「この人本当はサバサバしていないんだな…」と悟った瞬間

サッパリしていてユーモアがある女性は、一緒にいて楽しい気持ちになれますよね。しかしその一方で、「自称サバサバ女子」も数多く存在します。
本人は自分をサバサバ女子だと思い込んでいる(もしくは演じている)からこそ、周囲は余計に扱いづらいものです。そこで今回は「『この人本当はサバサバしていないんだな……』と悟った瞬間」について女性陣にリサーチしてみました。

サバサバしていると思っていたけど…?

1. 彼氏がやたら登場する

「フリーのときは本当にクールで優しいサバサバ女子だと思っていたんだけれど、彼氏ができた途端、SNSに頻繁に彼氏を載せるようになった。『本当はこうやって彼氏を自慢したかったんだな~』と見る目が変わりました」(30代/一般事務)

▽ ほかにも「女子会の最中にやたら彼氏とLINEをしている」など、男性が絡むと急にキャラが変わってしまう人もいます。
いままでサバサバしていたからこそ、余計にビックリしてしまうのでしょう。恋をして舞い上がっているのでしょうが、少し周囲を冷静に見てほしいものですね。

2. SNSが嫌味っぽい

「直接会ったときやLINEは普通なんだけれど、Twitterでは『あの芸能人かわいくなくなったよね(笑)』『後輩マジ使えないわ~』など、若干嫌味っぽい子がいる。本人的にはサバサバ毒舌キャラのつもりなんだろうけれど、見ている側としては怖く感じてしまいます」(20代/接客)

▽ 1対1で話すときと、みんなが見ているSNSのキャラが大幅に違う人もいます。本当のその子を知っているからこそ、「普段喋っている時のほうが何倍も良いのに……」と思ってしまいます。
SNSではつい上から目線な態度を取ってしまう人がいたら、ちょっともったいないかもしれませんね。

3. 人を好き嫌いでわける

「職場に『私サバサバしているから、来るもの拒まず去る者追わずなんだ~』と言っている先輩がいるけれど、実際は嫌いな子を無視して、わざと人を寄せ付けないようにしています。そりゃみんな気を使って去っていきますよね……」(20代/営業事務)

▽ 自分が人を好き嫌いでわけているのに、これじゃまるで相手のほうが避けたみたいですよね。被害者ぶるその態度を見ていると、「自称サバサバアピールも大概にして!」と思ってしまいます。
こういうタイプの人は、自分を正当化して相手が傷つくことも平気で言ってしまいがち。なるべくなら関わらないほうが良いでしょう。

4.「ごめんなさい」が言えない

「普段サバサバぶっている友達は、遅刻をしても適当に言い訳をして絶対に謝らない。多分サバサバを履き違えているんだと思う」(30代/広報事務)

▽ 「サバサバ」を言い訳にして、相手の気持ちを読み取ろうとしない人もいます。これは人としてNGな行為ですよね。そもそも本当にサバサバしている人って、相手を不快にさせることは絶対にしないはず。
サバサバ女子を目指すのも良いですが、その行動が本当に正しいのか随時考えるべきでしょう。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理