1. トップ
  2. 映画「アリー/ スター誕生」初主演のレディー・ガガ、人生を懸けた歌は鳥肌モノ!

映画「アリー/ スター誕生」初主演のレディー・ガガ、人生を懸けた歌は鳥肌モノ!

  • 2018.8.23
  • 876 views
映画「アリー/ スター誕生」で初主演を務めるレディー・ガガ
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

レディー・ガガの映画初主演作「アリー/ スター誕生」(12月21日[金]公開)の日本版予告が完成し、同時にガガがノーメイクのようないでたちで、自分自身と重なるキャラクターを演じているティザービジュアルも解禁となった。

【写真を見る】監督を務めるブラッドリー・クーパーが、アリーの才能を見出すロックスター役を演じる

映画「アリー/ スター誕生」は、歌手を夢見るウェイトレスのアリー(レディー・ガガ)が、国民的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)にその才能を見出され、華やかなショービジネスの世界で愛と挫折を経験しながらスターへの階段を駆け上がっていくという物語。ガガは歌に人生を懸けたアリーの姿を、迫真の演技と魂の歌声で表現する。

ジャクソン役のブラッドリー・クーパーは、映画界の“巨匠”クリント・イーストウッドの元で「アメリカン・スナイパー」(2014年)の主演・製作を務め、今回初めての監督&主演作となる。「アリー/ スター誕生」はすでに、第75回ベネチア国際映画祭や、第43回トロント国際映画祭など名だたる映画祭への正式出品が決定し、アカデミー賞が最有力視されている。

物語のヒロイン・アリーは、まさにレディー・ガガの人生を映画化したかのようなキャラクター。ガガは、圧倒的な音楽的才能がありながらも、学生時代容姿にコンプレックスを抱えていたという過去を持ち、ソングライターとして楽曲提供を続けながら生計を立てるためにクラブのダンサーとして働くなど、努力の末にスターダムを駆け上がった経験の持ち主。ドラマチックな人生を経験してきた彼女だからこそ、アリーがいかにしてスターになるのかを、リアリティーを持って体当たりで熱演する。

またドラマと共に生まれる数々の曲は、本作オリジナルの書き下ろし。自分の容姿と才能に自信がなかったアリーが、戸惑いながらも一歩を踏み出しステージで披露するのは、本作のメイン楽曲「SHALLOW」(原題)。これまでも”ありのままの自分に自信を持つ”という力強いメッセージを込めた名曲を生み出してきたレディー・ガガの魂の歌声が、見る者の心に強く響くに違いない。

全身全霊で歌うガガの歌声を、一足先に予告編で聴いてみてほしい。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む