1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「ジョハリの窓」で好きにさせる!彼の心をつかむ“褒め方”の心理学

「ジョハリの窓」で好きにさせる!彼の心をつかむ“褒め方”の心理学

  • 2018.8.25
  • 5266 views

「ジョハリの窓」ってご存知ですか?1955年、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフトとハリ・インガムが発表したグラフモデルの名称で、これは現代でも多くの企業で活用されています。

やり方は簡単。55個の形容詞が記されたリストから、自分を表現していると思うものを5~6個選択します。

次に、自分を表す形容詞を相手にも選んでもらい、その結果を4つのカテゴリに分けて認識合わせをするのです。

■「ジョハリの窓」における4つの窓

「ジョハリの窓」は、4つの窓(エリア)で構成されています。

開放の窓=自分も他者も認識している自己(Open Self)

盲点の窓=自分は気づいていないけれど他者はわかっている自己(Blind Self)

秘密の窓=自分はわかっているけれど他者は知らない自己(Hidden Self)

未知の窓=自分も他者も認識してない自己(Unknown Self)

チョイスした形容詞は、次のように分けます。

自分も他者も選んだ形容詞→開放の窓

他者だけが選んだ形容詞→盲点の窓

自分だけが選んだ形容詞→秘密の窓

自分も他者も選ばなかったもの→未知の窓

「開放の窓」に多くの形容詞が集まった場合、自己認識がしっかりとできていて、相手にもフィードバックできていることになります。

反対に「盲点の窓」や「秘密の窓」エリアが多いと、お互いの認識が噛み合っていないという現状が見えてくるんですね。

■自己確認と自己拡大

さて、自分が自覚している一面を第三者に指摘され、再認識することを「自己確認」と言います。

一方、第三者の言葉によって自分では気づいていなかった内面を知るケースってありますよね。これを「自己拡大」と称します。

例えば、毎月出納帳をつけてお金の管理をしっかり行っている人に「きっちりしていますね」と言ったとしても、自分の性質を鑑みて「そうですね」と思って終わりですよね。

しかしながら、毎日漠然と服選びをしていたところ、第三者に「色彩感覚が優れていて、洋服の着こなしがいいですね」と褒められたら、自覚していなかった分、うれしくなりますよね。

このように、一般的に「自己確認」より「自己拡大」できる内容で褒められたほうが喜びを感じやすいのです。

■恋愛において褒めるべきはどの窓の自己?

相手に「自己拡大」させるなら、「盲点の窓」に該当する「本人は気づいていないけれど他者はわかっている自己」を狙い撃ちしましょう。

心理学的上、自己拡大の欲求を満たしてくれる人に好意を抱きやすくなるため、本人が自覚していなさそうないいところを積極的に褒めるのは、恋愛初期のアプローチとして大変有効です。

さらに一歩踏み込むには、「秘密の窓」のエリアに該当する「自分はわかっているけれど他者が知らない自己」を理解し、高く評価しましょう。

人間は誰しも、他者に認められたいという「承認欲求」を抱いているもの。自分しか知らないと思っていた一面を「承認」してもらうと、「本当の理解者」としてさらに深い好意を抱いてもらいやすくなります。

ただ、もし自己評価が低すぎる相手の場合、「自分を褒めてくれるあなたがいないと、自分を見失ってしまう」とばかりに依存されることも。

相手が依存体質だと気づいたタイミングで、好きでい続ける価値があるのか改めて考えることをおすすめします。

■まとめ

彼の心をつかむ「褒め方の心理学」、ご理解いただけましたでしょうか。

相手のことを深く知らなければ、褒める言葉を見出せません。上辺だけの賞賛はむしろ相手の心を遠ざけてしまいます。

心を揺さぶる賛辞は、その人間性を知ることで初めて紡げるようになるのです。相手が知らないその人自身の“人となり”、そして相手が見せようとしていなかった性質をぜひ見つけてください。

それが、彼(彼女)の特別な存在になるための大切な一歩となります。

ライタープロフィール
黒木 蜜
一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。
Webサイト:黒木 蜜~中今の詩~

オリジナルサイトで読む