1. トップ
  2. 妻夫木聡&井上真央が夫婦役で初共演する「乱反射」萩原聖人、鶴見辰吾ら追加キャスト決定!

妻夫木聡&井上真央が夫婦役で初共演する「乱反射」萩原聖人、鶴見辰吾ら追加キャスト決定!

  • 2018.8.24
  • 398 views
「メ~テレ開局55周年記念ドラマ 乱反射」 に出演する(左から)三浦貴大、妻夫木聡
KADOKAWA

9月22日(土)夜10時15分からテレビ朝日系で「メ~テレ開局55周年記念ドラマ 乱反射」が放送。

【写真を見る】幸せいっぱいだった聡(妻夫木聡)と光恵(井上真央)夫婦のひとり息子が事故に巻き込まれてしまう

同作は、「日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎の重厚なミステリー作品「乱反射」を原作に、現代の日本社会の問題を斬新な切り口でリアルに、そして真正面から暴き出す、社会派ミステリーエンターテインメント。

登場人物たちは「自分だけがやっているわけではない」誰もがどこかで身に覚えがある、そんな「小さな罪」を犯したどこにでもいる「平凡な人」ばかりだ。

監督と脚本を石井裕也が手掛け、妻夫木聡と井上真央が幼い息子を突然奪われた夫婦を演じる。

今回、そんな「平凡な人」たちを演じ、同作を彩る個性豊かなキャスト陣が新たに発表された。

街路樹の診断をする足達道洋に萩原聖人、その上司である石橋忠行に鶴見辰吾、アルバイト当直医の久米川治昭に三浦貴大、街路樹の管理をする市役所職員・小林麟太郎に芹澤興人、その上司である上村育夫に光石研、街路樹伐採の反対運動を起こす粕谷静江に筒井真理子、田丸ハナに梅沢昌代、愛犬のフンを腰が痛いからという理由で始末しない老人・三隅幸造に田山涼成、加山聡(妻夫木)の上司・海老沢一也を北村有起哉、後輩・大塚かなえを相楽樹が演じる。

テレビドラマで妻夫木と久しぶりに共演した萩原は「共演は本当に久しぶりだったが、妻夫木さんの表現にとても興奮した」と撮影を振り返った。

田山は「妻夫木君から放たれる“演技の乱反射”はうれしい限りだった」と妻夫木の熱演を絶賛する。

さらに、「砦なき者」(2004年、テレビ朝日系)をはじめ、親子役で共演経験のある筒井は「これまで何度か母親役を演じさせて頂いた時は、とてもかわいらしい少年でしたが、今回は精悍な男性になっていて、頼もしかったです。でも、笑顔はあの時の少年のままでした」と久しぶりの共演を喜んだ。

鶴見辰吾は、「妻夫木さんと井上さんの共感できる自然な夫婦のやりとりは、ドラマを見る者の心に忍び寄るように迫る」と物語の印象を語った。

実力派キャスト陣が魅せる“演技の乱反射”を楽しみつつ、「小さな罪」について考えてみるのもいいのかもしれない。

萩原聖人(足達道洋役)コメント

妻夫木さんとの共演は本当に久しぶりで、本作では一緒になるシーンは少なかったのですが、撮影を通して慟哭する妻夫木さんの表現に感慨深く、とても興奮しました。

石井組の雰囲気は和やかであり、その和やかな中にも常に緊張感がある、演じる側にとって最高の環境を石井監督が作ってくれたことが嬉しく印象深いです。

現代社会に生きる我々にとって、とても重要なテーマが詰まっている作品だと思います。皆さま、心して見ていただければと思います。

北村有起哉(海老沢 一也役)コメント

この作品は、「ぜひご覧ください!」と言いづらい作品です。それだけ私は、この台本を読んで、ある種のショックを受けました。これは今の時代の日常にある陰を描いた作品です。そしてその陰は、すぐそこのお隣さんにあったりします。視聴者はドキッとしたりヒヤッとしたり、エンドロールでモヤモヤしたり、あちこちへ感情が蠢いているはずです。

石井監督の座組としての腕力と吸引力。主演の妻夫木くんと井上さんの情感あふれる安定感。このお三方がそろうことによって、この危険な作品の本性が浮き彫りになるのを、僕も楽しみにしております。ぜひご覧ください!

光石研(上村育夫役)コメント

石井監督の現場は3回目になるのですが、回を重ねる度にジャッジが早くなっている気がします。以前から、スタッフ・キャストを束ねる統率力もずば抜けていたのですが、今回は益々、ジャッジ、統率力が抜群でした!

妻夫木さんとも3回目になるのですが、どんどん削ぎ落とし、重心を落としている印象でした。監督が石井さんで、主演が妻夫木さん! この現場が楽しくない訳がありません。もちろん仕上がりも!

