1. トップ
  2. ファッション
  3. 季節のはざま「夏秋」こそニュアンスカラーが映える!大人の抜け感カジュアルコーデ

季節のはざま「夏秋」こそニュアンスカラーが映える!大人の抜け感カジュアルコーデ

  • 2018.8.24
  • 7706 views

原色などのはっきりとしたビビッドカラーとは対極にある、ふんわりとした優しいイメージのニュアンスカラー。

ニュアンスカラーをコーデに取り入れるとリラックス感のある雰囲気が漂い、ノスタルジックな配色は夏から秋へと季節が移ろうシーズンにぴったり!

ニュアンスカラーを取り入れたおしゃれなコーディネートをご紹介します。

ふわっとした配色を軽快&ソフトに着こなして

ニュアンスカラーのワンピースでインパクトのある着こなしに

出典:zozo.jp

イイ女っぷりを上げるVカットやベルスリーブ、サイドスリットの3拍子揃ったデザインが、アンティークローズの色みとマッチ。

黒のバッグで引き締めるのがポイント!

出典:zozo.jp

ヌーディーカラーのニットワンピはナチュラルな色っぽさを演出。

カジュアル感のあるトートバッグで抜け感を出して、バランスよくまとめましょう。

出典:zozo.jp

Tシャツワンピにリュックやスポサンを合わせた定番コーデは子どもっぽい印象になりがちですが、グレーっぽいカーキならシックにキマります。

繊細な色みで女性らしさをプラスするジャケット

出典:http://zozo.jp/

くすみ感のあるライトカーキは、オーソドックスなコーデをワンランク上に高めてくれる存在感のあるカラーです。

ショート丈をチョイスすればすっきり着こなせます。

出典:zozo.jp

かっちりしたイメージのライダースも、サックスブルーならソフトな印象。

ボトムに濃紺をもってきてメリハリをつけるとGOOD。

ニュアンスカラーのパンツで軽やかに

出典:zozo.jp

地味な印象に偏りがちなカラーでも、トレンドのテーパードシルエットならむしろおしゃれ度アップ!

ウエストを絞ったイージー仕様で、カジュアル感たっぷりに。

出典:zozo.jp

ほんのり光沢感のあるシルキーな生地が、女性らしい美脚ラインを引き立てます。

ビビッドカラーのトップスとグラデーションを張るのもおすすめ。

出典:zozo.jp

淡い色みのパンツに合わせる他のアイテムをすべてパキっとした色でまとめると、ハンサム可愛いスタイルができあがります。

手首や足元で素肌を露出させて抜け感アップ!

色っぽフェミニンカラーのスカート

出典:zozo.jp

うねりの幅が太めのワイドコールは、今季狙い目のマテリアルです。

こなれ感のあるフェミニンなピンク色でレディライクに。

黒アイテムを合わせてほっこりニュアンスを引き締めて。

出典:zozo.jp

表情豊かなフェイクスエードの質感と、グレイッシュブルーのこなれ感ある色みが好相性。

コーデに一点投入するだけでたちまちトレンドライクなおしゃ見えスタイルに。

出典:zozo.jp

ゴージャス見えする加工ベロアのマキシスカートに、あえてスポーティーなスウェットを合わせてミスマッチ感がおしゃれ。

フリンジバッグをアクセントに♪

小物でニュアンスカラーを取り入れる

出典:zozo.jp

ニュアンスカラーのバッグは、堅くなりがちな秋冬コーデの印象を優しく和らげてくれる頼もしい存在。

大ぶりのバッグでも大袈裟すぎないのが魅力です。

出典:zozo.jp

フェミニンかつ上品なドルチェピンク。

大人っぽいポインテッドトゥのパンプスに可愛らしさをプラス。

肌色とすんなりなじむので脚長効果も望めます。

出典:http://zozo.jp/

ベージュ、キャメル、チャコールとアースカラーをグラデーションさせて、トーンを揃えたニュアンスコーデ。

シルバーバングルをアクセントに。

まとめ

淡くて優しい雰囲気を醸し出すニュアンスカラー。

使い方を間違うと焦点がぼやけがちな色ですが、アクセントを作ったりメリハリをつけたりすることでスタイリッシュで垢抜けた着こなしが叶います。

マニッシュな印象のコーディネートでもニュアンスカラーを取り入れることで、女性らしい色っぽムードに早変わり!

大人のカジュアルコーデには欠かせない色ですね♪ぜひ試してみてください。

オリジナルサイトで読む