1. トップ
  2. グルメ
  3. <福岡うどん愛>足踏み&一手間がポイント!多彩なメニューで自慢の麺を味わい尽くす「麺や ほり野」

<福岡うどん愛>足踏み&一手間がポイント!多彩なメニューで自慢の麺を味わい尽くす「麺や ほり野」

  • 2018.8.24
  • 3596 views

筑紫郡那珂川町にある「麺や ほり野」。自家製のモチモチ麺を使用し、スタンダードなごぼう天うどんから焼うどんやカレーうどんまで、多彩なメニューを用意する人気店だ。うどんとセットでお得に楽しめる各種どんぶりも要チェック。

【写真を見る】うどんダシの風味とピリ辛がアクセントの「カレーうどん」(650円)

手間をかけたもちもち麺

一番人気の「ごぼう天うどん」(500円)
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一

一番のこだわりといえばこちらの自家製麺。福岡県産の小麦100%、高級な自然塩「46億年」と厳選した素材を使い、生地を足踏みにすることで理想の味と食感に仕上げている。麺は、店のほど近くにある「ほり野の麺工房」で毎日手作りされ、店舗に生麺が到着してからの一手間がポイント。一度麺を茹でた後、急速冷凍することで理想とするモチモチとした食感に仕上げ、オーダーが入ってから解凍することでいつでも新鮮な麺を味わえるのだという。

瞬間冷凍して保存した麺をオーダーが入ってから茹でることで新鮮な状態を楽しめる
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一

気温や湿度、季節でも微妙に麺の作り方を工夫する。夏には冷たいメニューによく合うようにやや細くし、逆に冬は、暖かいうどん用に夏よりも少しだけ太い麺に調整しているそう。

冷凍麺は持ち帰りもできるので、自宅でも店の味を再現できる。

北九州出身の店主ならではの焼うどんも必食!

ツルツル麺とソースの味わいが癖になる「焼きうどん」(780円)
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一

北九州出身の店主・堀野さんおすすめの一品が「焼きうどん」(780円)。このメニュー用にアレンジした少し甘めのソースを使用し、たっぷりの野菜と豚肉が入ったボリューム満点のうどんだ。麺とソースがよく絡み、温泉卵を入れることでマイドルな味わいを表現している。

【写真を見る】うどんダシの風味とピリ辛がアクセントの「カレーうどん」(650円)
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一

また、スタンダードな「ごぼう天うどん」(500円)もよく出るというが、“意外と人気”というのが「カレーうどん」(650円)。ピリ辛のカレールーにうどんダシを加え、より奥深い味わいに昇華している。こちらも温泉卵をプラスして麺とよく絡めていただこう。

セットでお得などんぶりメニューも充実!

半熟卵の天ぷらが乗った「とり天親子丼」(単品750円、セット830円)
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一
どんぶりの人気メニュー「かつ丼」(セット700円〜)
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一
ボリューム満点「豚生姜焼き丼」(単品750円、セット830円)
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一

うどんは単品でも注文できるが、どんぶりとのセットもおすすめ。半熟卵の天ぷらととり天が相性抜群の「とり天親子丼」(単品750円、セット830円)を筆頭に、7種類のどんぶりがスタンバイ。セットの場合はうどん麺の増量が無料なのもうれしい限り。ぜひいろんな組み合わせを食してみよう。

座敷からカウンターまであり、一人やファミリーでも気軽に入れる雰囲気
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一
高宮で創業し、約12年前に那珂川町に移転した
(C)KADOKAWA/Photo by 本田純一

取材・文=森川和典、撮影=本田純一(九州ウォーカー・森川和典)

オリジナルサイトで読む