1. トップ
  2. 山崎賢人主演「グッド・ドクター」好評ドラマ、現実の小児外科に広がる影響

山崎賢人主演「グッド・ドクター」好評ドラマ、現実の小児外科に広がる影響

  • 2018.8.23
  • 537 views
山崎賢人主演「グッド・ドクター」で、テレビ新広島と広島大学病院のコラボスポットを放送!
(C)フジテレビ

【写真を見る】子どもたちの笑顔がまぶしい!現在放送中のスポット映像

現在放送中のドラマ「グッド・ドクター」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)で、中四国地区唯一の小児がん拠点病院である広島大学病院と、テレビ新広島(フジテレビ系列局)がコラボしたPR映像が広島地区限定で放送中だ。

「グッド・ドクター」は、日本国内でも数の少ない小児外科医をテーマにした、メディカル・ヒューマンドラマ。山崎賢人演じる、自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に難を抱える一方、サヴァン症候群で驚異的な記憶力を持つレジデント(後期研修医)・湊が、周囲の偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命と向き合い成長していく姿を描く。

ネット上では、「毎回泣ける」「山崎賢人の演技がリアル」など、丁寧なストーリーや演技に感動する声が上がっている。一方で、ドラマの放送は実際の医療現場へも影響を与えているようだ。

PR映像で「長く病院で過ごす子ども達に、ワクワクできる体験を」

PR映像は、広島大学病院の協力のもと、小児科病棟で撮影を実施。入院中の子どもたち、保護者、看護師、医師ら30人以上が「グッド・ドクター、見てね!」と元気にタイトルコールをするものだ。

今回のPR映像は、広島大学病院の小児外科医・栗原將先生からの一本の問い合わせがきっかけ。ドラマの第1話に感銘を受けた栗原先生は、放送翌日にテレビ新広島へ「病棟へポスターを貼りたい」と申し出。「長く病院で過ごす子ども達に、ワクワクできる体験を」という思いから、PR映像の撮影・放送へとつながった。

【写真を見る】子どもたちの笑顔がまぶしい!現在放送中のスポット映像
(C)テレビ新広島

PR映像撮影に、子どもたちも大はしゃぎ!

PR映像の撮影が決まると、収録前に子どもたちは「山崎賢人が来てくれないかな~(笑)」など、冗談を言ったりしながら胸をはずませ、親子で何度もタイトルコールを練習。

撮影当日は、多くのスタッフが駆け付け、子どもたちと一緒に参加できるイベントとして、全員が楽しみながら収録は進んだ。

参加した医師の一人、谷博雄先生も「普段から一緒に散歩をしたり、遊んだりして、距離を縮められるように心掛けていますが、僕たち医師は“痛いことをする人”というイメージがあるので、身構えられてしまうことも多いです。今回の撮影では、見たことがないくらい楽しそうな子どもたちの顔が見られたので、良かったです」と語る。

PR映像放送の反響、子どもと外の世界をつなぐきっかけに

実際にPR映像が放送されると、収録に参加した子どもたち、保護者から「地元の小学校の友達にがんばって治療している姿を見てもらえて良かった」、「現実世界にこうやって病気と闘っている子どもがいることを知ってもらえる機会を与えてもらって良かった」という感想が上がった。

さらに、入院中に一緒に病気と闘った友達からも「見たよ~」との連絡が。長く病院で過ごしている子どもたちや家族にとって、離れている人たちとつながりを保つ機会となっているようだ。

「グッド・ドクター」やPR映像収録の話題を通して、子どもたちや保護者、スタッフにたくさんの笑顔が見られ、会話もはずんでいるという。今回のPR映像のきっかけをつくった栗原先生は「グッド・ドクター」へこのような期待を寄せる。

「小児外科がドラマのテーマとして扱われたことで、入院している子どもたちも、外の世界とつながっているような感覚を持つことができたのではと思います。このドラマを見て、小児外科医を志す人が増えてほしいですね」

中島は、湊を認めることができず…
(C)フジテレビ

8月23日(木)放送の第7話あらすじ

湊(山崎賢人)は、その圧倒的な知識量により、徐々に他の小児外科医からも認められるように。しかし、先輩レジデント・中島(浅香航大)だけは、湊を受け入れることができずにいた。

一方、夏美(上野樹里)のもとへ、かつて小児外科に入院していた奈々子(福田麻由子)が訪ねてくる。

奈々子は、職場の同僚・健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが、小児外科へ入院していた際に卵巣の1つを摘出したことを気にしていた。そんな奈々子が、ある日激しい頭痛に襲われ、東郷記念病院へ救急搬送されて来る。

※山崎賢人の「崎」は正しくは「立さき」(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む