1. トップ
  2. 恋愛
  3. 知らないと損? 彼とのツーショット写真で可愛くうつるコツ5選

知らないと損? 彼とのツーショット写真で可愛くうつるコツ5選

  • 2018.8.26
  • 79072 views

突然ですが、自分の「写真うつり」に自信はありますか? 写真うつりがいい女性もいますが、逆に「写真ブス」になってしまうことも……。一体、何が違うの? というわけで今回は、女性たちに聞いた「彼とのツーショット写真で可愛くうつるコツ」をご紹介します!

ツーショット写真で可愛くうつるコツ

1. 彼より前の位置には絶対出ない

彼と二人で写真を撮るときには「一歩下がる」ことで「痩せ効果」をプラスするという声もありました! 彼より前の位置に立つと「大きくうつってしまう」こともあるので、さりげない“遠近法”で可愛らしい華奢な彼女に変身することもできます。

「彼と自撮りするときは、彼の位置より少し下がってうつる! 顔も小さく見えるし、華奢感が出て可愛く撮れるので鉄板です」(28歳・アパレル関連)

▽ 後ろに引けない場合は、彼をグイッと前に押し出して撮影するのもアリです。

2. スリムに見える「斜めポーズ」

写真を撮るときに「ベストなポーズ」を知っておくことも大切? 体型が気になるなら、もともとの骨格をごまかすために、正面のアングルを避けて「斜めに立つポーズ」で、細く見せることも可能です。

「骨格をごまかすために、斜めから写るようなポーズをすると『細見え』が叶うのでオススメ。逆に、体に厚みがある人は、正面から撮るとごまかせます!」(30歳・IT関連)

▽ 自分の体型を理解して「ごまかしポーズ」を知っておくと、全身の写真うつりもよくなります!

3. 手で顔のラインをカバーする

手でピースをして顔半分を隠したり、頬杖をつくポーズでラインをカバーするのも「可愛くうつるコツ」に! 隠しきれないアゴのラインは、手でさりげなくカバーすると「小顔効果」もアップしてスッキリしたシルエットになります!

「定番だけど、頬に手を当てるポーズとか、ピースでアゴのラインを隠すポーズ! 顔の大きさがコンプレックスなので、手や小物で隠す作戦でごまかす(笑)」(32歳・メーカー勤務)

▽ いつも同じポーズだと不自然になりがちなので、バリエーションを増やすといいですよね。手の代わりに「小物」で顔を少し隠すのもオススメです。

4. アゴを引いて上の位置から撮る

アゴを引いて下から見上げるアングルで撮影すると、目が大きくなって顔も小さくもうつり「可愛く撮れる」という声も多数! 彼と一緒に撮影するときに、正面ではなくやや上の位置から「見上げる」感じでうつるといい感じに?

「顔より上の位置から撮影する! アゴを引いてカメラを見上げる感じにすると、目が大きくなって顔が小さくうつります。やや上の位置で撮れば不自然になりません」(28歳・飲食関連)

▽ アゴをやや引いて「小顔」にうつる作戦も定番です! 目がパッチリする効果も得られます。

5. 最強の笑顔で何もかもごまかす!

今日は顔がむくんでいるし、肌の調子もイマイチ……どうしても可愛く撮れない! そんなときは「最強の笑顔」で何もかもごまかしちゃうのも手です! ニッコリ笑顔でうつれば、気になる部分はすべてカバーできるので「最終手段」として使えるという声もありました。

「むくみやシワ、肌荒れが気になって『写真は無理』ってときは、思い切って最強の笑顔にすると色々カバーできます! とにかく『ニッコリ笑顔』で、顔をくしゃっとして、シワもごまかしちゃいます」(32歳・マスコミ関連)

▽ 誰でも「飛びっきりの笑顔」でうつると「可愛く撮れる」という声も! 笑顔は大人の七難を隠してくれるはず!

まとめ

彼とのツーショットでは「できるだけ可愛くうつりたい」と思うものですよね? こんなコツを意識してみると「写真美人」になれるかもしれません。思い出に残る「出来栄えのいい一枚」を撮るために工夫をしてみましょう!

オリジナルサイトで読む