1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. セレブだってニキビに悩んでる! 16人のセレブが語る、ニキビとの付き合い方

セレブだってニキビに悩んでる! 16人のセレブが語る、ニキビとの付き合い方

  • 2018.8.23
  • 6337 views
Women's Health

鏡を覗けば、顔には赤い点がぽつり。はぁ〜またこんなところにできている、と私たちを悲しくさせるニキビ。発見してからは気になって仕方がない、でもいじると悪化する……の無限ループ。そこで今回は、勇気を持って自分のニキビ事情を明かしてくれた16人のセレブをご紹介。ニキビでテンションが下がるのはセレブも一緒。彼女たちのニキビケアも教えてもらったので、参考にしてみて。

acne-cameron
Women's Health

キャメロン・ディアス

自身の著書『The Body Book: The Law of Hunger, the Science of Strength, and Other ways to Love Your Amazing Body(ザ・ボディ・ブック:空腹の法則、科学に基づく体力のつけ方、そして身体をもっと愛せるようになる方法)』で、キャメロンは10代から20代にかけてニキビにひどく悩まされたとつづっている。「本当にひどかったの」と彼女。「もどかしくて、恥ずかしくて、苛立たしくて、とにかく自分にいい印象を抱けなかった」

acne-katyperry
Women's Health

ケイティ・ペリー

今となっては米コスメブランド『カバー・ガール』と契約しているケイティだけれど、メイクの下に彼女が隠し持っていたのは、肌荒れ。「ニキビの痕が残っているの」と彼女はコスモポリタンUKに話してくれた。「それが気になって、メイクを厚塗りしちゃうこともあるわ」

acne-rihanna
Women's Health

リアーナ

しびれるかっこよさを秘めたリアーナは、ニキビが出現するときは「禁酒して、必要以上に水を飲む」とコスモポリタンUKに語っている。「あと、口紅は欠かさない。口紅はニキビから視線をそらしてくれるからね」

acne-emmastone
Women's Health

エマ・ストーン

エマは、映画『Easy A』を撮影している最中、米国のニキビ治療薬、アキュテイン(一般名はイソトレチノイン)を使用していたことをRefinery29のインタビューにて告白。さらに、ストレスによるニキビは後に修正されていたのだとか。「そのとき、ニキビがどれだけ身体を弱らせて、自分に恥をかかせるものかを思い知ったわ。だからニキビの科学にとても興味があるの。外からの治療法にもね」と前向きな姿勢を見せている。

acne-nayarivera
Women's Health

ナヤ・リヴェラ

ニキビケアの化粧品『プロアクティブ』の広報担当も務める海外ドラマ『グリー』のナヤも、ニキビに悩む一人。「いつしかできていたの」と彼女はPeople誌に打ち明けている。「大人ニキビだったのよね。だってそれまでは肌荒れを経験したことなんて一度もなかったし。だから最初は『なんで24歳にもなって急にできるの?』と思った。精神的にも不安定になったわ」

acne-keiraknightley
Women's Health

キーラ・ナイトレイ

英国の美女キーラも気まぐれなニキビに頭を抱えているそう。「肌が荒れやすいから、人の目が気になって仕方ないの」とVogueオーストラリアに話す彼女。「顔が自分の売りだと、気にせざるを得ないのよね。どこか荒れているとすぐに指摘されてしまうから、余計にね。しかもみんなとてもダイレクトに言うのよ」

acne-kaleycuoco
Women's Health

ケイリー・クオコ

最近ビューティにまつわるニュースでよく見るケイリー・クオコ。先日はピンク色にカラーリングされた粋な眉を見せてくれたけれど、海外ドラマ『ビッグ・バン・セオリー』に出演する彼女も実はニキビ持ちだったみたい。「10代の頃はニキビがあまりにもひどくて、カメラの前に立つ自信がなかったの。ドラマに出演している間にできてしまうとなかなか辛いものよ」とオンラインメディアPopsugarに告白。

