驚異の19歳・ちゃんみな初降臨! 観客に“魔法”をかける圧巻のパフォーマンス<RIJF>

国内最大のロック・フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」が、2018年8月4日、5日、 11日、12日の4日間にわたり茨城・国営ひたち海浜公園にて開催。最終日となった12日、BUZZ STAGEでは話題のトリリンガルラッパー/シンガー・ちゃんみながパフォーマンスした。

【写真を見る】インパクト抜群の登場を見せたちゃんみな

BAD HOPのT-PablowとYZERR、裂固ら、多くの若手ラッパーが名を上げた「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」(BSスカパー)への出演を機に注目を集め、今や「最も注⽬すべき10代アーティストの⼀⼈」と目されている彼女。

最近ではバラエティー番組への出演も果たすなど、ヒップホップ好きだけでなく一般層にも存在が知れ渡りつつある中、彼女のライブをひと目見ようと多くの観客が集まった。

登場から驚異の風格! 出オチとは無縁のパフォーマンス

【写真を見る】インパクト抜群の登場を見せたちゃんみな
KADOKAWA

ギター、ベース、キーボード、ドラムというバンドメンバーがちゃんみなの登場を待ち受ける中、突如として上半身裸の男性ダンサーたちが大きな旗を手に登場。そのままステージ中央を覆うように旗を構える。

その後、旗で隠されていた部分があらわになると、4人の女性ダンサーを従えたちゃんみなの姿が! いすに座り、ふてぶてしいポーズで待ち構えているという何ともな登場に、観客もどこか呆気にとられた様子。

そのまま披露された「MY NAME」では、ちゃんみなと女性ダンサーがいすを巧みに使ったダンスパフォーマンスを披露。その周囲を6人の男性ダンサーが取り囲む、実にショーアップされたステージングを展開していく。

持ち前のヤンチャぶりがさく裂?

キレのあるダンスでも観客を魅了していく
KADOKAWA

「ROCK IN JAPAN最終日、元気ですか~? ROCK IN JAPAN、茨城にちゃんみなが来ました。みんな盛り上がってね!」という言葉に続いては「FXXKER」。タイトル通りの過激なリリックで観客を上げていく。

ラッパーとしての側面をフィーチャーされがちな彼女だが、幼少期からヒップホップダンスを親しんでいたこともあり、キレのあるダンスを見せる。曲中には「みんな~、私がこうだから、たくさん中指見せてよね~」と挑発的に呼びかける場面も。

観客に「心のブレーキ」を踏ませない!

ちゃんみなの“魔法”の効き目に観客もクラクラ?
KADOKAWA

曲間のMCでは、「茨城の人は優しいですね。でもみんな茨城の人ってわけじゃないか(笑)。(前方の観客を見やり)泣かないでベイビー」と語りかけるなど、積極的に観客とコミュニケーションを取っていく。

そして、「私と一緒に楽しむには、一つ魔法をかけさせて下さい。今からみんな、私と同い年です。50歳のおっさんも、みんなわたしと同じ19歳です。みんなまとめて19歳です。

みんな心の中に赤信号あると思います。(それを)今からみんな青信号にします! 少しの間私と遊んでください! Come on bitches!」と煽りながら「GREEN LIGHT」へ。

ちゃんみなは曲中も「私はみんなに、手を挙げて~とか、揺れて~とか言いません!自由に楽しんでください!」と呼びかけ、その言葉通り観客は思い思いに盛り上がっていく。

次世代ラッパーはトークも達者?

物怖じしない素直なトークで観客を沸かせたちゃんみな
KADOKAWA

だが、その後のMCでは「暑いですよね。もっと暑くなりたくないですか? 熱中症で死んじゃうくらい、もっと暑くなりたくないですか?フェスってそういうもんじゃないんですか?」と語り、まだまだ盛り上がりに満足していない様子。

かと思えば、「昨日タクシーに乗ったら運転手さんから『ROCK IN JAPAN行かれるんですか?』って聞かれて。『いや、出るんですよ』って言ったら『フッ(笑)』って言われました」とエピソードトークを展開し、観客を和ませていく。

物怖じしないそのスタンスやトーク力には、とても19歳とは思えない“大物”の雰囲気が漂うが、「ちゃんみな!」「かわいい!」といったコール&レスポンスに応えてくれた観客に感激の面持ちを見せるなど、等身大の素顔を覗かせる場面も。

セクシーなパフォーマンスにまさかの結末!

際どい演出もさらりとパフォーマンスしてしまう彼女のステージ度胸に観客も驚嘆
KADOKAWA

そこから「面白い話したいと思います。2年前のこの時期、本気で親友のことが好きになっちゃって、曲を作りました。面白い話だなと思って聴いて下さい」と「BEST BOY FRIEND」へ。

曲の後半では、男性ダンサーとの濃厚な絡みをみせ、ダンサーに服を脱がされるという際どい演出も。最後はソファに押し倒されるパフォーマンスを展開するが、勢い余ってそのままソファが傾き「あわや」という一幕も。

そんなハプニングにも、ちゃんみなは「これも全部、夏のせいだね~。夏だからって、そんなに好きじゃない人と変なことしちゃだめだからね!」と観客に語りかけ笑わせる。

ちゃんみなから「同い年」の観客へアツいエールが!

“練馬のビヨンセ”たる所以を遺憾なく発揮したちゃんみな
KADOKAWA

ライブが終盤に差し掛かる中、「私はいろんな恋愛してきました。その中で、彼らは私に音楽をくれたんです。ありがとう元彼たち! という歌を歌いたいと思います」と披露したのは「CHOCOLATE」。彼女のシンガーとしての側面がより際立つナンバーに、観客たちは思い思いに体を揺らしながら聞き入っていた。

最後の曲を前に、ちゃんみなは「これが最後の曲になりました。みんな一緒にお願いします。本当に、楽しすぎる夏の思い出が出来ました。ROCK IN JAPAN、来年もまた呼んで下さい!」と明かし、すっかりこのフェスが気に入った様子。

そして、ライブのラストを飾ったのは「LADY」。ちゃんみなは「私の歌に耳を傾けてくれてありがとう! 今日のライブで私のことを知ってくれてありがとう! 最高の夏のスタートが切れました!

私まだまだがんばります! 19歳のみんな、どっちが先に上へ行けるか競争しようぜ~!」と、「同い年」の魔法をかけた観客たちへエールを送り、投げキッスと共にステージを後にした。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。