1. トップ
  2. 阿部サダヲが「溺れて死にかけた」と語る現場で吉岡里帆が「そばでサポートを」

阿部サダヲが「溺れて死にかけた」と語る現場で吉岡里帆が「そばでサポートを」

  • 2018.8.22
  • 415 views
『音量を上げろタコ!』で共演した阿部サダヲと吉岡里帆
KADOKAWA

「時効警察」シリーズの三木聡監督作『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日公開)の完成披露試写会が、22日によみうりホールで開催され、阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、松尾スズキ、三木聡監督が舞台挨拶に登壇した。明治大学応援団による“音タコ特別応援エール”が披露されたあと、キャストも応援団ばりに声を張り上げて挨拶し、会場を沸かせた。

【写真を見る】吉岡里帆は黒のシースルーのスカートとスニーカーのコーディネート

初の三木組で主演を務めた阿部は「溶け込めるかなあとすごい緊張しました。そしたら撮影の初日に溺れて死にかけまして。この現場は自分の命を守らなければいけないなと。そこからは自分で自分の命を優先しました。降ってくる雨に溺れるのは初めての経験でした」と激白。

三木監督は「阿部さんの顔がおもしろくて」と大笑い。阿部を見ていたという吉岡は「そばでサポートしなければいけないなと思いました」と笑顔でコメント。

ヒロインを務めた吉岡も「口の中にカメラが入ってくるんです。撮影の相馬(大輔)さんが全速力で走ってきて、その方のカメラを口を開けて待つとか、特殊な撮影が多くて。皆さんと一緒に時間を過ごせたから、いまの強さがあると思ってます」と、破天荒な三木組のエピソードを明かした。

千葉も過酷だった撮影を経験したようで「撮影が終わって2日後に、鼻からチーズが出てきました。ずっとチーズの臭いがするなと思っていたんですが」と言うと、阿部が「2日詰まってたんだ!そこから発酵したんだろうね」とうなずくと、会場は大爆笑となった。

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』は、“声帯ドーピング”をして、4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量を手に入れたロックスター・シン(阿部サダヲ)と、異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)が織りなすパワフルなコメディ。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

オリジナルサイトで読む