1. トップ
  2. 千葉雄大、世界進出で脱・ぶりっ子!?「カワイイが理解できない」編集者に挑戦!

千葉雄大、世界進出で脱・ぶりっ子!?「カワイイが理解できない」編集者に挑戦!

  • 2018.8.21
  • 148 views
よーく見ると千葉雄大のまつ毛はくるんと上がっている
(C)NTV

【写真を見る】ふてくされた表情もかわいい千葉雄大。金髪モデル美女は長井短で、ほか佐津川愛美、小林きな子、矢島舞美、池端レイナ、堀内敬子の姿も!

日本テレビは、10月18日(木)から千葉雄大が主演を務める連続ドラマ「プリティが多すぎる」(毎週木曜夜0:59-1:29)が、スタートすることを発表した。

ジャパニーズ・カワイイ×出版社を舞台にしたお仕事ドラマ!

本作は、大崎梢の同名小説を原作にしたお仕事ドラマ。

東京の大手出版社で働く入社3年目の文芸編集部のエース・新見佳孝(千葉)が、ある日、原宿系ファッション誌「ピピン」に異動するところから物語が始まる。突如訪れた“プリティ満載”の職場にドン引きする新見。最初はふてくされていたが、徐々に「カワイイ」という文化に本気で取り組むことを決意する―。

「自分の居場所はここじゃない」と思いながらも、一生懸命働いている多くの人に、前を向いて生きようと思ってもらえるストーリーとなっている。

日本テレビ10月新ドラマ「プリティが多すぎる」(邦題)で主演を務める千葉雄大。英語タイトルは、「Way Too Kawaii!」と表記される
(C)NTV

カンヌでワールドプレミア開催! そしてアジアの9つの国と地域で同時期放送が決定!

また、本ドラマは、日本の放送に先駆けて、フランス・カンヌでの世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM」において、ワールドプレミアが行われることも併せて発表された。在京民放キー局制作ドラマの、MIPCOMでのワールドプレミア開催は初めてのこと。カンヌで開催されるこのワールドプレミアには、主演の千葉も舞台挨拶に登壇するほか、前夜に行われるレッドカーペットにも登場する予定。

さらに、日本を含めて、韓国、台湾、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイという9つの国と地域(※1週間以内の同時期放送。配信も含む)で、同時期放送されることも決定。

世界が注目する「ジャパニーズ・カワイイ」がドラマを通して海を超える。

ここまで世界進出を決めたポイントは、このドラマが「ジャパニーズ・カワイイ」に焦点を当てていること。世界の共通語にもなっている「KAWAII」が至る所でちりばめられる本編は注目だ。

個性豊かな共演者たちもチェック!

【写真を見る】ふてくされた表情もかわいい千葉雄大。金髪モデル美女は長井短で、ほか佐津川愛美、小林きな子、矢島舞美、池端レイナ、堀内敬子の姿も!
(C)NTV

共演者も公開され、ピピン編集部の勝気な女性スタッフ・利緒(佐津川愛美)や新見の同期・近松(中尾明慶)、文芸編集部の編集長・柏木(杉本哲太)を筆頭に小林きな子、矢島舞美、池端レイナ、黒羽麻璃央、長井短、森山あすか、堀内敬子など曲者ぞろいのスタッフ&ド派手ファッションのわがままモデルなどに配役されている。

ポスター撮影でギラギラの衣装に身を包んだ千葉雄大。作品中は、原宿文化が理解できない男を演じる
(C)NTV

千葉雄大自ら役どころ&見どころを徹底解説!

