1. トップ
  2. Sexy Zone、木村佳乃が日本武道館の客前で放送終了後に感謝のあいさつ!<24時間テレビリポ>

Sexy Zone、木村佳乃が日本武道館の客前で放送終了後に感謝のあいさつ!<24時間テレビリポ>

  • 2018.8.27
  • 458 views
「24時間テレビ41 愛は地球を救う」の舞台となった東京・日本武道館のステージ
KADOKAWA

8月25日~26日に夏の大型チャリティー特番「24時間テレビ41 愛は地球を救う『人生を変えてくれた人』」(日本テレビ系)が放送され、放送終了後に、メインパーソナリティーのSexy Zone、チャリティーパーソナリティーの木村佳乃が番組スタッフと会場に集まった観客に向けて、あいさつを行った。

【写真を見る】Sexy Zone&木村佳乃が全力を尽くした武道館のステージ

また、番組サポーターの徳光和夫が総括を行った。そのコメントを全文掲載する。

中島健人のあいさつ

武道館の皆さん、24時間、本当にたくさんの愛をありがとうございました。

「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを、このSexy Zoneというグループで担当させていただくことが本当に夢でした。その夢が今年1月になんと、かなってしまいました。

でも、僕たちSexy Zoneは嵐さんのような国民的スターとは程遠い、本当にジャニーズの後輩の後輩です。

その中で、どうやってメインパーソナリティーとしてしっかりと成功させるかというのを1月から8月までの期間、メンバーとしっかり力を合わせて、そして、番組に関わる全ての方たちに育てていただいて、今日という日を迎えることができたと思っています。プロデューサー、スタッフの皆さんにも感謝しております。ありがとうございます。

マリウス葉のあいさつ

皆さま、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

いつも人に頼りっぱなしで、何も一人でできない、そんな僕を皆さんが信じてくれて、初めて女形をやらせていただいたり、ブラインドダンスに挑戦しました。「社交ダンスはこれからもっともっと真剣にやりたいな」と思い、そういうきっかけを作ってもらって、本当に皆さんに感謝しマリウスです! ありがとうございました。

松島聡のあいさつ

皆さん、24時間、本当にありがとうございました。すごいドキドキはしていたんですけど、スタッフの皆さん含め、(ファンの)皆さんが助けてくれたからこそ、今日を終えることができたと思います。

ただ、24時間テレビはこれで終わりだと思っておりません。今後、どんどんどんどん続いていくものだと思っています。

僕たちSexy Zoneもこれからどんどん成長して、皆さんに幸せを届けられるよう精一杯頑張りたいと思いますので、今後も応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

佐藤勝利のあいさつ

皆さん、本当に大きな愛をありがとうございました。こんなにいい景色を見られるなんて、僕らデビューして7年目ですけど、正直こうなるとは思っていなかったです。この景色が見られる場所に立たせてくださって皆さま、ありがとうございました。

24時間テレビのメインパーソナリティーとして1月からいろんな準備をして、僕らだけではなくスタッフの皆さんたちと、半年くらい準備をして、この日を迎えたので、本当に感慨深く思っています。

皆さんに育てていただいて、24時間突っ走ることができました。本当にありがとうございました。

菊池風磨のあいさつ

皆さん、(メインパーソナリティーが)発表されてから今日まで、本当にありがとうございました。こんなすてきな番組に携わらせていただけるとは思ってもみませんでした。

スタッフの人たち一人一人が、自分の担当する企画に100%、200%で向き合っていて、その背中がすげえ格好いいなと思って、僕はひたすらついていくことしかできませんでした。

今回の第41回「24時間テレビ 人生を変えてくれた人」、これはもうこのメンバーでなきゃ、できなかったと思います。誰かが加わっても、それは今回の24時間テレビではないし、もちろん誰かが欠けてもいけないし、本当にこのメンバーだからこそ、このみんなだからこそ作れた24時間テレビだと僕らは心の底から思っています。

なので、泣くまいとは思っていたのですが、最後にちょっと泣いてしまって、恥ずかしい部分もお見せしましたけど、これからも僕たちSexy Zone5人で一生懸命頑張っていきますし、何でも言うこと聞きますんで(会場に笑い)、ぜひ何卒よろしくお願いします。ありがとうございました。

木村佳乃のあいさつ

皆さま本当に、お客様も長い間お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

24時間テレビは41歳、私42歳。なんだかご縁を感じます。また、ぜひ呼んでください! ありがとうございました。

徳光和夫の総括

仕事というのは「こなす」と「取り組む」があるんですが、木村さんもSexy Zoneの皆さんも見事に取り組んでくださいました。

さまざまな企画でSexy Zoneの初々しさというものが伝わって、今後が実に楽しみなグループだなと改めて感じさせていただきました。応援している皆さんもそう感じられたのではないかと思います。ありがとうございました。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む