1. トップ
  2. 森山直太朗、石橋貴明にツッコミ「ざわわって曲ですし、タイトルでもないし」

森山直太朗、石橋貴明にツッコミ「ざわわって曲ですし、タイトルでもないし」

  • 2018.8.21
  • 718 views
森山直太朗が「石橋貴明のたいむとんねる」にゲスト出演
2006年ザテレビジョン撮影

8月20日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に、歌手の森山直太朗がゲスト出演。「勝手に語りつぎたい“若かりし直太朗がショックを受けたあの曲”」をテーマに、森山が影響を受けた昭和歌謡の名曲の数々を紹介した。

【写真を見る】森山直太朗からツッコまれた石橋貴明

若い時代に影響を受けたものということで、やはり母親・森山良子の存在が気になるミッツ・マングローブと石橋貴明。

石橋は「“ざわわ”がいるわけですから」とまさかの大物歌手を“ざわわ”呼ばわり。これには森山も「“ざわわ”って曲ですし、曲のタイトルでもないし…」と苦笑いしていた。

早速森山は「裏声に目覚めた曲」として石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」を紹介。

「母も姉もよく歌っていた」と語ると、石橋は交流の深いおぎやはぎの小木博明と結婚した森山の姉に対して、今度は「おぎ嫁」と命名。

これには森山も「おぎ嫁というのは僕の姉ということでよろしいでしょうか?」と石橋に確認を取っていた。

そんな“ざわわ”と“おぎ嫁”の親子だが、「津軽海峡・冬景色」でビブラート対決をしていたようで、森山が「原曲を聞くと、こんなんだったけなと思う」ほど2人はビブラートを効かせまくっていたようだ。

さらに、身近な存在の影響もあってか高音を出すことに何の恥ずかしさもなくなったのもこの曲だったと振り返っていた。

次回の「石橋貴明のたいむとんねる」は8月27日(月)夜11時より放送。ゲストに飯島直子が出演する予定。(ザテレビジョン)

元記事で読む