1. トップ
  2. ファッション
  3. ジル・サンダー 2015-16年秋冬コレクション - 規則性のある不規則、カラフルに彩られる

ジル・サンダー 2015-16年秋冬コレクション - 規則性のある不規則、カラフルに彩られる

  • 2015.3.1
  • 1622 views

ジルサンダーがミラノファッションウィークにて、2015-16年秋冬コレクションを発表した。キーワードとなったのは「秩序ある無秩序」。

思わずはっとさせられるような、カラーの遊びが披露されたのは、ショーの前半だった。ミッドナイトブルーのロングコートに同色のパンツを合わせた、ミニマルなスタイルからコレクションは始まったが、それが徐々にポップさを帯びていったのだ。グリーンのジャケットには、鮮やかなオレンジのインナーを。ミッドナイトブルーには、うすいピンクやイエローカラーを合わせて。民族柄のようなグラフィックのファーコートも登場したが、これもオフホワイトをベースにイエロー、グリーンなどがアクセントとなっており、ポップ、それでいて品がある。

無秩序を表現するために、デザイン面からのアプローチもなされた。まずはななめのストライプ。トップスやドレスにプリントされたが、太さが変わったり、途中で切れていたりと、その在り方は様々だ。ブラックのファーコートも、ななめのラインになるように、生地を大胆に重ね合わせて。そして後半は、格子を描く大ぶりのチェックが現れたほか、コートのストライプはまっすぐ走らず、不規則さを印象づけた。

そんな心地よい乱れに美を見出した今シーズン。しかし一方でシルエットは終始、足元へと伸びていく美しい縦のラインを保っていた。裾へ向けて広がりをみせるパンツに、真っ直ぐ身体に寄り添うミモレ丈のスカート、肩から滑り落ちるようなラインを描くロングコート。スタックヒールのシューズなど、アクセサリーもまた、ほどよい存在感を含み、不規則さに富んだコレクションを支えていた。