1. トップ
  2. 柴咲コウ&橋本愛が本多孝好脚本の「dele」“キーストーリー回”を彩る

柴咲コウ&橋本愛が本多孝好脚本の「dele」“キーストーリー回”を彩る

  • 2018.8.23
  • 246 views
「dele」の第5話が8月24日(金)に放送
(C)テレビ朝日

山田孝之と菅田将暉がW主演を務める金曜ナイトドラマ「dele」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の第5話に、柴咲コウ、橋本愛らがゲスト出演。本作の原案・パイロット脚本を担当する作家・本多孝好が第1話以来の脚本を担当し、“予想外の物語”が紡がれる。

【写真を見る】豪華過ぎるぞ…! 柴咲コウ、橋本愛らが「dele」に集結

「dele」は、プログラマー・坂上圭司(山田)と“何でも屋”の真柴祐太郎(菅田)が、クライアントのデジタル遺品を整理する中で巻き起こる人間ドラマ。

毎話日本を代表するクリエーターが描きだすドラマの枠を超えた“濃密な物語”が「まるで映画を見ているよう」「世界観がすごい!」と話題を集めている。

また、物語の濃密さだけにとどまらず、意表を突きながらも確実に的を射る“異色のキャスティング”もその魅力の一つとなるが、8月24日(金)放送の第5話ではますますその魅力を爆発させる。

テレビ朝日の連続ドラマ出演は18年ぶりとなる柴咲が圭司の元恋人・沢渡明奈役で、そしてテレ朝ドラマ初出演となる橋本愛が物語の鍵を握るキーパーソン・楠瀬百合子役で出演する。

橋本は祐太郎の、そして柴咲は圭司の “新たな顔”や“謎のベールに包まれた過去”を視聴者に提供する重要な役回りも担う。

そして「dele」全体のキーストーリー回となりそうな第5話の物語をつむぐのが、第1話以来の登板となる本多。

全体の原案・パイロット脚本を担当している「dele」の生みの親でもある本多の脚本により、これまでほぼ語られることのなかった圭司と祐太郎のバックグラウンドも掘り起こされる。

さらに、第5話には役者としても朝ドラなどに出演し、注目を集める4人組バンド・黒猫チェルシーの渡辺大知や2014年にパリコレデビューを果たした人気モデル・朝比奈秀樹も出演。

ちなみに渡辺は、10月19日(金)公開の映画「ここは退屈迎えに来て」でも橋本と共演する。

第5話あらすじ

そんな注目キャストがそろった第5話は、圭司が元恋人・明奈(柴咲)と1年ぶりに再会。時を同じくして、圭司が経営する「dele. LIFE」にデータの死後削除を依頼していた天利聡史(朝比奈)が、事故で意識不明の状態に陥る。

そんな中、圭司の相棒・祐太郎は聡史の幼なじみで婚約者だという百合子(橋本)から、削除依頼を取り消すと言われてしまうことに…。

会話や表情の端々から聡史への強い愛情を感じ取った祐太郎は、百合子の心を救いたい一心で、聡史の親友・宮田翔(渡辺)と接触。

ところが、この行動がきっかけとなり、“いちずな恋の物語”は思わぬ方向へと舵を取りはじめ…というストーリー。

そして最後の最後で、ハッと息をのむ予期せぬ結末が待ち受ける。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む