千葉は、「タイトルから想像すると、『あ、また千葉が年がいもなくぶりっ子するドラマか』と感じる方もいらっしゃるのかなぁ、なんて勝手に想像してしまったりするのですが、今回僕が演じる新見佳孝は、カワイイを全く理解できない堅物な野心家です。文芸編集者のエリートとして働いていたところ、突然、ティーンファッション誌へ異動することになり、葛藤しながらも成長していく役どころです」と新見の役どころを説明。強烈かつキュートなポスターカットが目を引くが、「カワイイに理解がない方の人間」であることを強調した。

また、千葉は「この役を演じるにあたって、『働く』ということについて深く考えました。自分が望んだ職に就けた人はどれくらいいるだろう。その望んだ職に就いたとしても、思い描いていた環境で働いている人はどれくらいいるだろう。いずれにしても、みんな何かを我慢したり、理不尽な局面にぶち当たったり、それでもなんとか自分の爪痕を残して、次に進んで行こうとする。

そして、一人では決して成し得ない壁にもぶつかる。振り返ると仲間がいる。そんなお仕事ドラマだと思っています。原宿を舞台に繰り広げられるキラキラしたカワイイを作る人たちの泥臭い生きざまをご覧ください」とコメント。ドラマに懸ける思いを語った。

「ピピン」編集部でぼう然とする新見佳孝(千葉雄大)。ポスターの美女はピピンのモデル・キヨラ(長井短)
(C)NTV

今回、アジアで同時期放送されることに対しては、「お芝居する上では、何一つ変わらないのですが、宣伝コメントを中国語と英語で撮影させていただく機会があったので、その時はグローバルな雰囲気を感じました。とはいえ、国を超えてご覧いただけることは素直にうれしいです。

原宿という世界各国からたくさんの方がいらっしゃる街並みで撮影できたので、その景観も楽しんでいただけると思いますし、『KAWAII』という日本のカルチャーの裏側を見ていただけるのも魅力かと思います」と率直な胸の内を明かした。

大手出版社で働く入社3年目の文芸編集部のエース・新見佳孝(千葉雄大)はどう成長するのか?
(C)NTV

プロデューサーが千葉雄大との再会に「思わずドキッ…」となった理由は?

小田玲奈プロデューサーは、「せっかく海外に向けてドラマを作るのならば、日本が誇るものを題材にしたいと思い、今や世界共通語である『KAWAII(カワイイ)』を全力で作る人たちのお仕事ドラマを制作することにしました。

舞台はカワイイの聖地・原宿。全編に渡って大にぎわいの街中でロケを敢行しました。竹下通りはもちろん、「W・C」(※正式表記は「・」がハート)や「カワイイモンスターカフェ」など実在する人気スポットが続々登場します。海外の視聴者に「原宿行ってみたい!」と思っていただけたら大成功です」と制作意図とロケ地の裏話を教えてくれた。

小田Pが手掛けた「家売るオンナ」('16年)に千葉も出演していたが「自分がAPだった頃、若手の俳優として現場にいた千葉さん。お互いに大先輩たちに憧れながら、『一緒に出世しようね』と誓い合った仲! 千葉さん主演の連ドラを作ることを目標にしてきたので今回実現できて、とてもうれしいです」とそれ以前からの“戦友”であり、夢がかなったという。

そんな千葉の印象について小田Pは「久しぶりに再会した千葉さんは、表情がシャープになっていて、思わずドキッ…。働く男の色気さえ感じるオトナな千葉雄大のお仕事ドラマ、どうぞご期待ください!」と明かし、作品をアピールした。

原作者もオンエアが楽しみ♪「あそこで働きたい!」

原作者の大崎からもコメントが到着。「ドラマの撮影現場では、あまりにもキュートなピピン編集部にびっくり。あそこで働きたい。俳優さんたちもスタッフの皆さんも和気あいあいと頑張ってらっしゃって、良い刺激をたくさん受けました。プリティなドラマの全容を楽しみにしています」と視聴者と一緒にオンエアを楽しみにしてる様子。

ファッションや原宿文化の描写も見逃せないが、“カワイイ至上主義”の世界に放り込まれた男子が「エリートの俺がなんでこんな仕事を!」と悩みながら、成長していく姿は、多くの社会人やこれから社会に出ようとする若者の心に訴えるものがあるはずだ。(ザテレビジョン)

元記事を読む