三浦貴大(久米川治昭役)コメント

妻夫木さんは、ぜひ共演してみたい役者さんでしたので、今回ご一緒できて、本当にうれしかったです。

現場での共演シーンは多くはなかったのですが、相対した時の芝居の熱量、そして精密さを目の当たりにし、ただぶつかっていくことしか出来ませんでしたが、最高に楽しい瞬間でした。

石井組は、スタッフ全員が作品を良いものにしようと、作品作りに全力で向き合っている、とてもいい現場でした。誰よりも、監督が楽しそうに現場にいるのが、そんな雰囲気を作り出しているのだと思います。

人間のやり場のない怒りや悲しみがどこに行き着くのか。ぜひ、ご覧いただければと思います。

芹澤興人(小林麟太郎役)コメント

こんな見た目ですが、実は、僕と妻夫木さんとは同い年です。物語の中で、真実を求めて市役所にやってきた加山と対峙するシーンがあるのですが、その事もあって、かなり意識して肩の力が入りすぎたところもあります。そういう部分が役とリンクしたと思っています。

石井組の、人間の覚悟を肯定する姿勢に助けられました。この作品はタイトルの通り、登場人物、音楽、映像の全てが物語を通して『乱反射』しています。その中で、主演の妻夫木さん、井上さんのお二人が示したものは普遍的で、僕には神々しく映りました。この『乱反射』をどうぞそのまま呑み込んで見ていただけたら幸いです。

筒井真理子(粕谷静江役)コメント

これまで何度か母親役を演じさせて頂いた時は、とても可愛らしい少年でしたが、今回は精悍な男性になっていて、頼もしかったです。でも、笑顔はあの時の少年のままでした。

スタッフの皆さんが、石井裕也監督の作品を心から愛しているのが伝わってきました。そして、その作品に対しての取り組み方が、なんとも言えない柔らかい集中力に満ちていて、とても心地よかったです。

市井の人たちのそれぞれの物語が、響き合い波及し合う。石井裕也監督の真骨頂の作品です。ぜひご覧ください!

梅沢昌代(田丸ハナ役)コメント

石井監督は撮影中、テストの時にたまたま起こった事を、とても面白がる方です。それをもう一度演じるのはなかなか大変ですが、監督はあきらめません(笑)。

私の役は、街路樹伐採反対運動のリーダーに持ち上げられた主婦ですが、とても暑い日にエキストラの方たちと全力で街路樹の並木道を何回も走らされてヘトヘトになりました(笑)。

『乱反射』は、日常誰もが思う「これ位のズル、勘弁してよ。」と行動したことの連鎖で悲惨な事件が起きてしまった辛いドラマですが、心に残る見応えのある作品です。どうぞお楽しみに!!

田山涼成(三隅幸造役)コメント

妻夫木君と同じ現場にいると…すーっと物語の世界に誘われる。各々の役を進化させ、共に生き生きさせる力を持つ事が出来る俳優だ!十数年前、初めて一緒になったとき…リアリティーのある自然体な芝居に圧倒された事を思い出した。それは今回も同じで、井上さんとの家族のシーンは、やはり生き生きしていた。妻夫木君から放たれる“演技の乱反射”は嬉しい限りだった。ありがとう!

石井組の現場には絶対停滞は無く、その代わり探究はたっぷりある。照明、音響、小道具等々、監督の下、作品に対する探求心は大きな輪になった。監督が優秀だから優秀なスタッフが集合するのか…分からないが、ドラマの神様が降臨したと私自身は勝手に決めている!!

群衆劇ミステリー、ご家族で見て頂きたいです。終わったあと、会話が弾むと思います。

鶴見辰吾(石橋忠行役)コメント

妻夫木さんとはこれまで何度も共演しているが、いつも思うことは、共演者にまるでフルスイングをさせるような球を投げてくることだ。その都度、その球種はバリエーションを増やして、それに対面するのが楽しい。私が信頼できる俳優である。

石井裕也監督は映像のカット割りや技巧にこだわらず、人間本位つまり心の動きを求めてくる、現在では稀有な映画作家だ。彼と仕事ができることは、私の中ではご褒美とも言える。

見どころは、萩原聖人さんの鬼気迫る演技。初めての共演で大きな刺激を受けた。そして、妻夫木さんと井上真央さんの共感できる自然な夫婦のやりとり。これがドラマを観る者の心に忍び寄るように迫る。

「メ~テレ開局55周年記念ドラマ 乱反射」あらすじ

地方都市に住む幼児が、ある事故に巻き込まれる。原因の真相を追う父親が突き止めたのは、誰にでも心当たりのある、小さな罪の連鎖だった。

新聞記者である被害者の父・加山聡(妻夫木)は、息子の死の真相を突き止めようとし、「小さな罪」を働いた人たちに次々に接触していく。だが、彼らは自分のしたことが「殺人」だとは認めない。それどころか、なぜ自分が責められなければならないのか、誰もが怒りをあらわにし、追及する聡を逆に非難する。

誰も謝罪をせず、誰もが人のせいにし、自分の責任を認めない。責任を追及しようにも法で裁くことができない。

追い込まれた聡と母・光恵(井上)は、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされていく。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む