1. トップ
  2. 木村拓哉×マツコデラックス!ギョーザトークバトル勃発

木村拓哉×マツコデラックス!ギョーザトークバトル勃発

  • 2018.8.23
  • 1089 views
マツコデラックスがギョーザトークで大盛り上がり
2018年ザテレビジョン撮影

木村拓哉が、8月22日に放送されたバラエティー「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)にゲスト出演。木村が明かしたこだわりにマツコデラックスが賛同するも、異なる部分についてはお互いムキになって一歩も引かず、ネットで「子供みたいでかわいい!」「楽しそうw」と注目を集めた。

【写真を見る】マツコデラックスと同級生という木村拓哉

出演者のこだわりについて討論するコーナー「ホンマでっか!? どっち派討論会」で、木村は「歯磨き粉の量は、普通につける派か、モリモリにつける派か」「餃子のタレは、普通につける派か、ベチョベチョにつける派か」という2つの議題を提示。

するとマツコだけが木村と同じモリモリ&ベチョベチョ派だったため、木村と同郷で同期生でもあるマツコは「これたぶん、千葉の風習とかじゃないわよね?(笑)」と木村に確認して笑いを呼んだ。

木村が実際にやってみせたところ、歯磨き粉は歯ブラシに乗るギリギリの量、シャンプーはポンプを3プッシュ以上、ギョーザに至っては、皮に箸を刺して穴を開け、穴をタレに押しつけてタネに吸わせた後、上向きにしてから食べるというこだわりよう。

するとマツコは「私、もっとヒドイ」と、ギョーザの端をかじってタレをジャブジャブ流し込む食べ方を披露した。木村はこれを否定し「だってさ、この最初のクチッていう部分(一口かじった部分)、犠牲じゃん」と反論。

以後互いに譲らず、マツコが「あれ(一口目)は、犠牲を伴った愛よ!」と美しい言葉で飾れば、木村は「犠牲、認めたじゃん!」と揚げ足を取り、マツコが「あれは愛なんだもん!!」と主張。

木村も「絶対穴開きで大丈夫だもん!!」と一歩も引かない、子供のような言い合いに。

これにはベチョベチョ派の明石家さんまも「俺たくさんかけるけど、あんなことせえへん。俺、普通やわ(笑)」と引いて、スタジオを沸かせた。

ネットでは、ギョーザの食べ方について盛り上がるとともに、木村とマツコの言い合いが「子供みたいでかわいい!」「じゃれあって楽しそうw」と話題に。

さらに心理学評論家・植木理恵氏が、適量=行儀良く食べる人は社会的で規範的な人間関係を築くのが上手であるものの、自分の人生に後悔しやすい傾向があると紹介したため、「たまにはのんびり泡だらけを楽しもうかな」「明日はいろんなタレで餃子パーティしてやるw」と興味を示すコメントも上がった。

次回の「ホンマでっか!?TV」は8月29日(水)夜9時より放送。ゲストに篠原涼子、板谷由夏、ともさかりえ、渡辺直美が出演予定。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む