1. トップ
  2. 鬼気迫る「ゼロ─」が堂々の第1位に!“あの人”のカメオ出演も【視聴熱ウィークリーTOP3】

鬼気迫る「ゼロ─」が堂々の第1位に!“あの人”のカメオ出演も【視聴熱ウィークリーTOP3】

  • 2018.8.27
  • 140 views
8月20日~26日の「視聴熱」ドラマ ウィークリーランキングTOP3
KADOKAWA

Webサイト「ザテレビジョン」では、8月20日~26日の「視聴熱(※)」ドラマ ウィークリーランキングを発表した。

【写真を見る】追い詰められていく小太郎を、迫真の演技で見せた手越祐也に絶賛の声!「ゼロ─」が第1位

1位「ゼロ 一獲千金ゲーム」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系) 71116pt

8月26日に第7話が放送された「ゼロ 一獲千金ゲーム」が第1位にランクイン。同話では、残虐非道なMC・小太郎(手越祐也)が進行するゲーム「ザ・アンカー」に挑んでいる零(加藤シゲアキ)、ユウキ(小関裕太)、ヒロシ(岡山天音)が絶体絶命の状況に。それでも「必ず俺が生きてここから帰す」と仲間を励ます零のことが気に入らない小太郎は、理不尽な進行を続けていく。

零は、どうやっても勝てないようにゲームが操作されていることに気付く。そして最初からアンカー(錨) の距離などを考えていた零は、“死なない計算”で寝かされている台に刃が突き刺さるようにして回避。ハラハラしながら見守った視聴者からは、見事にゲームをクリアした零の頭の良さにあらためて驚きの声が。また、零に問題を見抜かれ、追い詰められていく小太郎を迫真の演技で見せた手越を絶賛するコメントが相次いだほか、原作者・福本伸行のカメオ出演も話題になった。

2位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)43217pt

2018年4~6月に放送された田中圭主演ドラマが、根強くランクイン。“おっさん”同士の恋愛を描き、放送終了後も視聴熱ランキングで上位を獲得し続けるなど、大反響となった。

7月より開催されていた「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION」が8月26日に最終日を迎えた。テレビ朝日本社の食堂で劇中の料理などが登場した他、屋上には春田(田中圭)と黒澤部長(吉田鋼太郎)の屋上ランチデートの撮影地が開放されており、ドラマファンはイベント最後の“聖地巡礼”を楽しんだ。

9月6日(木)〜25日(火)には東京・渋谷のGALLERY X BY PARCOで展覧会「おっさんずラブ展〜君に会えてよかった。〜」が開催される。先日のチケット発売では即日完売となる反響に。地方巡回を望む声が上がり続けている。

3位「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(フジテレビ系) 33815pt

映画「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」が大ヒット公開中。8月17日からは座席が動くなどアトラクション型のシステムとなるMX4D、4DXでの上映もスタートし、リピーターとして楽しむファンも続出。SNSには多くの感想コメントが寄せられている。

劇場版のストーリーは、2017年7月期に放送されたドラマ3rdシーズンの3カ月後が舞台。成田空港と東京湾の海ほたるで起きた未曾有の連続大事故に藍沢(山下智久)、白石(新垣結衣)らが向かう。ドラマ1stシーズンから10年が経ち、主人公たちの成長を追いかけてきたファンにとっても感慨深いものとなっている。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む