1. トップ
  2. ダイエット
  3. 本当に「飲めばやせる?」ダイエットサプリの効果を上げる正しい飲み方

本当に「飲めばやせる?」ダイエットサプリの効果を上げる正しい飲み方

  • 2018.8.28
  • 9813 views
サプリメントと水を持っている女性

サプリを飲んで意味がある?

サプリメントを飲もうとしている女性

「やせたい」、「太りたくない」と願う人にとって、「これさえ飲んでおけばやせる」というものがあれば、これほど心強い味方はありません。

ダイエット系のサプリメントが次々と出てくるのは、それだけ需要があるということでしょう。
いかに多くの人が、「これさえ飲んでいれば大丈夫」を求めているかがわかりますよね。

脂肪や糖質の燃焼を助ける、食べたものをなかったことにする……。
「やせたい、でも食べたい」という人の目には、そんなサプリが、とても魅力的に映ります。
じつは私も、新しいものが出れば、ひと通り買って試してきました。でも、期待通りの効果が得られることはなく…。

残念ながら、「これさえ飲んでおけばやせる」というものは、世の中に存在しないのです。サプリはあくまでもサポート。ダイエットに「少し役立つ」くらいに考えておきましょう。

脂肪燃焼を助けるといっても、劇的に脂肪を燃やすことはありません。
糖分や脂肪分をカットするものにしても、食べたものを100%なかったことにはしてくれないのです。

そもそも、ダイエットをこころざす人は、もとから脂肪や糖質の摂取を抑えている場合が多いもの。
そんな人がカット系のサプリを飲んで意味があると思いますか?

よく考えて取り入れよう

サプリメントを目の前にメモを書いている女性の手元

例えば、ダイエットで脂肪分を極端に抑えている人が、脂肪をカットするサプリを飲み続けたとしたら…。
体に必要な油までもカットされてしまいます。
その結果、肌や髪の毛がパッサパサになってしまった、などということもめずらしくありません。

私は、常日頃から、ダイエットのために、健康のために、エゴマ油や亜麻仁油などの“いい油”を積極的にとることをすすめています。
ですから、私の指導を受けている人は“いい油”をせっせととっています。

でも、その一方で、油をカットするサプリを飲んでいる人もいました。
これでは…。何のために“いい油”をとっているのか、わけがわかりませんよね。

サプリは、何でもかんでも、とにかく取り入れればいいというものではないのです。

ダイエット系のものに限らず、美容や健康などが目的でとる場合でも、よーく考えてから取り入れるようにしなくてはなりません。

飲み方もとても大切!

サプリメントを飲んでいる女性

もちろん、賢く活用するためには、知識もそれなりに必要になってきます。
例えば、CoQ10とビタミンCとEは一緒にとると互いの効果を高めあうことが知られています。
このように相乗効果を持つ組み合わせがある一方で、相反する組み合わせもあります。
例えば、鉄分とカルシウムは、一緒にとるとお互いの吸収をジャマしてしまうため、一緒にとってはいけないのです。

また、例えば、CoQ10とα−リポ酸は、ともに抗酸化力がある成分で、代謝を助けることからダイエットにも有効とされています。
ただし、それぞれ向き不向きがあるのも事実。
CoQ10は脂溶性で脂肪の代謝に関わるため、揚げものやこってりした料理が好きで、体に悪い油をとり過ぎる傾向の人に向いている成分。
α−リポ酸は、糖の代謝に関わる抗酸化成分なので、糖質をとり過ぎている人に向いているというわけです。

飲み方もとても大切です。
じつはサプリは体にとっては異物。それを栄養物として吸収させるには、胃の中でほかの食物に混ぜなくてはならない。
つまり、サプリは必ず食事と一緒にとらなくてはならないのです。

「食事を取り損ねたから、とりあえずサプリを飲んで栄養補給」は非常にもったいない飲み方。
空腹のときに飲むと、体はサプリを栄養とは思わないため、その成分はほとんど吸収されずに体外に排泄されてしまうのです。

あなたは大丈夫でしょうか?
サプリが、ダイエットや美容、健康のサポーターとして活躍できるのは、成分の特徴やとり方を知り、じょうずに取り入れてこそなのです。

オリジナルサイトで読む