1. トップ
  2. 木村佳乃ら「24時間テレビ」出演者がジブリ作品を語る

木村佳乃ら「24時間テレビ」出演者がジブリ作品を語る

  • 2018.8.24
  • 528 views
8月24日(金)夜9時放送の金曜ロード SHOW!では「猫の恩返し」を放送
(C)2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT

【写真を見る】「24時間テレビ」から豪華メンバーが登場!

8月24日(金)夜9時から放送の「金曜ロード SHOW!『猫の恩返し』」(日本テレビ系)の番組後半で、夏のスーパーアニメ祭り特別企画を放送する。

この企画は、8月25日(土)から放送の「24時間テレビ41 愛は地球を救う『人生を変えてくれた人』」に出演するチャリティーパーソナリティーの木村佳乃、チャリティーランナーのANZEN漫才・みやぞん、総合司会の羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサーが、スタジオジブリ作品の好きなシーンについて語るというもの。

それぞれが選んだのはどの作品か、そして羽鳥アナがアナウンサー役以外で出演を果たした作品とは? 4人が選んだ作品の名シーンの映像も放送する。

木村佳乃の憧れのジブリキャラクターは?

【写真を見る】「24時間テレビ」から豪華メンバーが登場!
(C)NTV

木村は「実写版があったら演じてみたい!」という思い入れの強い作品とキャラクターを挙げ、誰もが心打たれたであろう、あの名シーンについて熱弁する。

みやぞんは、登場するキャラクター全部が大好きで、人生で50回は見たと豪語する作品を紹介。小学生時代の夏休みの思い出とともに「目で見たというよりも体で見た!」とみやぞんならではの表現で作品の魅力を語る。

「魔女の宅急便」は1989年に公開された
(C)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

「ニシンのパイってどんな味なんだろうって」

2018年で5年連続総合司会を務める水卜アナが選んだ作品は、小さな魔女の成長物語「魔女の宅急便」(1989年)。

好きなシーンについて「なぜかいつも心に残っているのがニシンのパイのことで…。これは、あるおばあちゃまがキキに『ニシンのパイをお孫さんのところに届けて!』というシーンがあって、それで一生懸命届けに行くですけど、そこの子供が「あんまり好きじゃないのよね」って言うんです。

私も子供心にすごくなんか悲しい、モヤっとした覚えがあって」と話しながらも、「でも、私個人としては、ニシンのパイってどんな味なんだろうって食べてみたいなって、ずっと思ってたシーンでもあります。」と水卜アナらしい(?)感想が飛び出した。

水卜アナが選ぶ『となりのトトロ』の好きなシーン

放送のたびに高視聴率が話題になる「となりのトトロ」
(C)1988 Studio Ghibli

2018年の「24時間テレビ」では、オーケストラで「となりのトトロ」(1988年)の演奏にチャレンジするほど、トトロ好きの水トアナ。

そんな水トアナは「お父さんとサツキとメイちゃんが新しいお家に引っ越してくるところです。2人がものすごくはしゃぎながら、家中のボロボロのところを見て回って、柱に捕まってグーンと回って家がガタガタガタ!となって。

行って見たらマックロクロスケがいて…」と不思議な物語の始まりを感じさせる、あの印象的なシーンをチョイス。

「そのボロボロさの面白さとか。それを 2 人と一緒に自分も新しい家に見に行ったような気持ちでちっちゃい時から見てたのを覚えています」と話した。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む