acne-jurnee
Women's Health

ジャーニー・スモレット

海外番組『フライデー・ナイト・ライツ』のスターであり、今やプロアクティブの広報担当者も務めるジャーニーは、ある撮影中にニキビが悪化したそう。「あれはオースティンで『フライデー・ナイト・ライツ』の撮影をしていたときね。湿気、テキサスの食事、ホルモン、それから結婚式を計画することに対するストレスでとうとうお肌もお手上げ状態だったの」。幸い、十分の睡眠と水分をとることで治まったみたい。

acne-bellathorn
Women's Health

ベラ・ソーン

ディズニースターのベラは、もはやレッドカーペットの常連。でも、その度に人の視線を感じてきたと言う。ジョンソン・エンド・ジョンソンのボディアケア用品、ニュートロジーナのアンバサダーとして、ブランド用の動画でベラはこう語る。「初めてニキビができたとき、皮下からぽっこり腫れてしまって。誰かに見られたり、話しかけたりされる度に不安を感じていたわ」

acne-annalynne
Women's Health

アナリン・マックコード

「残念ながら私にも大人ニキビがあるの」とMaximoTVのレッドカーペットインタビューで話したアナリン。「私を応援してくれている子に自信をなくして欲しくないの。傷があるからって何?私もニキビができれば誰かに何か言われているんだから、完璧を目指すのはやめて。私たちは完璧じゃない。ただの人間なの」。拍手! これ以上言うことなしね。

acne-sza
Women's Health

SZA

R&BアーティストのSZAは、ナチュラルな方法でニキビを治しているそう。「私はよくニキビができるから、マヌカハニーのマスクを使って予防して、ヘンプオイルで保湿しているわ」とRefinery29に話す彼女。「肌がうまく自分と協力してくれなくてもがっかりしないで。少し待てば治るわ」

acne-dakota
Women's Health

ダコタ・ファニング

「一生治らないひざのあざとマリオバデスクのニキビクリーム。それとややセクシーな植民地系のパジャマ=最高の火曜の夜」というのは、彼女の2017年のインスタグラムの投稿。思いっきり共感できることをスターが言ってくれると、なんでこうも嬉しいのかしら。

acne-kendalljenner
Women's Health

ケンダル・ジェンナー

2018年のゴールデン・グローブでニキビを堂々と見せたケンダル。「ニキビなんかに負けないで」と彼女。今はこのようにパワフルな発言ができているけれど、そう思えるまでには時間がかかったそう。「(ニキビができているときは)人の目を見て話すのをずいぶん避けた。安定している時期じゃなかったのもあったのかもね。ニキビができると自信を失った。だから彼らの目を見なければ、相手も私の顔を見ないかも、って思ったの」と彼女は2015年、Allure誌に話している。

acne-lilireinhart
Women's Health

リリ・ラインハート

海外ドラマ『リバーデール』の出演者であるリリも、大人ニキビ持ちだとインスタグラムストーリーで明かしている。「12歳の頃からよ。それからなかなか自分に自信を持てずにいた」とPeople誌に語ったリリ。「でもニキビは私の全てじゃない。ニキビを恥ずかしがるのは私も一緒よ」

acne-mindy
Women's Health

ミンディ・カリング

ニキビは10代まで? それとも20代まで? どうやらミンディいわく、30代に入ってもニキビは続くそう……。「30代に入ってもニキビクリームにお世話になっている。テレビに出ないだけマシね」と彼女はインスタグラムにつづっている。

acne-lorde
Women's Health

ロード

「未だに周りは私に体験談を語りたがるの。『何が効いたか知りたい? 保湿よ! おすすめは、ココナッツオイルよ。ココナッツオイル!』なんてね」と彼女は笑いながらインスタグラムストーリーで明かした。でも、最悪なのはニキビができているだけで不潔と思われてしまうこと。「『顔洗っている?』なんて聞かれるの。洗っているに決まっているじゃない。私は遺伝レベルで呪われているの」と無表情で語ってくれた。

※ この記事は、US版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

オリジナルサイトで読む