1. トップ
  2. 若林正恭、滝沢カレンの珍解釈にツッコミ「悲しい話だな!」

若林正恭、滝沢カレンの珍解釈にツッコミ「悲しい話だな!」

  • 2018.8.28
  • 1293 views
滝沢カレンのエピソードに爆笑した若林正恭
2009年ザテレビジョン撮影

8月27日放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に、滝沢カレン、安東弘樹がゲスト出演。滝沢が「シートン動物記」を珍解釈(?)する場面があった。

【写真を見る】夏を満喫する滝沢カレン

この日の「激レアさん」は、「自宅の狭い長屋で狼7頭の群れを飼い、全身メチャメチャ噛まれながら暮らしていた人」のヤスオさん。ヤスオさんは子どもの頃に「シートン動物記 狼王ロボ」と出合って運命が変わったとか。

司会の若林正恭(オードリー)や安東は「知ってる」と興味を示したが、滝沢は「知らないです」とコメント。すると弘中綾香アナが、恒例のムチャぶりで、唯一知らない滝沢に「どういう話だと思いますか?」と質問。

「ロボというオオカミがいた。そのオオカミの一人オオカミがいたんだけど、結局、みんながそれを尊敬してしまって、結局自分の生きたい道とは違うオオカミになった」と、滝沢はタイトルからストーリーを予想して創作。

滝沢の珍解釈「シートン動物記」に、若林は「悲しい話だな!」とツッコミを入れつつ、大爆笑していた。ヤスオさんも「まったく違います!」とバッサリと切り捨てて、さらにスタジオは爆笑に包まれた。

そんな滝沢だが、実はヤスオさんに近い経験もあるとか。「うちのおじいちゃんがある日突然アライグマを持ってきて、おばあちゃんに『今日から飼う!』って言っちゃったんです。それからおばあちゃんの腕は、どんどん歯形で埋まっていった」と激レアさんのお株を奪うようなエピソードを披露し、若林らを驚かせた。

次回は「激レアさんを連れてきた。」は9月3日(月)夜11時15分より放送。ゲストに綾小路翔(氣志團)、横澤夏子が登場する予定。(ザテレビジョン)

元記事で読む