1. トップ
  2. ソフトテニス日本代表女子、アジア競技大会で金メダル宣言!

ソフトテニス日本代表女子、アジア競技大会で金メダル宣言!

  • 2018.8.27
  • 3103 views
【写真を見る】金メダル奪取を誓う日本代表女子チーム(写真前列)
KADOKAWA

【写真を見る】金メダル奪取を誓う日本代表女子チーム(写真前列)

日本人選手の活躍が連日報じられる第18回アジア競技大会。ソフトテニス競技が8月27日(月)~9月1日(土)にインドネシア・パレンバンで開催される。

斉藤広宣監督が率い、林田リコ(東京女子体育大学)、半谷美咲(どんぐり北広島)、高橋乃綾 (どんぐり北広島)、尾上胡桃(日本体育大学)、キャプテンの黒木瑠璃華(ヨネックス)からなる日本女子チームが意気込みをたっぷり語った(尾上選手は取材当日、教育実習のため欠席)。悲願の金メダル奪還への思いを紹介する。

会見の様子
KADOKAWA

斉藤監督「4年間の思いをぶつけてきます」

――意気込みを教えてください。

斉藤: 5人全員がアジア競技大会初出場での選出になりました。この5人がフレッシュさを武器にして、女子チームは前回の仁川アジア競技大会から4年間、国別対抗で金メダルがありませんので、パレンバンで、4年間の思いをぶつけていきたいと思います。

(ライバルとなる韓国、台湾の監督とは現役時代からのライバルであることについて)私も韓国、台湾のスタッフはよく知っています。監督でも駆け引きをして、うまく選手を動かして監督冥利に尽きる試合をしたいなと思います。

金メダル奪取を必ずしてきますので、応援よろしくお願いします。

林田選手「金メダルを取っていい報告ができるように」

――選手の皆さんの意気込みをお願いします。

林田リコ選手
KADOKAWA

林田:私は、楽しんでプレーをすることでだんだんパフォーマンスが上がっていくので、アジア競技大会は初出場ですが、恐れることなく楽しんでできるようにしていきたいと思います。また、ソフトテニスをより多くの人に知ってもらえるように、金メダルを取っていい報告ができるように頑張ります。よろしくお願いします。

半谷美咲選手
KADOKAWA

半谷:私は国際大会初出場になるのですが、前回のアジア競技大会に現地に応援に行ったときに、「この舞台に自分も立ちたい」という気持ちもありましたし、ソフトテニスをしている選手は誰もが目指す舞台だと思いますので、本大会までしっかり準備して、金メダルを持って帰れるように頑張りたいと思います。ご声援よろしくお願いいたします。

高橋乃綾選手
KADOKAWA

高橋:アジア競技大会は私にとって目標にしてきた大会でもあるので、しっかり自信を持って金メダルを持って帰って帰れるように戦っていきたいと思います。よろしくお願いします。

黒木瑠璃華選手
KADOKAWA

黒木:国際大会は今回で2回目の出場になります。2年前にアジア選手権に初出場して、その中でダブルスでも国別対抗でも自分のいい結果が残せれなかったので、今回のアジア競技大会では日本代表に絶対に選ばれて目標にしていた金メダルを絶対に取りたいと思って取り組んできました。しっかりベストパフォーマンスで戦えるように、準備をして、日本のチーム力で金メダルを取れるように、頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

会見の様子
KADOKAWA

高橋選手「しっかりここで結果を残します!」

――予選会で林田選手が決まった後、あと4人を選考したポイントについて教えてください。

斉藤:ナショナルチームの合宿の中での試合形式や技術練習の内容、それぞれの国内での実績というのもありますが、私自身は国内の実績というより、今ここにいる5人を「ライバルの韓国に勝てる」という思いから選出しました。

――アジア競技大会はどんな意義がある大会ですか?

林田:今のところ、ソフトテニス競技者にとってはアジア競技大会がソフトテニスのオリンピックなので、ソフトテニス競技者にとっては絶対勝ちたいというのがあります。それにプラスして、金メダルを取ることによって、より多くの人に知ってもらって、それがいつかソフトテニスがオリンピックになれたら、というのを一番思っているので、そういうところも考えてやっていきたいと思います。

半谷:ほかの国もこの大会を一番の目標として取り組んでいるというところもありますし、ソフトテニスがオリンピック競技になるために一番のアピールできる大会だと思いますので、結果をしっかり残せるように取り組んでいきたいと思っています。

高橋:ソフトテニス界では一番大きな大会です。しっかり結果を残して金メダルを持って帰ることで、ソフトテニスがいろんなところで広まっていくと思うので、そこを重視しながら頑張っていきたいと思います。

黒木:ソフトテニスでは、アジア競技大会が一番大きな大会になりますので、必ず金メダルを取って、ソフトテニスをしている子供たちや多くの方々にソフトテニスの楽しさを伝えていって、私も最終的にはソフトテニスがオリンピック競技になることを願っていますので、頑張っていきたいと思っています。

会見の様子
KADOKAWA

黒木キャプテン「自分のプレースタイルを貫き通す」

――どんなプレーに注目してほしいですか?

黒木:私は、攻めることがプレースタイルなので、どんな時でも強気なプレーをして、抜かれてでもどんどん積極的に動いて、自分の攻めるというプレースタイルを貫き通したいです。

高橋:私も攻め続けるテニスです。後衛なんですけど、しっかり前に行ってボレーとかをするテニスをいろんな人に見てもらって、テニスの楽しさを知ってもらえたらいいなと思います。

半谷:私は高橋選手とのペアで、男子では主流になっている攻撃型平行陣というプレースタイルで戦っています。やはり相手が韓国になると、後衛が主体のテニスになってきますので、その後衛に、いかに普通にテニスをさせないか、という2人で前に行って勝負するっていうところをぜひ見ていただきたいです。

林田:私はボールの速さとタイミングの速さをほかの選手より意識して練習してきたので、それを見てほしいです。それに加えて、速さの中にも緩急をつけて、相手より先に攻めていくというプレーが持ち味だと思っているので、それが出せるように頑張りたいです。

8月27日(月)から始まる第18回アジア競技大会ソフトテニス競技。先日選手は会見で意気込みを語った
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む