1. トップ
  2. 壮絶な過去を乗り越え…『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の心揺さぶる予告編が解禁

壮絶な過去を乗り越え…『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の心揺さぶる予告編が解禁

  • 2018.8.22
  • 2909 views
心揺さぶる母子の実話が映画化
[c]2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

人気ブログ「ゲイです、ほぼ夫婦です」の管理人・歌川たいじが、母親から虐待を受けた壮絶な過去を綴り話題を呼んだコミックエッセイの映画化『母さんがどんなに僕を嫌いでも』が11月16日(金)より公開となる。

【写真を見る】壮絶な過去に立ち向かう主人公の姿に涙…胸が苦しくなる予告編をチェック!

主人公・タイジを演じるのは、ドラマ「ゆとりですがなにか」や『南瓜とマヨネーズ』(17)などで独特の雰囲気を放ち注目を集める太賀。タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役を吉田羊が演じる。その他、タイジを支える友人たちを森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳らが演じ、光子との過去に苦しむタイジを優しく見守る。

この度、そんな本作の本ビジュアルと人気ヴォーカル・グループ「ゴスペラーズ」が本作の為に書き下ろした主題歌「Seven Seas Journey」が流れる予告編が解禁となった。

包丁を握りしめ、「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ光子のショッキングな台詞から幕を開ける本作の予告編。これまでの爽やかなイメージを封印し、険しい表情で息子につらく当たる光子を演じる吉田羊の姿は、その美しい姿とは裏腹に心に抱えた闇を感じさせる。

光子との関係が原因で伏し目がちな大人になったダイチは、友人たちとの出会いをきっかけに前向きになっていき、やがて拒絶され続けた光子に対し「負けてたまるか」と思いを新たにしていく。後半には、タイジが光子を背負いながら「母さん、僕がいるから!」と力強く叫ぶシーンや、2人が顔を見合わせ涙するシーンなどが描かれ、ダイチの光子への強い愛が、凍りついた彼女の心を優しく溶かしていく様子も垣間見える。

母親から20年以上も拒絶され続けたダイチは、どのようにして母の愛をつかみ取っていったのか。傷つけ合いながらも、壮絶な過去を乗り越えようとする母と子を優しく見守ってほしい。(Movie Walker・文/編集部)

オリジナルサイトで読む