1. トップ
  2. インテリア
  3. 落ち着きのあるお洒落な部屋にしたい方必見♪インテリアに木目柄を取り入れる方法15選

落ち着きのあるお洒落な部屋にしたい方必見♪インテリアに木目柄を取り入れる方法15選

  • 2018.8.27
  • 9648 views

木目柄の取り入れ方は、天然木から本物と見間違えるような壁紙・リメイクシートまで様々。

木目調アイテムを部屋に取り入れれば、温もりや経年変化が感じられる、ユニークな空間作りができますよ♪

そこで今回は、部屋の表情をお洒落に変えてくれる、木目柄の取り入れ方をご紹介致します!

ヴィンテージな板壁

nanoku329+1さん(@nanoku3291)がシェアした投稿 -

こちらは、ヴィンテージな板壁風シートを貼り付けた壁です。

使い込んだ木材の痛みや掠れ、傷まで再現、全面に板壁シートを貼ることで、木に囲まれた落ち着ける空間をうまく表現していますね♪

erika.sさん(@eri417k)がシェアした投稿 -

左の引き戸には、ヴィンテージ風木目シートを貼り付けています。

上の例とはまた違った風合いで、細かい板を張り合わせた木のパッチワークに見えますよね。

壁に統一感を出すには、使っている木材やシートの色合い、ダメージ加工の度合いを合わせてみて。

写真の例も、右側の木の腰板の色合いに合せることで、まるで広々とした一面の板壁のように見せていますよ☆

家具を木目調に

erika.sさん(@eri417k)がシェアした投稿 -

テレビ周りは視界に入ることが多く、インテリアに特にこだわりたい場所の一つではないでしょうか。

そんなテレビ周りの家具に木目調の家具を設置すると、寛いだ気分でテレビを見ることができますよ。

写真のように色調を揃えたほうが、テレビを視聴している時に気が散る心配がありません♪

nanoku329+1さん(@nanoku3291)がシェアした投稿 -

こちらは、DIY机を戸棚にアレンジしたインテリア例。

机の下には、キャスターを付けて引き出しやすくしたウッドボックスを収納しています。棚部分には黒いバケツを飾り、収納ラックとして活用。

ダークブラウンとハードなブラックの組み合わせが、ガレージのような格好良いコーナーを演出しています!

ウッドブラインド

keeさん(@kurasi_no_ichimai)がシェアした投稿 -

ブラインドは日差しが強い時間帯にも差し込む光を和らげてくれますが、ウッドブラインドを選ぶことで、より日差しが柔らかくなり、温もりのある空間に見せることができますよ。

写真のような北欧モダンな部屋の他、ナチュラルテイストや和モダンな部屋にも合わせやすいアイテムです☆

木目調ドア

nanoku329+1さん(@nanoku3291)がシェアした投稿 -

こちらはドアにベニヤ板を貼ったリメイク引き戸。

スライド式なことから、擦れる場所にはリメイクシートを貼り、偽素材の質感を消すためにペンキを塗るなどして、工夫されています。

古びた木の質感やシャビーな色合いが、ドア周りに落ち着きをプラスしてくれていますね♪

部屋をDIYするうちに、元々の扉の雰囲気が違って見えるようになった場合等に活用したいアイディアですね!

キッチンの間仕切りに

erika.sさん(@eri417k)がシェアした投稿 -

こちらは木材を使ったキッチンの間仕切り棚です。キッチンを木製棚で半分隠すことで、カフェ風に仕上がっています☆

わざと木目や色斑を主張させたり、グラデーションにして並べたりすることで、ハンドメイドならではの風合いが生きていますね!

賃貸物件など、キッチンとリビングが仕切られておらず、料理風景を隠したいという方は、取り入れてみてはいかがでしょうか?

