1. トップ
  2. インテリア
  3. 【連載】生花のある暮らし始めませんか?お花を素敵に飾るテクをご紹介します♪

【連載】生花のある暮らし始めませんか?お花を素敵に飾るテクをご紹介します♪

  • 2018.8.21
  • 5453 views

はじめに

私はお花を飾るのが大好きで、日々の生活の中でなるべく欠かさないようにしています。

こちらはお庭のミモザが満開になったときの写真です。

旬のお花を飾れば、おうちの中でも季節を感じることができます♪

また、気軽に色んなカラーを楽しめるのもお花の魅力の一つ。

例えば、「好きな色だけど、あまりインテリアで使っていない色」ってありませんか?

私にとってはピンクがそれです。

なので明るい気分になりたい時、女性らしい雰囲気を楽しみたい時には、ピンクのお花を買ってきます。

普段おうちにない色が少しあるだけで、なんだかとても幸せな気分に♪

このようにお花のある暮らしは、とても楽しく心をときめかせてくれます。

その一方で、お花は高価なのでお財布とのにらめっこになることもしばしば。

私は、お庭や産直のお花を使ってなるべくお金をかけずに、お花のある生活を楽しんでいますが、お庭のお花は期間限定だし、いつも、産直に行けるわけではありません。

お花を飾りたいけど、お花って高価だし・・・と普段感じている方の参考になれば幸いです♪

お花は小分けにして飾ろう

左は産直で500円で買ってきた花束。それを小分けにして飾ったのが右の写真です。

一つの花瓶にまとめて飾るより、小さいフラワーベースに分けた方がお花がいっぱいあるように見えますよね。

でも、うちにはそんなに花瓶ないし・・・という方。花瓶じゃなくても大丈夫です♪

ジャムや栄養ドリンクなどの空き瓶から、普段食卓で使っている食器まで、色んな物を花瓶代わりに使っちゃいましょう。

例えば、右側は100円ショップのミニピッチャー、左はプリンが入っていた容器を使っています。

こちらはお友達の作品。シンプルな空き瓶はそのままでもいいですが、ラベルを貼ってあげるとさらにかわいくなります。

水が心配な方は、デコパージュ液でカバーしてあげると安心です♪

小分けにしたお花は、色んな所に飾るのも素敵ですが、このように同じスペースにぎゅっとまとめて置くとお花屋さんのような楽しい雰囲気に。

花瓶の大きさや形がバラバラでも、飾るお花の色味を3種類くらいに押さえるとまとまりが出ます。

お花を引き立たせるアイテムをプラスしよう

お気に入りの雑貨と一緒に飾る

お花は、いくつかフラワーベースを並べるだけでももちろんかわいいけれど、雑貨と組み合わせて飾ることで、よりその魅力を引き出すことができます。

こちらは、紫陽花の季節の写真です。

木箱や古道具などを使って高低差を出しています。

おうちにちょうどいい雑貨がないという場合には、100円ショップのアイテムをリメイクしてみるのはいかがでしょう?

こちらはダイソーのウッド木枠という商品です。お好みで ステインやワックスを塗ってください。

私はワトコオイルのエボニーを塗りました。

高低差をつけるアイテムとしてももちろん使えますが、枠の中にお花を置くだけで、木の枠がお花を引き立たせてくれます。

こんなアレンジも可能です!

上の中央部分に麻ひもを通す穴を開けます。

写真のように麻ひもを結んでいきます。

お花を飾れば、存在感のあるハンギングフラワーベースの出来上がり!

2、3輪お花を入れるだけでも、こんなに華やかな雰囲気になりますよ。

トレー

また、前回の記事で紹介したダイソーのガラスタイルで作った万能トレーも大活躍!

このように小さな花瓶は直接テーブルに置くより、トレーや敷物などに置くとより存在感がでます。

小瓶

こちらは、100均で購入したガラスの小瓶をワイヤーで繋げて作ったハンギングフラワーベース。

こちらも中に入れているのはあまり目立たない小さなお花ですが、3つ並んでいることで存在感が生まれますね。

まとめ

いかがでしたか?

生花のある暮らしは、心に潤いを、インテリアにアクセントを与えてくれます。

ぜひ皆さんもお花のある暮らしを気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか?

オリジナルサイトで読む