1. トップ
  2. 松井珠理奈の台湾旅をSKE48の後輩たちがナレーション!<「松井珠理奈のインスタ映え100枚チャレンジ旅」SPインタビュー前編>

松井珠理奈の台湾旅をSKE48の後輩たちがナレーション!<「松井珠理奈のインスタ映え100枚チャレンジ旅」SPインタビュー前編>

  • 2018.8.27
  • 274 views
松井珠理奈が台湾でインスタ映えする写真100枚をアップする旅の様子を須田亜香里と12人の若手メンバーが見守る
KADOKAWA

【写真を見る】「“本当はこういう女の子なんだ”って知ってほしい」と話すMC・須田亜香里

中京テレビの動画配信サービス・Chuun(チューン)では、6月23日から「松井珠理奈のインスタ映え100枚チャレンジ旅」の第2弾“台湾編”を配信中(毎週月曜・土曜朝11時に最新話を更新)。

番組はSKE48・松井珠理奈が「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」の10日前に行った1泊2日の台湾旅行で、100枚のインスタ映え写真のアップにチャレンジするという内容になっていて、ナレーションをSKE48の若手メンバーが担当している。

9月1日(土)深夜には、松井の旅の模様を須田亜香里とナレーターを務めた12人のSKE48メンバーが見守る特別番組が中京テレビ地上波にて放送。

そこで、今回はMCとして収録に参加した須田とナレーションに挑戦した若手メンバー7人にインタビュー。配信中の番組の見どころやナレーション収録などについて話を聞いた。

MC・須田亜香里「“本当はこういう女の子なんだ”って知ってほしい」

【写真を見る】「“本当はこういう女の子なんだ”って知ってほしい」と話すMC・須田亜香里
KADOKAWA

――若手メンバーがナレーションを担当して、須田さんはMCで収録に参加されたということですが、収録で印象に残ったことはありますか?

珠理奈さんの旅の様子をずっと見ていたんですけど、あんなにも珠理奈さんの素や自由な部分が出てる番組は他にはないと思います。

アイドルでいる珠理奈さんは真面目な印象が強くて、柔らかい印象を持つ方は少ないと思うので、できるだけ多くの人にこの番組を見て「こんなにかわいい面もあるんだ」「本当はこういう女の子なんだ」って知ってほしいなって思うくらい、本当に素しか出ていなかったです。見ていてすごく和みました。

――若手メンバーのナレーションはどうでしたか?

みんな上手でした! 特に竹内彩姫ちゃんは前からナレーション向きだと思っていたんです。それは、前にSKE48が“ソロコン”をやったときに朗読をしていて、すごく聞き取りやすい声だなって思った印象があったから。今回もナレーション力を発揮していて、さすがだなって思いました。

――ご自身もSNSに写真を投稿していると思いますが、自分なりの“映え”るコツなどはあったりしますか?

えー、何だろう…ピントをちゃんと合わせること(笑)。そんなレベル(笑)。でも、たまにブレブレでも「いい笑顔だな」っていう写真は、雰囲気が伝わることを重視して載せちゃうこともあります。

――番組を楽しみにしているファンの方にメッセージをお願いします。

代役とはいえ珠理奈さんの冠番組のMCということで、荷の重さみたいなものも感じています。第1弾が好評で視聴率も良かったと聞いているので、第3弾がなかったら完全に私のせいになるんじゃないかと。なので、皆さんぜひ見て視聴率を上げてください(笑)。

いつもMCに引き出してもらう側にいるからこその視点でいろいろやらせていただいた部分もあって、いろんな人から学んだスキルを自分なりに出したので、そんなところも見てもらえたらうれしいです。

第1話&第2話担当・小畑優奈「まさに今、インスタ映えを頑張っています」

第1話と第2話を担当した小畑優奈
KADOKAWA

――ナレーションを担当したのはどんな回でしたか?

台湾の空港に到着するところから始まって、台湾のファンの皆さんが珠理奈さんを待っていてくださったところで記念撮影をして、という回でした。

――見どころはどんなシーンですか?

TPE48の振り付けを担当されている方が「ノリがいい」という理由でカメラマンとして参加していて、それが私的にはツボでした(笑)。

――今回ナレーションを撮った感想は?

前回もナレーションを担当させていただいたので慣れたかなと思って臨んだんですけど、ブースに入ったらやっぱり緊張してしまいました(笑)。「もう少しここをこうすれば分かりやすかったな」とか反省点もあるんですけど、楽しくできました。

――自己採点では何点でしょうか?

