新木優子 劇場版を鑑賞で号泣!「もう、バスタオルが必須って感じでした」

大ヒット公開中の「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」のリレーインタビュー連載。第8回目は、ドラマの3rdシーズンから新加入したフライトドクター候補生(フェロー)の横峯あかりを演じた新木優子にインタビュー!

【写真を見る】笑顔が印象的な横峯(新木優子)だが、打ちのめされることも…

幼いころに見た医療ドラマに憧れて医師を目指したという横峯は、実際の現場の厳しさに打ちのめされることも多々。だが、積極的で明るく素直な性格で、一つ一つ困難を乗り越えてきた。スピンオフドラマでは、横峯がいつも明るい色の服を着ている理由も明かされ、横峯の優しさも描かれていた。

フライトドクター候補生(フェロー)の横峯あかりを演じた新木優子
撮影=大石隼土

――劇場版の見たときのお気持ちをうかがわせてください。1stシーズンから3rdシーズンの振り返り的なシーンも、ファンにはうれしいですね。

劇場版ならではのダイナミックさを感じましたね。現場でのヘリの音とか、自分たちが撮影で感じたことがある音だなってテレビでは味わえないところでした。(振り返りは)すごく感慨深いものがありました。先輩方の大人の魅力も増してて歴史を感じましたし、でも変わってない部分も多くて、テレビシリーズからのファンとしても、あたらめて感動しました。

――そうですよね。新木さんと馬場さんは、今作を見て、タオルが必要なぐらい泣かれたと聞いていますが。

はい! もうバスタオルが必須って感じでした。どの世代の方も感情移入するポイントがあって、親子関係だったり結婚のことだったりとか、自分が生きていく上で起こりうる可能性のあるシチュエーションがリアルに描かれていて、心の傷が深かったりとか、事故のスケールの大きさと比例するように感情も動くシーンがたくさんあったので、バスタオル欲しい。ほんとに、タオルとティッシュも必要って感じでした。

――3rdシーズンから加入されましたが、ドラマで回が進むごとに、また、今回の劇場版で、内面の変化を演じる難しさは感じたりしましたか?

これまで、身近な誰かの死に25年間生きてきて直面したことがなくて。仕方がないというか、寿命だったりとか受け止めきれないけどいつかはこうなるって思える死と、そうでない事故や病気での死とドラマでは向き合っていたので、そこの気持ちの違いはすごく強かったですね。もし自分だったらって考えた時に、医者として淡々と対応しなくてはいけない部分を横峯だったらどうするかな? っていろいろ考えたりしたんですけど、演技の部分では、行動というよりかは脚本に描かれていることを丁寧にやっていくしかないなって思って、脚本に助けていただいてましたね。

実際の現場の厳しさに打ちのめされることも多かった横峯あかり(新木優子)
(C)2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

4人の関係性にももっと信頼関係が生まれるかな

――3rdシーズンから加入した4人(有岡大貴、成田凌、新木、馬場ふみか)の関係は、役どころの関係性に近いものとかはあったりしますか?

私は結構、横峯あかりみたいな立ち位置で常にいれた気はします。みんなもちょこちょこ普段と重なるところがあるので、近いんじゃないかなって思いますけどね(笑)。大ちゃん(=有岡)は、名取みたいに、あんな携帯電話いじってないかな(笑)。そこは違う部分かなと(笑)。

――(笑)。この先、例えば「コード・ブルー」に15年後の物語が存在するとしたら、皆さんは15年後どうあってほしいですか?

15年後!? 横峯は27歳の設定だから、42歳? わぁ〜、どうしてるかなぁ? 想像つかないけど、関係性的には、今はフェローとして指導していただいてる側ですけど、15年経っていたらビシバシ指導してる感じになってるのかな? 私達4人の関係性にも、もっと信頼関係が生まれているのかな? そうなれるように頑張ろっ(笑)!

――先輩(山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介)たちからのアドバイスとか、やり取りの中で印象に残っているものはありますか?

あります! すっごい印象に残っているのが、一番最初の医療リハの時に、比嘉さんが”ようこそ、「コード・ブルー」へ!”って言ってくださったんです。それが私の中では大きいことだったなって思います。すっごい笑顔で”ようこそ!”って。すごく緊張してたんですけど、比嘉さんのその言葉でほぐされました。本当にあのときのことは、この先もずっと忘れないと思いますね。

――比嘉さんのお話もありましたけど、先輩方5人とのコミュニケーションをみなさんそれぞれ取られていたかと思うんですけど、今回の劇場版とかも含めて何か印象に残っている出来事などありますか?

ドラマの第2話の山車の事故のシーンで「子供が挟まってるんです」と白石(新垣)先生に報告しに行くシーンがあって、そのシーンを撮るときに私のテイクがすごい長くかかってしまったんです。その時に「すみません。長くかかってしまって」って言おうとしたときに、ちょうど新垣さんと目があって、仕草で「大丈夫だよ」っていうのを無言で伝えてくださったんです。そのときの安心感は何にも変えられなかったです。すごくうれしかったし、あれがあったから一番最初の山場を乗り越えられたって思います。

あとは、第6話の冷凍倉庫でのシーンで最後の方に藍沢(山下)先生からの電話がかかってくるんですけど、姿は見えないけど電話の声だったり、モニターをつないで白石先生の声が聞こえるだけでも安心するし、頑張れそうって気持ちになりましたね。本当に存在が安心につながりましたね。

戸田さんは、ドラマの中では緋山先生としてキリッとされているんですけど、前室ではいつも笑顔の印象があって。戸田さんが笑ってらっしゃるのを見ると、緊張してるのがほぐれるし、もちろん緊張感はあるんですけど、先輩がそこを和ましてくださることに、本当にすごいなって思いましたね。

劇場版は「先輩方の大人の魅力も増してて歴史を感じました」
撮影=大石隼土

先輩5人は背中で語る感じでした

――山下さんは、現場に差し入れを入れてくれたりもしたそうですね。

そうなんです! ケータリングのありがたさと、山下さんの気持ちのあたたかさに感動しましたね。海ほたるで撮影してたんですけど本当に寒くって、風が強い日とか本当にケータリングのありがたさがしみました。あったかいラーメンが本当に美味しかった。それに、山下さんは食事会も開いて下さったんです。その場でも優しく微笑んでいらっしゃって。

――言葉がなくても、そういうふうに微笑んでくれるだけですごく伝わるものがあるんですね。

そうなんです。先輩たちはみんな、誰かが語るというより、今までの経験があるからこそ、近くに居て教えて下さる方々だったなと。5人は皆さん、背中で語るというか、でも、それをちゃんと見せてくださってて、聞いたらもちろん教えてくださるんですけど、私たちがうまくくみ取りやすいようにしてくださってたのかなって思いますね。

――とても素晴らしいチームワークだったのですね。最後に、劇場版の見どころをお願いします!

「コード・ブルー」の集大成として先輩たちの物語が描かれてるのですが、3rdシーズンで登場したフェロー4人のキャラクターの部分も色濃く出ていて、私だったら雪村との関係もそうですし、3rdシーズンで新たに出てきたフェローたちがどういう新しい風を入れさせていただいたかっていうのが、劇場版の2時間で感じることが出来るというか、お荷物なだけではなくて、ちゃんと先輩たちの重荷をちょっとでも軽くできる存在になったっていうのが、私たち的の見どころなんじゃないかなと思います。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理