1. トップ
  2. インスタグラムで話題の猫島!熊本日日新聞連載“湯島の猫”が本になって登場

インスタグラムで話題の猫島!熊本日日新聞連載“湯島の猫”が本になって登場

  • 2018.8.27
  • 2059 views

熊本県上天草市の離島・湯島で暮らす猫と島民の姿を連載「日めくり猫島 湯島」(2018年3月までは「猫島ありのまま 上天草・湯島」)として夕刊に掲載している熊本日日新聞社。

【写真をすべて見る】ほっこり癒しの全10枚!熊本・天草の“猫島”で、気ままに暮らすネコたちの日常を公開

その未掲載写真を公開するインスタグラム(@kumanichi_nekoshima)はフォロワーが2万人を超えるなど、全国的にも話題を集めている。

人気を集めた1枚「お魚くわえて“ドヤ顔”」
熊本日日新聞社
本では写真と、猫と島民にまつわるエピソードを紹介
熊本日日新聞社

読者やインスタグラムのフォロワーからの強い要望を受け、遂に書籍「猫島ありのまま 上天草・湯島」が8月5日に発売された。本には紙面に掲載した毎月10回の連載計90回と、番外編7回を収めている。

ニャんと!僕が表紙になってる!
熊本日日新聞社
これぞインスタ映え!?
熊本日日新聞社
茶トラの「シマ」がご挨拶
熊本日日新聞社

離島でのびのびと暮らす猫たちの目線を通し、過疎化や人口減少などの課題に直面しながらも人にも動物にも寛容な島の暮らしぶりと、人と猫の共生について焦点を当てた同連載。

湯島猫神様の前で、キメポーズ
熊本日日新聞社
天然ワカメの天日干しと、白黒猫
熊本日日新聞社
「ヒルザキツキミソウ」に囲まれて
熊本日日新聞社

本をめくりながら、「本当の豊かさとは何か」を感じ取ってほしい。

“半端ない”ジャンプにびっくり!
熊本日日新聞社
「俺たちの道だぜ」と言わんばかりに道を独占
熊本日日新聞社

「猫島ありのまま 上天草・湯島」(AB判カラー、160ページ、1620円)は、書店、熊日販売センターほか、熊日出版などのウェブサイトから購入可能。(九州ウォーカー・山本佳世)

元記事で読む