70点ですね。今回は他のメンバーのナレーションを聞く機会もあって、前回はいなかったメンバーのナレーションを聞いて、「もっとこうしたいな」という気持ちも出てきたので、次はもっと頑張りたいと思います。竹内彩姫さんのナレーションがすごく落ち着いていて、上手だなって思いました。

――ご自身もSNSに写真を投稿していると思いますが、“映え”るコツなどはありますか?

まさに今、インスタ映えを頑張っています。今まではオフショットも自分の顔ばかり載せていたんですけど、最近は食べ物の写真とかも投稿するようになりました。あとは、あえて目線を外した横顔を投稿したり、やり過ぎて飽きない程度に頑張っています。

――最後にファンの方へメッセージをお願いします。

前回は珠理奈さんがMCということで、番組を引っ張ってくださいました。今回は珠理奈さんの代わりにMCを担当した亜香里さんに助けられながら、すごく楽しく収録ができました。

珠理奈さんをテレビで見たことある方は凛とした印象が強いかもしれないですけど、この番組には珠理奈さんの子供っぽい顔とか、素の部分がたくさん詰まっています。(特番では)私たちも今回いろいろなことに挑戦させていただいたので、そこにも注目してほしいなと思います。

第5話&第6話担当・菅原茉椰「終わった後に“棒読みじゃなかったね”って」

第5話と第6話を担当した菅原茉椰
KADOKAWA

――ナレーションを担当したのはどんな回でしたか?

ピーナツバターを使ったハンバーガーを食べたり、豆乳ヨーグルトドリンクを飲んだり、珠理奈さんがよく食べていた回でした。お店の女の子と一緒に動画を撮ったりして、現地の人と仲良くしている姿も見られて面白かったです。

――今回ナレーションを撮った感想は?

前回のナレーションも担当させてもらっていたんですけど、今回のナレーションでVTRを見て、珠理奈さんのインスタの腕も上がってきたなと思いました(笑)。

――自己採点では何点でしょうか?

前回は棒読みがひどくて、そのせいで今回の台本に「棒読みだけど今回は頑張ります」みたいなせりふが入っていたんです。でも、終わった後にスタッフさんから「棒読みじゃなかったね」って言っていただいたので、75点です。残りの25点はまた棒読みになるだろうというスタッフさんの期待に応えられなかったぶんです(笑)。

――ご自身もSNSに写真を投稿していると思いますが、“映え”るコツなどはありますか?

やっぱり光がちゃんと入ってくると写真もきれいに撮れるなって思います。

――最後にファンの方へメッセージをお願いします。

第2弾もナレーションを担当させてもらって、前回よりもパワーアップしています。今回は珠理奈さんも100枚チャレンジに成功しているということなので、ぜひ見てもらって、第3弾につながればいいなと思います。

第7話・第8話担当・松本慈子「珠理奈さんの番組だけどあれ?みたいな(笑)」

第7話と第8話を担当した松本慈子
KADOKAWA

――ナレーションを担当したのはどんな回でしたか?

湯浅洋支配人が結構出ていたんですよ。珠理奈さんの番組だけどあれ?みたいな(笑)。大理石模様のケーキが出てきて、個人的にはそれが気になりました。あと、珠理奈さんが「星の王子さま」のコンセプトカフェに行っていたんですけど、そこで珠理奈さんがお札モチーフの扇子で扇いでたんです。それがめっちゃ縁起がいいらしいので、私も欲しいなって思いました(笑)。

――今回ナレーションを撮った感想は?

ナレーションは初めてで、すごく緊張しました。私が大阪出身ということで、今回のナレーションは関西弁でやらせていただきました。標準語に直してって言われることはあったんですけど、関西弁でやらせていただいたおかげで、緊張したけど素の自分を感じていただけるかなって思います。

――自己採点では何点でしょうか?

50~60点くらいですかね。もっと感情をこめたかったなって思います。

――ご自身もSNSに写真を投稿していると思いますが、“映え”るコツなどはありますか?

コツと言えるものは持ってないですけど、写真はすぐ撮っちゃいますね。いい景色だったり、おいしそうなものがあったら「写真!写真!」って。メンバーも“インスタ映え”ってワードには敏感です。

――最後にファンの方へメッセージをお願いします。

初めてのナレーションですごく緊張したんですけど、関西弁を出したり、自分なりに頑張りました。また次回があれば、次はもっと成長した姿をお見せできると思うので、ぜひ皆さんに見てほしいです。

<「松井珠理奈のインスタ映え100枚チャレンジ旅」SPインタビュー後編>に続く。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む