1. トップ
  2. ネイル
  3. 40代は「くすみピーコック柄ネイル」で定番アートも大人顔に

40代は「くすみピーコック柄ネイル」で定番アートも大人顔に

  • 2018.8.23
  • 5011 views

ネイルアートの定番アートの1つに、ピーコック柄があります。このピーコックをくすみカラーにチェンジするだけで、大人向けになることはご存知ですか?モスグリーンやくすみブルーといった落ち着いた色合いは、センスあるオシャレなネイルに仕上げるのにうってつけ。この記事では、大人の女性にこそ試していただきたい「くすみピーコック柄ネイル」をご紹介します。

ピーコックフレンチで技ありネイル

いつものフレンチネイルをピーコックに変えれば、オシャレな技ありネイルに変身します。

さり気なさが欲しいので、全部の爪をピーコックにするよりも、数本だけピーコックにするのがおすすめ。控えめで素敵に仕上がります。
色はくすんだ色をチョイスしましょう。落ち着いたオレンジやモスグリーン、くすみブルーだと大人っぽい雰囲気になります。

くすみ色を引き立てるために、ピーコックで使用する色は3色程度がベストです。
くすみカラー2色×白やベージュのピーコックなら、品良く仕上がります。ここで鮮やかな色やネオンカラーを入れてしまうと、台無しになってしまうので注意しましょう。

くすみピーコックのフットネイルは大人セクシーに

パンプスを脱いだときにチラリと見える、くすみピーコックのフットネイルには大人の色気を感じます。キャピキャピしないしっとりとした足先は、大人の男性の心も掴めるかも。
ピーコックを描く爪は親指がおすすめです。面積が広いので、キレイな模様になりますよ。

足が角質でガサガサしていると、せっかくのくすみ色が沈んでしまいます。ネイルサロンでは、ネイルと同時にフットケアもオーダーすると良いでしょう。
足裏や指裏の余分な角質を取れば、ツルツルした仕上がりに。スクラブやピーリングをかければワントーン明るい足が期待できそうです。

ワンカラーでも上品に決まる

くすみピーコックはワンカラーと組み合わせても上品です。
ワンカラーも、ベージュやグレージュ、ブラウンといった落ち着いた色を選ぶのがポイントです。

ピーコックをアートする爪のベースは、ベージュや薄いグレーがおすすめ。ピーコックが引き立ちます。ブラウンや白を組み合わせてピーコックを描けば、華やかだけど大人っぽいネイルになるでしょう。

煌きをプラスしたいなら、ゴールドやシルバーのラメをさり気なく散りばめても良いですね。


Itnail編集部

元記事で読む