1. トップ
  2. 観月ありさ「新しい舞台の形に」ユーミン楽曲で“40代女性”描く

観月ありさ「新しい舞台の形に」ユーミン楽曲で“40代女性”描く

  • 2018.8.24
  • 772 views
プロデュース公演「座・ALISA」第2弾を上演する観月ありさ
KADOKAWA

【写真を見る】観月ありさ、湖月わたる、春野寿美礼が共演。会見ではゴールドの衣装をまとった“和製ドリームガールズ”で能舞台に上がった

観月ありさがプロデュースする「座・ALISA」の第2弾公演「座・ALISA Reading Concert vol.II『キセキのうた』~私たちの『今』を歌おう~」が、8月26日(日)から上演される。

今回は「40代女性にエールを送りたい」という構想の下、元宝塚歌劇団トップスターの湖月わたる、春野寿美礼をゲストに迎え、女性に多くの勇気を与え続けてきた松任谷由実の楽曲を原作に送るリーディングコンサート。歌と朗読、ダンスのエンターテインメントを融合した悲喜劇となる。

東京公演は、渋谷の「セルリアンタワー能楽堂」で上演。8月1日には、3人がゴールドのきらびやかな衣装に身を包んだ“和製ドリームガールズ”となって能舞台に立ち、本編でも歌唱予定の「ANNIVERSARY~無限にCALLING YOU~」を報道陣に披露した。

「ザテレビジョン」では“座長”観月にインタビューを行い、「座・ALISA」や松任谷由実、能楽堂での公演に向けての思いなどを語ってもらった。

ファンとの距離感を近く

東京公演はセルリアンタワー能楽堂で公演。観月ありさは「変わった見せ方ができる」と期待
KADOKAWA

――観月さんはドラマなど映像のイメージが強いですが、最近では舞台にも積極的に出演されていますね。

どうしても映像のお仕事が多かったのですが、30代後半から40代に入ってから舞台のお仕事が増えてきていました。そんな中で、そろそろ自分主体の舞台が一つあるといいなと思って(「座・ALISA」を)やらせていただいています。

ドラマや映画が主軸になっていると、やはりファンの方とお会いする機会が少なくなってくるんですね。ドラマに入るとコンサートもなかなかできないということもあったので、ファンの方たちとの距離感を近く持ちたいなと思って、「座・ALISA」という舞台を昨年12月に旗揚げしました。

年に1回開催することで、ファンの方との交流も持てますし、毎回ゲストの方に来ていただいて違う趣向でやっていけたら楽しいなと思うので、毎年やりたいと考えています。

――今回は能楽堂というステージには驚きました。

そうですね。以前からライブをお寺や神社など、和っぽいところでやってみるのもいいかなって思っていたんです。今回、タイミングよく能楽堂さんとお話がまとまったというのをスタッフさんから聞いて、「能楽堂でやるっていいね」って思いました。

「生演奏はどこでやるんだ?」とか、いろいろどうなるんだろう?っていう未知の部分はあるんですけど、当然(音の)反響が良い場所でもありますし、変わった見せ方ができる所なので、面白いだろうなって思いますね。

以前、能を体験する番組の企画で、実際に能の衣装を着て歩かせていただいたことはあるんですけど、こうやって能の舞台で歌を歌うことは初めてでしたが、すごくいいですね。

いつもよりは少しこぢんまりとした感じにはなりますけど、お客さんとの距離感もいいですし、これはこれでいつもと違う神聖な感じもして、和のところでやるというのもすてきですよね。

【写真を見る】観月ありさ、湖月わたる、春野寿美礼が共演。会見ではゴールドの衣装をまとった“和製ドリームガールズ”で能舞台に上がった
KADOKAWA

元タカラジェンヌとの共演で刺激

――今回は「40代の女性」がテーマとなっています。

春野さんも湖月さんのそうですが、自分たちに重ねられるような内容で、湖月さんは独身で、春野さんはお子さんを育てていらっしゃって、同じ40代でもそれぞれの人生がある。きっと30代でも20代でも、もちろん40代でも、それぞれ環境によって違う生活を送っていると思うんですよね。

そういうみんなが離れてしまい、違う人生を歩んでいるけど、みんなで久しぶりに集まると当時のことを話せたりとか、刺激を受け合えたりという内容がいいなと思って、今回はそういうお話にしました。ある意味、友情物語ですね。

――観月さんが演じる柊亜里(アリ)は、20代のころはアイドルで現在は40代という設定。ご自身に近い役は演じやすいですか?

