1. トップ
  2. ダイエット
  3. 24時間キレイでいるために、毎日とり入れたいセロトニン・フード

24時間キレイでいるために、毎日とり入れたいセロトニン・フード

  • 2018.8.21
  • 6959 views
バナナやぶどうなどたくさんのフルーツがある

セロトニンとは?

どんなときも輝いている健康美人のスローガンといえば、「昼間は活き活き元気いっぱい、夜はぐっすり熟睡」。日中は活力がみなぎっていて高いパフォーマンスが発揮でき、常に笑顔も忘れない。一方、夜は心身ともにリラックスして穏やかな気持ちに包まれ、睡眠時間にキレイを磨く。そんな女性に憧れませんか?

ベッドの上で伸びをする女性

24時間ヘルシーで美しい憧れの女性へと近づくためには、体内で「セロトニン」の活性化が欠かせません。セロトニンは「元気や癒しのホルモン」として知られていて、昼間の意欲的な活動や明るい気持ちをあと押ししてくれます。そして、このセロトニンは夜になると脳の松果体で睡眠ホルモンの「メラトニン」に変換され、ぐっすり熟睡を叶えてくれるのです。

つまり、セロトニンを味方につけることこそが、「24時間キレイ」を実現させる近道になるということ。今回は、セロトニンの活性化を促してくれるセロトニン・フードをご紹介しましょう。

友野先生がおすすめするセロトニン・フードとは……?

 

 

セロトニン・フード1「トリプトファン」

セロトニンの原料となる必須アミノ酸の「トリプトファン」は、肉、魚、大豆製品、乳製品、卵などのたんぱく質に含まれています。朝からバランスのいい和定食を準備することは難しいですが、トリプトファンはバナナやアボカドなどにも含まれているので、バナナヨーグルトやバナナとアボカドのスムージーなどで摂取するように意識しましょう。

アボカドとバナナのスムージー

セロトニン・フード2「ビタミンB6」

ビタミンB6は、脳へと運ばれたトリプトファンと合成されてセロトニンを生成する必須の栄養素です。ニンニク、レバー、かつおやまぐろなどの魚類に多く含まれています。魚類は良質な脂質も含んでいるものが多く、美肌効果にもひと役買ってくれるので、お肉ばかりの偏った食生活にならぬよう気をつけましょう。

セロトニン・フード3「炭水化物」

トリプトファンを脳へと送り込む働きをする栄養素で欠かせません。米やパン類、イモ類やフルーツなどに多く含まれています。「朝果物 金・昼果物 銀・夕果物 銅」という言葉があるとおり、フルーツは1日の中でも朝の摂取が最もおすすめです。生の果物にはビタミン、ミネラルはもちろん、体を浄化する酵素がとても豊富に含まれていますので、体内の浄化や排泄機能が高まる朝に食べるとより浄化の効果がアップするためキレイがぐっと近づきます。さらに、フルーツに含まれるブドウ糖は唯一脳のエネルギーとなるものなので、摂取することで脳が覚醒し、やる気に満ちた気持ちで1日をスタートさせることができるでしょう。

本を読みながらりんごを手に持つ女性

3つのセロトニン・フードを摂取して、ヘルシーな健やか美人を目指してくださいね。

オリジナルサイトで読む