1. トップ
  2. りゅうちぇる「自分の世界観を持つといい」“ちぃ族”日野麻衣を高評価

りゅうちぇる「自分の世界観を持つといい」“ちぃ族”日野麻衣を高評価

  • 2018.8.23
  • 416 views
りゅうちぇるが不思議ちゃんキャラに言及
2018年ザテレビジョン撮影

8月22日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、不思議ちゃんキャラにまつわるドッキリ企画を放送。不思議ちゃんキャラではないタレントが「不思議ちゃんキャラ」になりきる過程に密着した。

【写真を見る】“ちぃ族”日野麻衣はグラビア方面でも活躍中

今回は「不思議ちゃん設定、パターン枯渇してる説」を検証。番組が用意した「緊急不思議ちゃんオーディション」に、不思議ちゃんキャラではないタレントたちが挑んだ。

松本人志はVTRが流れる前から「怖いよぉ…これ見んの怖いよぉ…」と表情を曇らせていた。

50人を超える参加者の中から三田寺理紗、日野麻衣、彩希エリナ、増田裕介の4人がオーディションを通過し、りゅうちぇるが待ち受けるニセ番組の収録に参戦することに。

だがここで、ニセ番組収録前日、番組サイドから「キャラ的に弱い」と指摘を受けた4人は、オーディションで見せたネタをさらに作り込み、さらなる不思議ちゃんキャラを作り上げニセ番組収録に臨んだ。

三田寺はオーディションではカッパのキャラ設定だったが、オーディション通過後にさらに作り込み「鬼の子りーたん」として登場。顔や手足を緑色に塗った姿で「りーたんは260歳」などのせりふで不思議ちゃんキャラを演じきった。

また日野は「アルミホイルで作ったペットネタ」をさらにバージョンアップ(?)させ、ちくわを手に持ち「ちぃ族」を演じた。日本でいうちくわの中に何かを入れるのが「ちぃ族」でははやっているそうで、その中に入れるものを日本に探しに来たという。

りゅうちぇるは「民族攻めはいいですよね、僕は『ちぇるちぇるらんど』なので、自分の世界観を持つといいですよね」と賛同しつつ高評価を与えた。

ただ今回の収録が「水曜日のダウンタウン」とネタバラシされた4人は「えっ?」と戸惑いの表情を。三田寺に至っては涙を浮かべ、「もっと普通の肌で出たかった」と全身緑色に塗ったことを後悔していた。

SNS上には「一生懸命やってる裏側を見せられると、不思議キャラも好感持てるな」「女の子は自分を捨ててがんばってたけど、男性の不合格者の多くはプライドが邪魔してるのか中途半端」といった主旨のメッセージが投稿されていた。次回の「水曜日のダウンタウン」は9月12日(水)放送予定。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む