リラックスできるバス空間

Saori Arakiさん(@kikilala.003)がシェアした投稿 -

こちらは、アクセントパネルにメープルの木目柄を選んだパナソニックのバスルームです。

明るいナチュラルカラーが、浴室内を明るくリラックスした雰囲気に見せていますよね♪

他の壁に真っ白ではなく石目調を選んだり、照明には暖色系にすることで、木目柄が生きた温かみのある空間になるよう工夫されています。

木目が落ち着いたトイレを作る

kayoさん(@kayo.home00)がシェアした投稿 -

トイレを落ち着いてリラックスできる空間にしたいという方は多いのではないでしょうか?

こちらのトイレ空間は、ダークブラウンの木目調クロスを貼ることで落ち着いた空間に見せ、他の面は白壁にして清潔感を演出。

棚や便器も白で統一し、空間が重くなりすぎないように上手にバランスを取っています♪

木目調の存在感を演出するアイテム

すのこ

erika.sさん(@eri417k)がシェアした投稿 -

写真左は、すのこを組み合わせて作った収納棚。

シンプルなデザインで組み立てやすく、収納するアイテムの大きさに合わせてすのこを選べば、アレンジが効くアイディアです。

写真のように背板がなければ、背景となる壁が背板のデザインの代わりとなり、壁際インテリアに馴染みやすくなります。

背板を取り付ければ、黒くして男前テイストにしたり、カラフルにしてポップに仕上げたりと、雰囲気がガラリと変わりますよ。

mirionrose みじーさん(@mirionrose)がシェアした投稿 -

写真左は2枚のすのこを並べたディスプレイ棚、右は壁掛けキーフックです。

どちらもダークブラウンで塗られていますが、異なる木の材質の表情が楽しめるディスプレイになっていますね♪

フラミンゴのステンシルがシックなウッドアイテムに可愛らしさをプラスして、リラックスできるコーナーになりました☆

ケーブルドラム

nanoku329+1さん(@nanoku3291)がシェアした投稿 -

ケーブルドラムは、テーブルとして使えるだけでなく、空間にヴィンテージ要素を加えることができる人気のウッドアイテム。

こちらは、そのケーブルドラムを横に倒してテーブルとして使用。

テーブル下の余裕のある空間に、雑誌やリモコンを収納するラックを取り付けています。

流木

erika.sさん(@eri417k)がシェアした投稿 -

木目が感じられる素材というと、板壁を連想しますが、海に打ち上げられている流木も、部屋をセンス良く見せる木目調アイテムの一つ。

写真は、長さの異なる流木を階段状に結んで、オーナメントを飾り付けた作品です。

天然木が海を漂流して生まれた木の皮の削れや木目は、まさに一点物!海が近くにある方はぜひ海岸線を探して見てはいかがでしょうか!

海がなくても、通販で様々な形の流木が販売されているので、ぜひチェックしてみて!

ラダー

erika.sさん(@eri417k)がシェアした投稿 -

写真左のような小さなはしごは、小物を吊り下げ収納したり、ドライフラワーやハンギンググリーンを飾るのにお薦めです!

木そのままの色合いを活かすことで、シックで落ち着いたインテリアに。

高さのあるインテリアを演出することができるので、特に寂しくなりがちな壁の上部や天井付近を装飾して、立体的なディスプレイを楽しむことができますよ☆

ウッドボード

erika.sさん(@eri417k)がシェアした投稿 -

端材を利用した壁掛けです。一段づつ異なる色の板と組み合わせていて、まるでアートパネルみたいですね♪

シャビーシックな色合いが、壁を装飾しつつも落ち着きをキープしてくれています。

板にS字フック用の金具やバーを設置すれば、オリジナルな見せ収納にもなりますよ!

まとめ

いかがでしたか?ご紹介した木目柄の壁紙やアイテムたちは、どれもプレーンな部屋にはない温かみや落ち着きを加えてくれていますよね!

ぜひ、木目独特の風合いを活かした落ち着いた部屋づくりの参考にしてみてくださいね☆

オリジナルサイトで読む