う~ん、そうですね。等身大の役の方がいろいろ考えずに、その時の勢いとかノリでパッとできたりもするので、やりやすいと言えるかもしれないですね。

――湖月さん、春野さんとの共演というのも興味深いです。

もちろん40代の女性のお話ということもありますが、「座・ALISA」はお芝居も歌もダンスもあるし、エンターテイナーでなくてはいけないと考えると、元タカラジェンヌのお二人はやはりスキルが高いですよね。歌もお芝居も踊りもできる、とてもやりやすいなって思いました。

リーディングは、自分の25周年のコンサートの時から短いコーナーでやり始めたんですけど、その時に湖月さんには出ていただいたんです。春野さんは(共演は)初めてになりますが、今回この3人でできるということで、いいものができるなって思っています。

みんな大きくて身長のバランスもいいですよね。女性3人の舞台なので、それぞれの個性が発揮できるステージになっていければいいなって。お二人に出ていただけるということは、本当にありがたいです。

作品の中では松任谷由美の楽曲を歌う。観月ありさのあの曲も!?
KADOKAWA

――お二人と共演することで、観月さんの違った一面も見られそうですね。

いくつになっても学ぶことは多くて、すごく刺激を受けています。お芝居も歌もそうですけど、やっぱり宝塚の方々は、私とちょっと違うアプローチでやられるんですね。そういう手法と言いますか、技術もそうですし、自分の芸にもこういうところを取り入れてもいいなって思ったりとか、とても勉強させていただいています。

観月ありさは「いろいろな年代の方たち、女性に限らず男性にも見ていただきたいです」とアピール
KADOKAWA

「ユーミンさんはバイタリティーがすごい」

――原作に松任谷由実さんの楽曲を選ばれたのは?

ユーミンさんのコンサートを見に行かせていただいて、「やっぱり名曲がたくさんあるなぁ」と思いましたし、物語を読みながら間に曲を入れていくのに、詩の感じがストーリーに合いやすいんですよね。これまでに自分に書いていただいた曲を歌えるというのもありますが、ユーミンさんの曲でやりたいなって思いました。

あとは、見に来てくださる方も、知っている曲だと楽しいじゃないですか。ユーミンさんの曲ならどの年代の方でも聞いたことあるし、口ずさんだりできると思うから、ユーミンさんの楽曲の強さに引かれて、使わせていただきたいなって思いました。

――楽曲を提供してもらった頃はまだ10代だったと思いますが、松任谷さんから学んだことはありましたか?

あの頃のユーミンさんは30代だったと思うんですけど、その時もバイタリティーがあって、コンサート前に筋トレをしたり、とにかく体を鍛えることに余念がなかったです。作品を作るなど忙しいはずなのに、そういうこともストイックにやられていたので、そういう姿勢ですよね。すごく勉強になりました。プロとはこういうものだっていうのを、間近で見させていただきました。

また、最近もユーミンさんのコンサートを見に行かせていただける機会があったんですけど、相変わらずストイックでした。あれから20年以上たったにも関わらず、やはりトレーニングも欠かさずやられていましたし、今でもコンサートを年間で何十本もこなされていて…(私は)“まだまだ”なんだなって思いました。

私も10代で歌手デビューして今年で27年になりました。「だいぶ頑張ってきたな」っていう思いがあったんですけど、ユーミンさんを見ていると「いや、“まだまだ”だな」って。ユーミンさんも仰っていたんですけど、「25年目ぐらいまではいけるのよ。そこから問題。そこからが大変」みたいな(笑)。

「はぁ~、そうかぁ」って思わせていただくことが多いので、自分が思っているより“まだまだ”なんだなって思わされましたね。そういうバイタリティーというものが、ユーミンさんと接しているととても勉強になります。

――今回の公演について松任谷さんとお話はされましたか?

直接ではないですけど、スタッフの方を通してお話はさせていただきましたし、ユーミンさんも「どこかで見に行こうかな」って言ってくださっているそうなので、見に来ていただけたらうれしいですね。

スタイルを維持しているように見える観月ありさだが、約3カ月の体幹トレーニングで体脂肪を6%も落とし「幸せ太り」を解消したと告白
KADOKAWA

――では、最後に読者へメッセージをお願いします。

元タカラジェンヌのお二人と、「40代の女性」という身近なテーマでやらせていただくのですが、その中に曲を入れたり、ダンスを入れたり、ちょっと新しい舞台の形になると思っています。見に来ていただいた皆さまが、「どんな感じなんだろう?」って探り探りしながらでも、楽しんでいただけたらなって思います。

40代のお話でも、20代、30代、50代、私たちの年齢より上の方でも下の方でも楽しんでいただけるような内容です。いろいろな年代の方たち、女性に限らず男性にも見ていただきたいですね。新しい形の舞台というのを、ぜひ生でご覧ください。(ザテレビジョン)

元記事で読む