックな雰囲気も。

ニットとデニムのシンプルなスタイルに合わせて、いつものコーデを格上げしましょう。

出典:https://wear.jp/

ふわふわなロングカーディガンに、鮮やかな赤のスリッポンがよく映えます。

スウェード素材なので派手過ぎずシックな印象に。

ミニマムなフォルムなので、アウターにボリュームがあってもすっきりまとまります。

出典:zozo.jp

ハラコ素材のスリッポンならより大人っぽく履けます。

ポインテッドトゥでレイヤードスタイルに合わせることですっきりスマートな印象に。

全体を淡色でまとめて、洗練された雰囲気に仕上がっていますね。

出典:zozo.jp

ブラウンとブラックの大人色コーデに、ボアのスリッポンが季節感をアップさせています。

ぼんやりしがちなカラーも、シャープなフォルムのおかげでグンと大人っぽい印象に。

バッグも黒で揃えて引き締めましょう。

出典:https://wear.jp/

ローファーのような形が新鮮なスリッポンは、秋を感じさせるディープなカラーで女度の高い着こなしに。

トップスやバッグに同系色を持ってくることで、悪目立ちせずまとまりのある仕上がりになります。

出典:zozo.jp

大胆なカシュクールデザインが特徴のトップスにプリーツスカートの大人っぽコーデに、ファーのスリッポンでキュートなアクセントを。

全体がベージュと黒で統一されているので、もこもこアイテムも幼くなりません。

出典:zozo.jp

ボーダーにデニムのカジュアルスタイルに合わせるのは、フリンジのあしらわれたスリッポン。

ボヘミアンムード漂うデザインで、カジュアルコーデもいつもと違った表情に。

フリンジが映えるように、パンツの裾は少し短めが好バランスです。

出典:https://wear.jp/

カーキのジャケットには、スウェード調のスリッポンを合わせてシーズンムードを高めた着こなしに。

キャップの色と靴の色を合わせることでまとまり感が生まれています。

リュックサックでアクティブな要素をひとさじ取り入れましょう。

出典:https://wear.jp/

サボのような形が可愛いスリッポンは、ファーとスタッズがポイント。インパクト抜群のデザインで、コーデの主役になります。

足元に存在感があるので、他はシンプルなものが好バランスです。

革靴タイプのスリッポン

出典:https://wear.jp/

白のワンピースに、マニッシュなスリッポンをプラスして少しだけ辛口に。

カジュアルなバッグで中和すれば、こなれた雰囲気に仕上がります。

ワンピースとボトムスのレイヤードで、トレンドも取り入れられています。

出典:https://wear.jp/

デニム×デニムのコーデに、ポインテッドトゥのスリッポンをプラス。ハンサムながら女性らしい印象になっています。

足首見せで抜け感もプラスすれば、難易度の高い上下デニムコーデも今っぽい雰囲気に仕上がります。

出典:zozo.jp

オールブラックにノーカラージャケットを合わせた女っぽスタイルに、革靴のようなスリッポンでメンズ感を加えています。

スリッポンなので、革靴ほど重たくならないのがポイント。

全身黒でも程よい抜け感を与えてくれますよ。

出典:zozo.jp

ブラウスとスカートのきれいめコーデには、ローファー型のスリッポンで辛みをプラス。

きちんと感のあるスリッポンが、全体の甘さをセーブしてくれます。

靴はスカートの色とトーンを揃えれば、テイストが違っても自然にマッチしますよ。

出典:http://zozo.jp/

ざっくりとしたセーターにスカートを合わせた、秋らしいほっこりコーデです。

足元にローファータイプのスリッポンを合わせることで、甘くなりすぎずハンサムな雰囲気にシフトしています。全体を白黒でまとめて大人感を出したのもポイント。

出典:https://wear.jp/

ビッグシルエットのニットにワイドパンツというルーズなコーデには、シャープなスリッポンでメリハリを付けるのが好バランスです。

ソール部分とアッパー部分が切り替わっているデザインも、コーデに深みを与えます。

出典:zozo.jp

ざっくりセーターに細みのパンツを合わせた、今年らしいボリュームバランスのコーデです。

スニーカーほどカジュアルにならず、革靴ほど気合の入り過ぎていないスリッポンが、こなれ感をプラスしてくれます。

出典:https://wear.jp/

スタッズの入ったスリッポンが、ベーシックカラーを基調としたシンプルコーデのアクセントになっています。

スリッポンは柔らかな質感なので強い印象を与えず、女性らしい雰囲気に。

バッグも黒で揃えて、まとまりのあるコーデになっています。

出典:https://wear.jp/

子供っぽさの出やすいサロペットには、艶感のあるスリッポンできちんと見えを狙って。

スリッポンのゴールドがさりげなくアクセントになっています。

アクセサリーやバッグのチェーンをゴールドで統一すれば、リッチ感のある装いに。

出典:https://wear.jp/

鮮やかなニットとデニムの大人カジュアルにも、革靴タイプのスリッポンで辛さをプラス。

一点引き締めポイントがあることで、グンと奥行きのあるコーデになります。

デニムと靴のミスマッチさがお洒落感をアップさせています。

出典:https://wear.jp/

デニムジャケットにワイドパンツの定番スタイルに合わせるのは、ポインテッドトゥのスリッポン。

大きめのベルトがハンサムな雰囲気で、ラフなコーデに緊張感を与えます。

特徴的な足元で、周りと差の付くスタイルに。

出典:zozo.jp

ベロア素材のスリッポンなら、より秋らしい雰囲気に。

マットな質感が女性らしい印象を与えます。

シンプルなきれいめコーデに合わせて、大人のクラシックスタイルに仕上げていますね。

今年はスリッポンで秋服を軽やかに着こなそう

スリッポンコーデいかがでしたか?コーデに軽やかさと抜け感を与えてくれるスリッポンは、重くなりがちな秋服にはぴったりなアイテムです。

スニーカータイプやレザーなどお好みのスリッポンを見つけて、普段のコーデに取り入れてみて下さいね!グンとこなれ感がアップするはずです。

元記事を読む
提供元: folkの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。